Joyride

For the people who want to go somewhere, not here!

Page 2 of 56

2枚のマスクの使い途

連日COVID-19関連のニュースばかりで、みんなそろそろ疲弊してきたところだと想像します。一部の都府県にのみ適用されていた非常事態宣言はその範囲が全国に広がり「自粛を強く要請する」という変な日本語の要請の下、不要不急の外出を制限されている国民も多数にのぼっています。


そんな中、「アベノマスク」などと揶揄される、件の布マスクの配布が昨日から始まりました。まさか本当に実行に移すとは想像もしていなかったし、こんな状況で火に油を注ぐようなもんじゃないか、、という感想を個人的には持ちましたが、まああくまでやるってんだから仕方ない。受取拒否などすれば郵便局員さんたちが二重に疲弊するだけなので、大人しく受け取ろうと思っています。


ちなみにこのマスク配布に関しては、我が家では二人の子供たち(18歳と16歳)に激しく不評です。特に下の娘の怒りは凄まじく「ねえおとう、総理大臣っていつ変わるの??」などと真顔で聞いてくる始末。多少論理的に思考出来る人間であればこの施策の効率の甚だしい悪さに気付くはずなので当たり前っちゃあ当たり前なんですが。


そんなわけで、間もなく到着するであろう2枚のマスクの使い途については、一家の主として密かに頭を悩ませていたんです。
なんせ我が家は4人家族。4人家族って事は、家族が4人いるんです、文字通り。間もなく我が家に送られてくるであろうマスクは2枚、有効に使おうにも、数、足りないですよね。うん、足りないよな。何度も数えたけど。







まさにこういう状況な訳です。これは困った。



と、頭を悩ませていた時に目にした一通のTweet。札幌のハードコアバンド、SLANGのヴォーカル、KOさん情報ありがとうございます。






まずはこのTweetでシェアされている記事を読んで下さい。

簡単にまとめると「全戸配布される布マスクが不要な方は、それをホームレス支援団体に送ろう」という事です。

そう、路上生活者のみならず、事情により住所を失くした方にはこのマスクは届かないんですね。ただでさえ生活が困窮している方々だから、入手が困難なマスクを無事に手に入れられるとは思えない。ですが、マスクをしていないという理由で、炊き出しの列にも並べないといった状況も十分に想像できる訳です。



そう、疫学的には感染予防にはあまり役に立たないと言われている布製マスクですが、それを必要としている人たちが同じ国の中に暮らしているんです。
家庭内不和さえ誘発しかねない2枚のマスクに有効な使い途を与えるのみならず、本当に困っている人の助けにもなる、、こんな有意義な再利用の方法あるでしょうか?
送付には普通郵便を使えばいいので、費用は100円前後だと思います(恐らく)。ドネーションほど大袈裟じゃなく、スマートに出来る人助け。素晴らしい取り組みだと思います。



北九州に本拠を置くNPO法人、ホームレス支援全国ネットワークが取りまとめているようです。送付先を以下に書いておきますね。



・宛名

ホームレス支援全国ネットワーク

・住所

〒805-0015 北九州市八幡東区荒生田2-1-32

問い合わせは事務局まで

電話  093-651-7557
メール postmaster@homeless-net.org






件のマスクには、受け取らないという選択肢もあるようです。この厚労省のQ&Aは僕も読みましたがそこには書かれていなかったので、恐らくTweet主が電話して確認したものと思われます。

ですが、受領拒否されたり送り返されたマスクの行く末を想像すると、軽くめまいがしますし(きっと廃棄される)、返送に係る費用は税金で賄われると思うので僕にはあまり賢明な方法とは思えません(これまでにかかった466億円の費用がさらに膨らむ可能性がある)。
やはりここは必要としている方に送るべきでしょう。



ちなみに。これは余計な情報かも知れないけど。
このNPO法人「ホームレス支援全国ネットワーク」の理事長奥田知志さんとは、数年前に安保法制に反対する運動の中で活躍しその後解散した、自由と民主主義のための学生緊急行動(SEALDs)を束ねていた奥田愛基君のご尊父なのですね。
長年に渡り北九州でホームレス支援をやられていた牧師さんで、信頼出来る方です。そのあたりもお含みおき下さればと思います。






ソーシャル・ディスタンス

厄介なウィルスの影響で、全世界的に人々は生活様式の見直しを迫られているが、僕が住んでいる岩手県ではまだ罹患者が見つかっていない(4/12現在)。これは都道府県でいうと岩手県だけで、昨日鳥取県で発症者が出たので、今日現在では日本唯一の県という事になる。

それが何故なのかは分からないけど、そもそも人口密度も高くない土地柄だし、列車やバス等公共の交通機関を使って通勤通学する人も少ない生活様式は影響しているのかも知れないね。

まあそんな訳で、実際のところ生活に緊張感は全くない。スーパーには普通に人がいるし、出来るだけ3密を避けようとは思っているけど用事があればショッピングモールにも行く(用事なきゃ行かないけど)。



でもそれはそれ、やはり状況が状況だけに出来るだけ3密は避けるのが吉。かと言って雰囲気悪い家の中に居続けるのも精神衛生上極めて良くない。
なので、昨日は最近ハマっている焚き火に適した河原を求めてPパイセンでウロウロ。

単車乗ってる分には(今のところ)罹患の危険はないでしょう。ましてや河原は人と人との距離が広いし、気持ちの良い風も吹いている。これで罹患するならどこにいたってダメだろうと(今のところ)。
緊急事態宣言が発令された都府県ではこんな感じの外出も出来ないのだろうけどね、そこにはほんの少し申し訳ない思いも感じつつだけど。




散々ウロウロした結果、いつもの河原が一番居心地がいいという結論に達し、本日はソロ焚き火。薪は現地調達で、飯盒でインスタントラーメンを茹でる、というタスクを課した。

これが意外と難しく。流木は周りにたくさん落ちてるんだけど、完全に乾いてないのだろうね、燃えにくくて難儀。インスタントラーメンを作るのに1時間もかかってしまった。
画像のような太さの薪は全然ダメで、枝くらいの太さの奴を大量に準備して次から次に焚べるスタイルがいいみたい。それに気付いてからは焚き火台の炎は安定してた。経験経験、進歩進歩。

インスタントラーメンとおにぎりを食べ終わった後は、無限に落ちている流木や木の枝を使っての焚き火を鑑賞しながらチルアウト。これがたまらん。癒される事この上なし。
河原で焚き火を始めた頃は時たま現れる他の人の視線が気になったりしたんだけど、今日はそういうのは全く気にならなかった。超越した、というか、こういうのもひとつのソーシャル・ディスタンスだよな、って思いながらひたすら炎を眺める。
なんかここ最近になって頻繁に使われるようになった単語だけど、ソーシャル・ディスタンス、これとうまく付き合えるようになってから毎日が多少楽になった気がするんだよねえ。





本日の目玉のひとつは、コットン製の焚き火ポンチョ@ワークマン。
焚き火って強烈に煙が出るから衣類に匂いが付くんだよね、で、プルオーバーのコイツを被って対策しようって一品です。
跳ねた火花で焦げても惜しくない値段がナイス。でも実用的にはプルオーバーじゃなくフロントジップの方が使いやすかったかな、という感想。まあ今の季節は頻繁には脱ぎ着しないからこれだけで対応出来るけどね。
ワークマン、アウトドア用の衣料品を大量に安価でリリースしてて目が離せないっす。




それとやはりワークマン製の、しっかりした作りのスタッフバッグ998円税込。これはいい買い物。




こんな風に道具や食材をザクッと入れてキャリアに縛り付けられる。これめっっちゃ便利。飯盒とか箸とか水筒とか以外バッグに入れっぱなしで保管出来るのも超楽。必要なものだけ詰め替えてさっと次の焚き火に出かけられる。




岩手は今のところこんな感じで過ごせています。明日の事は分からないけどねー。






うおおおグレッグ・オールマンの名演。この懐の深さはなんなんだ…
ひとえに、音楽に対する愛情と敬意の深さなんじゃないかと思うんだよね。それ以外で表せないよ。オールマンBros.と、あとサブライムのブラット。彼らの音楽の魅力は、先達への半端のない愛情と敬意ゆえなんじゃないかなって僕は思ってる。

軽くディスるけど、クラプトンの音が薄っぺらいのはその辺ないからだよねきっと。彼の演奏する音楽いいと思った事ただの一度もないですわここだけの話。








フリーランスとして生きること

これは先週末かな、To Doリストにも挙げた通り、P200Eにリアキャリアを装着した。
予定ではクッピーニ製の、バックレストが着いたものをSIPから輸入するつもりだったんだけど、それでは(予算的に)いつになるか分からず、それに最近焚き火にも夢中になっていて、そのアシにも早く使いたかったし、丁度ヤフオクでビガーノ製の中古良品が出品されていたので貯まっていたTポイントを使ってポチった。

同型のも(レプリカなのかな?)今でも売られているがそれはメッキで、黒いのはあまり見ないし、少しヤレ気味の車体に似合うんじゃね??と踏んだのだがその辺もご覧の通りバッチリ。むふふ。焚き火に行くぞ。




1日から原則屋内禁煙になったので、スモーカーの僕は切ない事この上ないんだけど、屋外だと吸い放題だからねー。トングで炭をつまんで火を付けて、吸い殻は焚き火台の中にポイ。煙の行き先を気にする事もなく至福なのです。
今週末は天気も良さそうなので、もっとロケーションのいい川原を探しに行くー。




好きなミュージシャンがインスタで、コロナ騒動で暇だからスケボー買った、とか投稿してて、そういや僕もロンスケ手に入れてたんだった、と思い出した(そのくらいスケボーから遠ざかっていた)。

ミュージシャン氏が手に入れたのは奇しくも僕のと同じメーカーので。なんかそういうのってアガるよね、ってんで僕もまた乗ることにした。単純。




僕のはLoadedのPOKEってモデル。オーリーとかもう絶対出来る自信無いけど、プッシュでガーガー滑ったりちょっとした坂下ったりとかなら出来る!と踏んで2年前に手に入れたはいいんだが、忘れちゃったけど多分その辺になんかすごく嫌な事があったんだと思う、テンション下がってほとんど乗らずに物置に入れっぱなしになっていたのだ。

いい機会なのでね、乗りますよ今度こそ。なんだ忙しいじゃん僕。




反面、時勢的に夜活は自粛の方向。これは飲み友達数名と話し合って、ほぼ異議なく合意に至った。あの”厄介なウィルス”に感染する条件が、残念ながら夜の街には揃い過ぎている。本当に残念ながら。

生命の危険ももちろんあるけど、僕は”フリーランス”なので、感染しちゃったら収入源が全く断たれるんだよな、有給休暇とか無いもんで。そこは自衛しないとね。

大好きな酒場には、必ず戻るから、と気持ちを送るしか今は出来ないけど。同じ”フリーランス”として窮状やそこに置かれた辛さは我が身の事のように分かるんだけど。










”厄介なウィルス”をめぐる状況は日々変わっていて。それも悪い方に。
今日乗せたドクターに「帰りに電気屋さんに寄って貰えます?」と頼まれた。何でも医局に普通の脇の下に挟む体温計しかないらしく、最新式の無接触タイプのものが欲しいんだとか。せっかくだから僕も買おうかな、と思いふたりで売り場に行ったら、無接触タイプのみならず全ての体温計が売り切れていた。マジか。

帰宅後、そういや娘が体温計の電池が切れたとか言ってたな、と思い出し、晩の買い物のついでに買ってくるか、と電池の品番をメモしてスーパーへ。電池売り場に行って該当する品番を探すも品切れ。ん?まあ隣にドラッグストアあるからそこで買お、と移動するもやはり品切れ。しかも今度はLR41型電池の次回入荷は未定です、との張り紙が。マジか×2。

まーそりゃみんな熱測るわな、みんなで測れば電池減るわな。仕方ない。嫌な予感しつつパソコンを立ち上げネットショップで探すが軒並み品薄。熱測れないとか今の時勢あり得ないから仕方なく定価の3倍以上の値段で売られているものを購入するも、到着するのに10日かかるみたい。ふむ。10日で手元に来ればラッキーだなこれ。




こうやって人々は分断されていき、神経はすり減る。病気が壊すものは身体だけではないのだ。




この状況下、苦境に立たされているのは、まず一番はウィルスに罹患した方とその家族だと思うけど、次くらいに崖っぷちに立たされているのが特定の業種の”フリーランス”の人たちだ。
僕の場合、幸いな事に今のところ収入に変化はなく、家計に影響は全くないんだけど、業種によってはか、な、り、辛いであろうことは想像に難くない。

ぱっと思いつく限りでも、飲食、ミュージシャン、ライブハウス、演劇、画廊、レコード屋、洋服屋、そしてもちろん人の流れが止まった街中で稼いでいる僕の同業者etcetc…。人の流れや集まりで凌いでいた業種は軒並み大打撃を受けているはずだ。
これが非常事態宣言がなされた地域ではその業種も増えるし、辛さ加減もさらに熾烈さを増す。

会社に勤めて給料をもらっている人にはなかなか想像出来ないだろうけど、仕事をして稼がなければどうなるか?と言えば、単純に収入がなくなるんですよ、大幅な減収、もしくは全くの無収入になる。場合によっては失職したりするし、大きな額の負債を負ったりもする。
だって誰も給料なんてくれねーんだもん。単純明快、至極当たり前の論理だ。


これね、別にいい子ちゃんぶってる訳じゃないし、今テメーが食えているから慢心している訳では全くないから誤解しないで欲しいんだけど、僕はそれを込みでの”フリーランス”だと思っている。少なくともそういう覚悟を持って僕はフリーランスになった。この時勢で明らかになったこの事態は、フリーランスの一番大きな「負の一面」だ。

後ろ盾が無い。潤沢な資本、運転資金も無い。明日の保証どころか、一分一秒先の保証も何一つ無い。常に崖っぷち。
それが我々フリーランスの一面だ。


でも、そのリスクと引き換えに、大きなものも得てきた、何なら今も得ているはずでしょう?自分の意思決定や工夫がダイレクトに結果に反映される快感、夜郎自大(どんな小さな組織にも必ずいるよね、こういうクソみたいな人種)の放漫さに悩み惑わされる事もない自由さ、何よりも何事にも替え難いやり甲斐、生き甲斐etcetc…。
そうなはずだ。少なくとも僕はそうだ。これは今現在苦境に立たされているフリーランス仲間に是非思い出して欲しい。


そして、これはなかなかそういった事情が分からない勤め人の方に是非伝えたい事。
フリーランスが居なくなった世界を想像出来ますか?飲み屋が全部チェーンの居酒屋になりどの店に入っても出てくるものが一緒、大きな集客が見込めない映画や演劇は一切観られない、大手の配給しか上映しない映画館、商売になる音源しか世に出ない音楽業界、気の利いた小物が置いてある雑貨屋もなくなり、コンビニエンスなモノを売る店舗しかない街。




想像してみて下さい。そんな街が、時代が、いかに無味乾燥したものであるかという事を。そんな、街の多様性、もっと言えば深い部分での時代の文化を担っているのが我々フリーランスなんです、前記したリスクと引き換えにね。大きく言えばだけど。




だから。
今もって議論のあるところではあると思う、フリーランスへの財政支援。これを無下に否定しないで欲しいな、って思う。僕自身は支援は必要ないし受け取るつもりもない。でも、今まであなたが享受してきた(かも知れない)個性や専門性や技術力というのは、そんなリスクを背負ってやってきた我々が培ってきたもの(かも知れない)という事に、どうか少しだけでも思いを馳せて欲しい。
度を越して寡占化した世界って、きっとものすごくつまらないと思うよ僕は。




そんな事ばかり考えている最近です。かと言って特に出来る事もないので、ミサンガを追加で手首に付けました。

これ、疫学的には今の世に全然合ってない(清潔じゃない)し、何なら願いが叶うのってミサンガが切れた時(切れるのにめっちゃ時間かかるんです)だから全然先の話なんだけどね。
まあそれでも見るたびに今の気持ち思い出すんだろうし、こうやって気持ちを吐き出しながら文章を打っているとモヤッとした考えがまとまっていくのも自覚する。過ごしてきた時代の記録( log)にもなるだろう。

何よりも自分の為に書いているblogなので。ふう、こういう場所を持っていて本当によかったな、と思う。

少し酔っ払ってるから雑な文だね、でもいつもより少し真面目に書きました。







« Older posts Newer posts »

© 2020 Joyride

Theme by Anders NorenUp ↑