Joyride

For the people who want to go somewhere, not here!

カテゴリー: Music (page 1 of 8)

ET3のリアブレーキ清掃 / ピーズとPeanuts

今年の冬は異例なほどの暖冬で、まあ盛岡市内は寒いっちゃあ寒いんだけど路面には雪のない日が続いているので、足バイクのET3には良く乗っている。遠出は天候の急変を考えると流石に厳しいけど、用足しのついでに20kmくらいその辺走り回ったりとかは普通に出来ていて。寒いから逆に身も心も引き締まるというか、それがいい気分転換になっていて本当にありがたい。

せっかく時間も出来たから3年ぶりくらいでスノーボードにでも行こうかな、とも思うんだけど、天候もこの通りだから多分雪質はそんなに良くなくて、へたっぴだからバンバン転ぶんだろうなーと思うとなかなか腰も重くてゲレンデには行けてない。
息子が受験生だってのも少しあるけどね、げん担ぎ的に。いや子供らも自分の父親がダメおとうだって分かってると思うけど、流石にスノボで滑って転びまくるのってどうなの?みたいな。ましてや今日明日はセンター試験だし。






そうは言っても暇なのでET3の整備をする事に。今日はリアブレーキの状態確認。
これ本当は正月休みにタイヤ交換した時に一緒にやりたかったんだけど、リアの24mmのアクスルナットがどうしても緩まなくて出来なかったんだよね。取りあえずCRCを吹いて時間を置いたんだけど、今日も難儀した。
インパクトでもダメで、ブレーカーバーに鉄パイプを刺して延長して、タイヤが接地した状態で右足でブレーキペダルを踏みながら左足でそれを踏み下ろして何とか緩んだ。ほっ。




緊張のご対面。想像通りかなり汚い。
このET3を入手したのは15年前くらいかなぁ、その時にまだ営業していた仙台のベスパ 専門店で一通り整備してもらって乗り始めたんだけど、それ以降の走行距離は約9000kmで、その後ここは初めて開ける。ちなみに総走行距離は19000km(多分実走行)。
その専門店がどこまでやったのか分からないけど、んー、どうもライニングはその時に交換されてるっぽいね、若干オイリーなのはアクスルシャフトのオイルシールから滲んできてるんだと思うけど、そこはやったのかな??オイルシールやバックプレート部のガスケットは交換前提で手許にあるんだけど、暖かくなったらクラッチ交換する予定なんでその時でいいかな。




清掃したライニング。交換部品は手許にあるんだけど、まだ使える。実走行ではタッチも効きも悪くないし、鳴きも全くない。んーどうすっかな、と少し悩んだ結果再使用する事に。寒い時期にパーツの相性の悪さで不具合が出るのを避けたところもある。泣き対策で時間と体力使うのとか嫌だもんなー。
現状が調子いいからね、アタリもしっかり出ているし。これがライニングがべったりオイル漬けだったりしたら絶対交換したけど、パーツクリーナーで脱脂すれば大丈夫なレベルだったので。
ちなみに付いていたライニング、面取りは一切されていない状態だった。個人的にはベスパのリアブレーキの場合、鳴かなきゃこれでOK、タッチ云々はあまり関係ねーだろ、です。溝切りも僕はしない派。
フロントブレーキの場合はリーディング側のライニングは特に丁寧に面取りしたい所だけど(カックンブレーキ対策で)。




ブレーキドラム 。ほんの少しだけオイリー。ここもほぼ想像通り。
19000km分稼いだ摺動面は荒れ気味で、本来であればドラム交換や研磨も視野に入れたいところなんだが、その辺はライニング交換と一緒にやりたいよね。
なので今回は清掃のみでいく事に。




バックプレートを綺麗に清掃し…




摺動部に専用グリスを塗布。ET3の場合、前側のピボットとカムの当たり面の2箇所。自動車のドラムブレーキのようにはライニングはバックプレートには接触しない構造でした。




で、組み付け。タバコ吸いながらゆっくりやって2時間の作業。気温2度くらいでの露天整備はこのくらいの時間が限界。さみー。
特にパーツクリーナーを多用したので、右の人差し指の感覚がまだ戻っていない。軽く凍傷になっちゃったかな?パーツクリーナー、体温が気化熱で奪われるから冷えるのよね、、




軽く試乗したけど、脂分を綺麗に清掃したからか効きは上々、鳴きもない。フロントのブレーキに軽くジャダが出てるので、そっちの対策やる時にまとめてやっちゃおう。ブレーキドラムの研磨業者探さないとなー。





僕はいつも無理してる
僕はいつも無理してる
君のことは好きなのさ
君は僕を好きかい

僕はいつも無茶してる
酒を飲んで逃げてる
君は僕をたまに見ている
君は僕を好きかい

潮時になれば
みんな帰るよ
僕は君と最後まで酔っ払ってるよ
夢の様な夢だ
君は僕を好きかい

僕はいつも無理してる
僕はいつも無茶してる
変わり果てたケムリ男
君は僕を好きかい

Theピーズ 君は僕を好きかい 作詞作曲 大木温之

ピーズファン達に深く愛されているロッカバラード。僕も大好きな曲。この凛々しさや気高さの欠片もない歌詞、、ハルだよなあ。
この頃のこの曲のライブ、映像付きのめっちゃいい奴があったんだけど消されちゃったんだよなあ、アビさんが珍しくカジノ弾いてる時の。この音源もギターソロ最高だけどな、アビさんのギターも大好き。




昔から、ハルの書く歌詞の世界観って何かに似てるよなあってずっと思ってて、で、最近、あ、Peanutsに似てるんだ、って気付いた。
Peanutsとはチャールズ・M・シュルツが描いたマンガで、スヌーピー、って言えば知らない人いないよね。そう、あのスヌーピーやチャーリー・ブラウンが出てくるマンガの事です。

Peanutsの作者シュルツは実にシャイな方だったのだそうだ。当時はそういうつもりで描いたのではないのだろうけど、ストレス社会と呼ばれて久しい現代で、シュルツがPeanutsの登場人物達に言わせたセリフが悩みがちな心優しい人たちに響く、という評価のされ方をした事があって、心が弱った時に読むPeanuts、的に、いいセリフが登場する回を集めて編集された単行本が出版されてもいた。僕も数冊持っていた記憶がある。
貼り付けたTwitterのbotもフォロワーは48万人だからねー。その全員が単なるスヌーピー好きって訳じゃないよねきっと。

そう、そんなPeanutsにそっくりじゃない?ハルが書く歌詞。
大昔にも書いたけど(今読み返すと結構いい文章)、ピーズのライブのオーディエンス、優しそうな人ばっかりなんだよなー。





野ばら

クルマを運転している時に唐突に視界に入ってくる岩手山が好きだ。市内には何ヶ所かナイスなビューを堪能出来る場所があるのだけど、たいがい橋の上だったりするのでわざわざ停まってまで写真を撮ろうとは思わないのだけど、偶然信号待ちでビルの谷間からのぞく御姿が見られたのでパチリ。
ご覧の通り山頂付近は白い。雪はまだ本格的には降っていないけど、まばらな白さが真っ白になるのももう少しだなあ。




雪が降ってバイクに乗れなくなるのが今年は本気で嫌なので、休みの日は寸暇を惜しんで走り回っている。
といってももう気温は一桁台がデフォルトだから、僕の貧弱な装備では走る時間は3時間が限界。しかも峠越えは無理なので、行き先も限られる。しかしまあ今は乗れてりゃ幸せなので行き先なんてどこでも良くて、あ、あそこのラーメン食いてえなあと思い付けばいそいそと出掛けていく。

身体は随分寒さに慣れてきたけど、指先の冷えだけはどうにもならず。今年は間に合わないけど、これは冬用のグローブを買うしかないね。下半身もチャップスとか履けばいいんだろうけど、芸風の問題もあり悩み中。形の良い革パンかなぁ〜、でも履いてみないとわかんないからな〜、一応「そのまま飲みに行ける格好で乗る」というのがコンセプトだったんだけど、今はそもそも普段ライダースを着なくなったのでその辺も結構ブレてきていて。
10年前はライダースとエンジニアブーツが普段着だったんだけどね。




今日は花巻の名店「髙権」に久しぶりに行ってきた。




看板メニューの髙権めんに、酢とラー油を投入すると旨い、という情報をwebで得て、もう居ても立ってもいられず猫まっしぐら。酢は控えめに、ラー油はちょっと多めに入れたらまあなんと旨い事。あん掛けなのでスープも冷め辛く、身体もすっかり暖まりました。

ふとほぼ満席の周りを見渡すと、これと「中華そば」を食べている人が半々。そっちも旨いのかな??チャーハンもいけるという情報もあるので、次に行ったら中華そば&チャーハンを食べてみよう。




寒くなってバイクの調子もバッチリ。セッティングも今の季節に合っていて、交差点の左折でラフにアクセルを開けるとリアタイヤがニュルッと滑る。うはは、これは面白い。
まあキャブ(ヨシムラMJN-TMR)の出来がいいんだろうけど、マフラーも相当だと踏んでいる。ホワイトブロス製のロングメガホン(どうやら平行物?のUS仕様フルパワー)。
ほぼ同仕様でマフラーだけ違う、というSR500を運転した事があるんだけど(マフラーは定番S社製ステンメガホン)、悪いがLoser号の方がパワーもトルクも一回り上だった。この差は間違いなくマフラーの差で、ルックスもサウンド(量、質共に)も100%僕の理想通りで、今はこのマフラー以外は考えられないくらい気に入っている。
錆が出ていて、中古で購入した時には耐熱塗料で塗られていたエキパイはオフシーズンのうちにリクロームに出す予定。


で、まだ届いていないんだけど、実はヤフオクでこのマフラーのデッドストックを見つけてしまいポチっちゃったんだよね(やっちまった、、)。クロームとブラックの両方出品されていたんだけど、クロームはラスイチだったんで見逃す訳にはいかなかった。
まあ普通にスペアとしてストックしておくつもりなんだけど、結構真面目に2台目のSR計画も夢想していて、それに組んでもいいかなって。
ハーフカウルにセパハンのカフェに乗りたいんだよねえ、リタタンク載っけてさ。イチから作るフルカスタム。
僕、自家用車要らないし、実現不可能な夢じゃないと思ってるんだけどなあ。そのために仕事も一生懸命やっている。今までこんなに真剣に向き合った事ないってくらいに。

あ、マフラーはブラックはまだ数本残ってます、ヤフオクで「ホワイトブロス SR」で検索するとすぐヒットします。興味ある方は是非。いいマフラーですよ。






天気予報の確率が高まれば
君の機嫌がある程度わかるのだ
と そういうわけには いかないかなあ
いい調子でやってるかなあ
机に野ばら 飾って暮らす
たまにサンダーが小雨を降らす

奥田民生「野ばら」 作詞作曲 奥田民生

1997年リリースのミニアルバム「Fail Box」に収録されている佳曲。当時民生氏がリリースした作品はひとつの漏れなく買っていた(はず)だから、シングルカットされた記憶はないんだけど、こうやってPV的なものが残っているという事はこのミニアルバムの中でも扱いは特別だったのかなとも思う。

大好きな曲で、当時はギターで良く弾き語りをしていた。基本のコード進行はE/Bm/Aの循環なんだけど、短いサビにAmが挟まる所が気持ち良くて右手のストロークにも気持ちがこもるってなモンでした。




この、失敗箱、と名付けられたミニアルバムは、前出の「野ばら」を含めて内省的な歌詞が多い小曲集だ。や、民生氏は内省的というか基本シャイな人だと思うんだけど、それゆえに作品にする時はそれを練ったり捻ったりしてそのままストレートには出さない事が多い。そういう所が少しもどかしい僕はこのアルバムの練らなさ加減が好きなんだと思う。




野ばらもだけど、カヌー、とか、陽、という曲も大好きで、久しぶりに聴いたのに全部ソラで歌えたのには自分でびっくりした。それだけ昔聴き込んだんだね。最近何やってんだろう?新譜全然聴いてないや。




でもようやく最近地に足が付いてきた気がする。というか、机に野ばらを飾る余裕が戻ってきたというか。相変わらずloserとかfailとかerrorとかいうワードに惹かれるけど、きっと僕はこういうのが好きなんだと思う。

やっぱりこんな感じが僕には合ってるのかなー。







山口 洋 the boy 40th tour at おうちカフェMIUMIU

超久しぶりにLiveの記事書きます。

大きな台風が日本列島を襲った日、僕が敬愛してやまないバンドHeatwaveのフロントマン山口洋さんが、奥州市にあるカフェでライブをやるというので観に行ってきた。
降り出した雨の中、ゴト車(営業車のヴェルファイアね)のウィンドウサインを「自家使用」に切り替え南を目指す。

Heatwaveを初めて聴いたのは確かハタチ過ぎの頃だったと思うからかれこれ30年近くか、一時期聴かずに離れていた時期もあったけど、このバンドと洋さんはずうっと僕の中で特別な存在で、数多の他のミュージシャンとは一線を画していた。
偶像崇拝なんてしていないつもりだけど、それでも僕の中で一番のヒーローで、発売されたCDを欠かさず買うのはもはやHeatwave関連のものだけだ。




会場のMIUMIUはこじんまりとしたカフェで、去年初めて洋さんはここでソロLiveをやった。去年も当然観に行ったんだけど、そのLiveの感想は、その時も書いたけど正直あまりいいものじゃなかったんだよね。
その後その時の洋さんの身体のコンディションが万全じゃなかった事を氏のblogで知り(Liveの後程なくして氏は大きく身体を壊した)、だから今回はものすごく楽しみにしていた。迫り来る巨大台風なんて問題じゃない、万が一があってもそれはそれで本望だ、くらいの気持ちで奥州に向けゴト車を走らせた。


ものすごくこじんまりとしたハコだから、去年もそうだったんだけど演者と観客の距離がとても近いんだよね、楽屋もないから、17:30会場の5分前にドアの前でくわえタバコでLINE打ってたら開いたドアから洋さんが出てきた。憧れのヒーローといきなりの至近距離での遭遇である。咄嗟に目礼したけど、うわっと声が出そうになった。ビビるっつーの。ドキドキ。
でも、この距離に近さは都会の大きなライブハウスじゃ味わえないんだろうなー。



演奏は、前回と同じ2部構成。ステージに立った洋さんはスタートに先立ち、この天気だし、Live終わったらオレこのままここで打ち上げるからみんなも飲めばいいよ、とMC。え、マジか。でもオレクルマで来ちゃったしなー、と取りあえずアイスコーヒーを飲みながら、ステージのすぐ脇左側の椅子で演奏を聴く。

パフォーマンスは、本っ当に素晴らしかった。40年続けてきた実績と実力に裏打ちされた、身体ひとつとギター一本で生み出されるグルーブ。凄まじかった。特にギター。火炎放射器みたいに火も拭くし、小川のせせらぎみたいに優しく穏やかにも響く。まさに緩急自在。以前から思っていたけどこれはワールドレベルのプレイだ。そんな演奏を目と鼻の先で観られる事の幸せといったらない。実際に関東から観に来た方もいたけど、好きならばこの会場でしか味わえない空気は体験してみるべきだ。


第1部のステージが終わり、休憩時間。
タバコ吸いたいし外に出よう、と思うんだけど、去年もそうだったけど、楽屋がないから洋さんも外で休むんだよね、今回もそうなんだろうなーと身構えながらドアを開けると案の定というか、思いっきり目の前に洋さんがいた。
あ、お疲れ様です、演奏最高です、と、いちファンとしてふさわしいであろう距離感で言葉をかけると、君、今日何で来たの?と。あー天気もあれなんでクルマなんですよ、とタバコに火をつけながら答えると、飲んじゃいなよ、泊まってけばいーじゃん、この天気だからホテル空いてるよ?と。
その後二言三言雑談をして洋さんは会場の中に消えた。

これねえ、僕にとってはキース・リチャーズに飲みに誘われるのと同じくらいの衝撃ですよ。キースに飲もうよって誘われて断る人いる?いないよね?
少し震える指でタバコを吸い終わり、カウンターに直行してビールを注文する。


更に驚くべき事に、ビールを受け取って席に戻ろうとすると、僕の座っていた席に洋さんが座っていて、周りの他の観客と談笑している。確かにステージに一番近い椅子ではあったんだけど。
!!!。どーするオレ。言っても立ってるのも変だし、すいませーんって席に座って、お先に失礼します、ってビールをぐびっと飲む。


ガキの頃から憧れ続けたミュージシャンがすぐ隣に座っている時の気持ちってどんなだと思う?今でもとても言葉には出来ないし、実際頭の中は真っ白だった。取りあえず握手をお願いして、細い身体に合わない大きくて暖かい手を握り、話の流れに身を任せていたら気付けばシャケの遡上の話してた。
いやお前、いくら何でも本番弱すぎじゃないか?何で、なんっっっで今ここでシャケの話しなくちゃならないんだ?しかも妙に饒舌だぞ。
でも、もっと他に話す事あっただろうに、と今になって考えても、ステージの中休みにする会話としちゃあのくらいで丁度良かったのかも知れないね。




第2部も、新曲とキラーチューンを織り交ぜた構成で存分に楽しめた。アンコールではハンク・ウィリアムスのカヴァーも聴かせてくれた。曲の合間のMCは本当に面白く、腹を抱えて笑った。そんなのも込みでのパフォーマンスとエンターテイメント。

この日演奏された曲の中では、僕は、カポーティの小説にインスパイアされて書いたという「遠い声」が一番良かった。スローな8ビートなんだけどグルーヴィーなギター、日々の暮らしに直接響く歌詞。
死ぬまで忘れられないステージだった、お世辞抜きでね。









さて、続く「打ち上げ」という名の飲み会は、残った10数名の観客とともに行われた。
本当に美味しそうに最初のビールを一口飲んだ洋さんは、想像していた通り結構すぐに酔っ払い、ギターを下ネタに持ち替えて乱射し始めた(割と酒に飲まれるタイプですな)。
ステージ上でのMCもそうだけど、洋さんの話は本当に面白く、みんなでげらげら笑い転げた。下ネタはだいぶ暴走気味だったけど、こんなアホみたいに楽しい飲み会は久しぶりだった。



楽しそうに飲んで大声で喋って酔っぱらっている様子からは、時に内省的な歌詞や文章を書く人には見えない気もしたが、そんな事はないよなあ、とすぐに思い直した。

どこか渇いてる、のかな。その渇きを潤そうと曲を書いて歌い、文章を書き、身体を絞り、酒を飲んで騒ぐ。行動は異なるけど目的は一緒、というか。分からないけどね、でもそう考えれば話に綺麗に一本筋は通る。

そういう話をすれば僕だってそうだから。バイクに乗るのも音楽を聴くのも本を読むのも文章を打つのも、足りないものを補おうとしているんだという自覚はあるから。

だからきっと洋さんの歌は僕(ら)の胸に響くんだ、と結べば、この文章にもキチンとオチが付くよね。








と、ここまで書いたけど、Heatwaveや洋さんの曲聴いた事ない人の方が多いと思うから一曲シェアします。
特にソロライブの時には欠かせない代表曲。今回のライブでは本編のラストを飾った。気に入ったならLiveへゴー!ですよ。

この曲が入ったアルバム「Tokyo City Man」、超名盤なんだけど廃盤なんだよね。各配信サービスでも聴けない。何とかならないんですかね〜





« Older posts

© 2020 Joyride

Theme by Anders NorenUp ↑