Joyride

For the people who want to go somewhere, not here!

Page 2 of 37

北海道紀行

8月の頭に、息子とふたりで北海道に行ってきた。
進学希望の息子は高校2年生で、志望校のひとつである北海道の大学のオープンキャンパスに行きたいんだ、とある晩妻に告げたらしい。

超マイペースでのんびり屋の息子から「何かをしたい」と言い出す事はきわめて稀で、妻とふたりで「これは連れて行かないわけにはいかないな」と、議論の余地なしで北海道行きを決めたのが約ひと月前。それからバタバタと準備をするも、ここ数年旅行らしい旅行をした事がない僕は何かと手際が悪く、毎晩パソコンに向かって色々な事を調べる日が続いた。

目的地は帯広。え?帯広に空港ってあるんだ?とかそのレベルから調査を開始し、半月かけて日程と行程を決めた。時間も無限にある訳じゃないからね、それと予算を天秤にかけて決めたのは、いわて花巻空港から飛行機で新千歳空港に飛び、そこからレンタカーで帯広を目指す、という旅路。

僕自身は30年くらい前バイクで旅した事があるんだけど、息子にとっては初めての北海道、どうせなら多少は北海道らしさも味わって欲しいな、という思いもあり。それなら陸路もある程度走った方がいいでしょ。

 

日にちは進んで出発の日。クラウンに荷物を積み込んでいわて花巻空港を目指す。我が家からは50分弱くらいの距離。田舎の空港は駐車場が無料なんだよね、何日止めても。

花巻からは格安航空会社の便は飛んでいないのでお大尽にJALを使う。例えばこれが家族4人での旅だったら、仙台空港まで戻ってLCCで飛んだ方が安いんだろうけど、ふたり旅だと仙台経由で行く時間と労力に見合うくらいの節約にならなかったんだな。

 

僕、飛行機乗ったの多分10年ぶりくらい。俺、窓際の席がいいとか言っといて離陸から5分でシエスタを始めた息子の頭ごしに撮影。1時間弱であっという間に新千歳に到着。

 

ささっと予約していたレンタカーに乗り込み帯広を目指す。と、走り始めてすぐに対向車線から戦車が走ってきた。げ!でけぇ。千歳に駐屯地があるんだね。でも路上で戦車はびっくり。本州では考えられない。早速北海道の洗礼を受けた感じか。

 

R274をしばし東進、動物好きの息子がヒグマが見たいというので途中トマムのベアマウンテンに寄った。
R274は30年前も走ったはずだけど、舗装が随分痛んでいたなあ。数年前にひどい水害にやられて結構長い事通行止めだったらしいね。

 

がおー。

 

スポイルド・ベアーだとは分かっていても間近で見るとど迫力。
休憩室に森でクマに出会った時の対処法、みたいな文章があって。曰く、走って逃げるのは絶対にダメらしいね、両手を広げて「まあ話せば分かるよ」的な身振りで後ずさりするのが正解なのだとか。
まあいざとなったらなかなかそんな冷静な行動取れないんだろうけどね。

 

その日は帯広市内のビジネスホテルに泊まった。観光のハイシーズンだし、宿を取るのは滅茶苦茶大変だった。ひとり一泊2万円とかの部屋しか空いてなくて、かと言ってそんな部屋に泊まれる訳ないし。必死で探したらちょっと郊外に安いホテルを見つける事が出来て。
疲れてたんで、サッポロクラシック飲んだら即夢の中でした。

 

2日目。ホテルで朝食を食べて、いざオープンキャンパスへ。

 


敷地が広くて緑が多く、綺麗なのが印象的なキャンパスだったなあ。

 

白樺の木立のなかにベンチがあったり。ちょっとした公園よりも居心地がいい。

 

 

午前中は息子とふたりで学内をうろうろ。大学の敷地内にある寄宿舎も見学させてもらった。
僕も学生の頃は学生寮で暮らしていて、共同生活の良さというのは身をもって良く分かっているんだけど、なんかそんな良き昔を思い出すような空間だったなあ。ビール瓶がケースで積んであるし、炊事場に行けばきったねぇ炊飯ジャーが並んでるしさ。
案内してくれた寮生に「寮生活、楽しい?」と聞けば、破顔しながら「滅茶苦茶楽しいっす!」。だよな、雰囲気で分かるよ。

なんかこの学校、いいかも。

 

午後は息子がフィールド(学内にある牛舎など)を見たいというので別々に行動。僕は僕が知りたい事を求めて学内をうろつく。
と、オープンキャンパスとは関係なく敷地内で炭火で燻製を作っていた数人の学生のグループを発見し、早速ナンパする。

 

どう?学校楽しい?
「あーまあ楽しいっすねー」
みんあ県外から来てんの?
「そうっすね」

ってな具合に色々質問してみた。
実習でやるからというのもあるんだろうけど、牛舎での搾乳のアルバイトとかあるんだってね、単発日雇いの農作物の収穫とかも。ほーほほー。めっちゃ楽しそうじゃん。学びの環境もだけど、住環境も良さそうだ。

 

結局15時過ぎまでキャンパスで過ごし、その日の宿泊地の富良野を目指す。

 

僕は以前から北海道にはいい印象を持っていたんだけど、それがいい意味で裏付けられたので、道中、押し付けにならない様に注意して僕の考えを息子に話した。

 

 

お父さんは若い頃、そういう視点を持てなかったんだけど、今は苦手な事を無理してやりながら生きなくてもいいと思ってるんだよね、いやそりゃ時には頑張らなくちゃならない時も我慢しなきゃいけない時もあるし、パラダイスみたいな場所がこの世にあるとも思ってないんだけど、ちょっと工夫して視野を広く持つだけでより良く暮らす環境は自分で選べるとは思ってる。帯広、同じ日本の中だってこんなに雰囲気違うんだぜ?それは感じなかったかい??etcetc…

 

 

息子は、そんなモンなのかねぇみたいな顔をして聞いていたけど。将来、そういえばあの時おとうがあんな事言ってたっけなぁ、なんて思い出してもらえたら嬉しいな。

 

超絶快適でペースの速いR38をひた走り富良野へ。

晩飯にカレー食べてたら(旨いカレーだった)、腕に墨入った女の人に「いいTeeシャツ着てますねー!」と話しかけられた。これも僕が住んでいる土地ではあり得ない事だよー。

 

最終日はちょっと富良野、美瑛辺りをぶらぶらして帰る事に。初めは札幌を見る予定だったんだけど、街を見るよりは北海道らしいトコ見た方がいいのかも、と予定を変更。

 

男ふたりで花畑でソフトクリーム食った。

 

最後まで天気には恵まれたなあ。

 

そして道路はどの道も最高だった。

 

絶対にまたバイクで走るー。さすらいもしないでこのまま死なねぇぞ。

 

 

 

この旅の道中、頭の中でずっと流れていた曲。シルバラード、という語感と北海道の大陸感がマッチしたのかもね。
このBlack Dubセッションはいつ、どの曲を聴いても本当に素晴らしい。何度聴いても飽きることがない。

 

 

 

 

ET-3の点火時期確認その他

P200Eのキャブレター廻りの整備はひと段落させた、つもりだったんだけど、そうは問屋がおろさずに問題は継続中。そこはやはり車齢40年にもなる外車、やはりそう簡単には懐いてくれないみたい。
が、ウガガさんが夏休みに入って欲しいパーツが買えなかった事もあり、Pはちょっと休憩する事にして、ET-3のほうの気になっていた所をいじる事に。

先日ものすごく暑い昼間にちょっと長い距離をET-3で走った時に、エンジンの回り方に雑味がある?感じがして。プラグ見てみるか、と思い外してみると、ご覧の通り焼け過ぎていて白い(ピンボケ失礼)。ふむ。
僕のET-3はシリンダーもマフラーも純正だし、ご存じの通りベスパのエアクリーナーなんてあって無いようなものだから、それが混合気の濃さに影響しているとは考えづらい。しかもちょっと前まではプラグは普通に綺麗にキツネ色に焼けていた。
ええ?もしかして最近Pにばかりかまけていたから拗ねてるの?拗ねちゃまなの??

でも2サイクルエンジンにとってプラグの焼け具合はかなり大事なので、これは早急に様子を見ねば、という訳で猛暑の中作業です。

純正とは違うのは、このNGKのプラグコード。抵抗入りだけど、付けた後は明らかに火花が強く飛んでいるのが体感出来た。
それと、割と最近からベスパにはハイオクを入れるようにしているんだよね、思う所あって。それがプラグの焼けに影響してるのか??

 

まあこの状態で焼け気味なんだったらメインジェット大きくしてもいいよね?何が原因なんだとしてもプラグの現状がこうなんだから。
でもその前に、昔ステーターを修理して組んだ時にフィーリングで合わせていた点火時期を正規の数値に合わせよう、というのが今回の作業。
こういう部分は順を追ってやっていかないと混乱を招くからね~。

以前に用意していたダイヤルメーターをマグネットスタンドにセットして圧縮上死点(TDC)を出し、シリンダーカバーにマーキングする。
その後全周分度器を用いBTDCの位置を測りマーキング。
ET-3のBTDCは19度説と20度説があるという話を聞いた事があって、まあ1度の差なら車両の個体差もあるんだろうし、それこそ実走で調子いい所にすればいいんじゃね?とは思うが、僕は取りあえず20度の位置をマーキング。

上死点を出すのは結構大変だった。ダイヤルメーターも使い慣れてないし、画像の様にソケットをセットして慎重に出す。
これ4ストエンジンのバルタイとか取るの大変なんだろうな~、こういう部分でチュナーの技量が問われるんだろうな~などと実感しながらの作業だった。

 

で、計測を終え、タイミングライトでそれまでの点火時期を見てみると、前回フィーリングで探った点火時期はなんとほぼ規定値だった。ほー。まあ確かに調子は良かったもんな。こりゃ調整の必要はないな、という事で組み戻す。

 

その後、予備にと車載してあった中古プラグ2本をとっかえひっかえしてテスト走行。始動性なんかはプラグによってはっきり違うが、メインジェットの領域の回転数でのプラグ焼けは大きな変化なし。んん~これはやはりM/J大きくしてもいいって事なのか。

 

まあその前にちょっとインマニ周りもきちんと組み直したいんだけど、それは結構な大工事になるのでまた後日にする事にして、前々からやりたかった工作をする事に。

適当な太さのアルミのパイプとスペアのコックレバー、クリップを用意して、それぞれ適当な長さに切断、ドリルで穴も空け…

何を作ったかというと…

分かるかな?タンクを外しやすいようにキャブの真上あたりにコックレバーのジョイントを移した。
ベスパのスモールボディはキャブ外すのに燃料タンクを外さなきゃならないんだけど、これでタンクを外す手間が軽減されるのです。
M/J交換してキャブセッティングするとなると、何度もキャブもタンクも外す事になるんだろうから。

まあ拗ねちゃまとか言っても、僕が一番乗っているのはET-3だからね。通勤もそうだし、晴れてれば休みの日の晩の買い物にもクラウンはまず出さない。ネギが飛び出していようが買ったものをリアキャリアに括りつけてスーパーから帰ってくる。もう完全に生活のアシ。僕が所有している乗り物の中で暮らしに一番密着しているのはこのスクーターだ。
調子がしっかり出たらP200Eにもリアキャリアは付けるつもりだけど、こういう使い方するにはラージはちとデカいのよね。

 

さて、実は明日から息子とふたりで小旅行、それから帰ってきたら2台のベスパの整備の続きをやろう。

 

 

 

 

 

P200Eの整備 その2

 

時間がある時にコツコツと進めていたP200Eの整備。まずはキャブをバラしてみないことには、という事で作業する。

 

と言っても、僕はベスパのラージボディを手にかけるのは初めてで分からない事だらけ。キャブの外し方からそもそも分からない。バラす前に燃料のホースだと思っていたホースがオイルのホースだったり。まあ僕の知識やスキルなんてそのレベルなので、情報収集も並行して行う。

キャブレターは、マニから生えている二本のスタッドにナットで留まっている様。ふむふむ、このナットだな、と目星をつけて緩め、アクセル、チョークのワイヤーを外し、燃料ホースを外せばキャブはフリーになる。

 

が、燃料ホースを外すと、コックをオフにしているにも関わらずガソリンが出てくる。げーマジか、と思いつつ丁度いい太さのドライバーを突っ込み止血。
燃料コックNGかー。でもこれで今回の修理目的、冷間時の始動性の悪さの原因に早くも行き当たった気がする。

試しにキャブを外した状態でキックしてみると、ポートからガソリンが吹き出してくる。やっぱり。オーバーフローしたガソリンがクランクケース内に溜まっているのだ。原因(のひとつ)はオーバーフローに間違いない。

 

 

キャブをバラす。中は思ったより全然綺麗だったけど、キャブクリーナーとエアで各流路を清掃。さて、疑っていたフロートニードルの状態は…

 

やはりダメダメですな。すっかり段付きが出来ている。

 

ここで必要な部品をウガガさんに発注。中1日で到着した部品を組み付ける。
燃料コックを外すにはタンクを外さなければならない。まあこの辺はET-3の整備で培った知識を応用して…

 

コックとボディの間に付いているグロメットを…

 

外す。で、シートを外し、タンクを留めているボルトを外せばタンクは外れる。
こういう事もあろうかと事前に入手していた、コック外しのSSTを使ってコックを外し、新品のコックを組み付ける。

 

コックはEU製の社外品。値段は1000円くらい。ベスパは消耗品の値段が安くて助かる。外した逆の手順で組み付ける。

 

カチカチに硬化していた燃料ホースも交換。中間にフィルターを噛ませる。
ラージはタンクとキャブの高低差が余り無いから、フューエルラインに余分なたるみを作らない様に長さを調整しつつ組み付ける。

 

キャブもデロルト純正のOHキットを使って組み付ける。もちろんフロートニードルも新品に。

 

で、組み上げ完了。欠品していたキャブケースの縁ゴムも新調。

 

オイルラインのエア抜きは、ちょっと作業してみなければ分からないな、と想像していたんだけど、オイルタンクにオイルを満たして定位置にセットすれば特にあれこれやらなくても自然と抜けてきた。燃料タンクにガソリンを入れる前に、プラグを外して20回くらい空キックをして少しでもラインにオイルを入れる。

 

ちなみにオイルは僕はヤマハのオートルーブを愛用している。値段と性能のバランスが取れている印象。
ET-3で高価なオイルも使った事あるけど、確かに微振動が少なくなったり吹けが軽くなったり、性能はいいんだけど如何せん値段が高いので、ボアアップしたりエグい形状の掃気ポートのシリンダー使ってガンガン回すんでなければこれで十分かな、という判断。
広島高潤のオイルとか、確かに良かったんだけどね〜。

 

その後、緊張のキック。10回くらいで無事始動。暖気後ちょっとアイドリングが低かったので調整。エアスクリュー2回転戻し、パイロットは1と1/2回転戻しで様子見。まあ調子はいい。吹けもいいし、アイドリングも安定している。

肝心の冷間時の始動性はというと、色々な状態を作って試してみたんだけど、そもそもどういう状態が正常なのか分からないから検証にちょっと手間取った。チョークを引いてキックするも、あれ?掛からないぞ、という時にチョークを戻したら一発で掛かったり。気温によってチョーク要る要らないもあるんだろうし。

で、ハイオクを満タンにした後、コックOFFで4日放置、気温が30度を越えていた昨日の夕方にテストしてみたら、チョークを引かない状態でキック一発で始動。おーこりゃ治ったろ、うっしゃー。

 

これで大きな部分の修理は終わり。後は細かい部分の手直しですな。燃料系はバッチリなはずだから、ステーター周りやる?ピックアップコイルとエキサイター(チャージコイル)を予防整備で交換してやれば長距離を走るのに不安もなくなるんだけど、まあ後でいいか、冬前に外して配線引き直しと共にまたヴェローチェさんにお願いしてもいいし。
梅雨も明けたし、ちょっと遠出してみようかな。

 

 

 

 

 

« Older posts Newer posts »

© 2018 Joyride

Theme by Anders NorenUp ↑