For the people who want to go somewhere, not here!

月別: 2020年4月 (Page 1 of 2)

2020年4月

本日(4/25)現在、未だ厄介なウィルスの罹患者が出ていない岩手県だけど、GWを前にして遂に23日付けで、期間限定ではあるものの外出自粛要請が出た。小中高校も短期間ではあるけど休校になる。

なので、基本仕事や必要最小限の買い物、通院以外は自宅に籠る事にした。
万が一感染してしまったら仕事は当然出来ないし、仕事出来なけりゃ収入はなくなるし。4月に入ってから外に飲みに出るのも控えてたんだけど、まあこれは最低限の危機管理かな、と思っている。県内で罹患者が出ていないとはいえ、ね。
目先の収入もだけど、後々の信用にも関わってくるしね。


なので今日は小雨降る中ゴト車のオイル交換。カーポートあって良かった。




オイルが抜け切るまでの間、普段は見ることもない、ボンネット裏に貼ってあるサービス情報などを眺める。エンジンオイルは5000kmごとに換えているけど、これ見るとエレメントは15000kmごとでいいかなって気がしてきた。今まではオイル交換2回に一度交換してたけど、3回に一度でいいやね。
イリジウムプラグは20万kmに一度の交換スパンでいいんだな、知らなかった、10万km時に交換しちゃったよ、でも20ヴェルファイアはプラグ交換簡単に出来るので次も10万km走ったら換えよう、買うところで買えばそんなに高いものでもないし。

こういうの、たまには見てみるモンだねー。




整備記録は昔は紙のメモ帳に書いていたもんだけど、今はiPhoneのメモ帳に書いておく。ゴト車の他に3台もバイクを持っていると、いつ何をやったのかって、記憶で管理するの難しいんだよね。




仕事は本当に幸いな事に今のところ通常営業。まあいい感じで働けています。
でもやはり時勢柄、附属病院の院長が、出張先のスタッフに罹患者が出た場合その病院へのドクターの派遣を取りやめるという見解をだしたのだそう。
そうなったら、状況によってはまるっきり仕事がなくなるな。

まあ海外の例を見ても、オーバーシュートが起こった都市でも大体2ヶ月から3ヶ月で収束に向かっている様なので、そうなったら経済産業省が給付している持続化給付金のお世話になれば食いっぱぐれる事はないかな、と判断している。僕の商売は固定費が少ないので計算したところまあ何とかなる。多分だけど。

あ、同じフリーランスの方で収入が減った方、是非申請した方がいいと思いますよ、こういうの自分からアクション起こして申請しないと国や自治体は払ってくれませんから。




ちょっと心配になって、同じ自営業仲間でもあるSRの主治医の様子を見に行ってきたんだけど、予想以上にしっかりしていて安心した。現状認識も正しいし、それについての対策もしっかり取ってある様。流石常に崖っぷちを歩いてきただけの事はあってこの非常時にも安定感あるわ。
まあお互い先の事はわかんないけどね。




いい感じでスキル上げつつあった焚き火も小休止かな。仕方ないね。
これは先週だったかな、遂に料理をしてみた時の画像。




キーマカレーを作ってみた。ご飯も飯盒で炊いて。簡単な料理だけど辛くて旨かったなーマジで。楽しかったしねー。相変わらず写真撮るの下手で申し訳ないんだけど。




そんな訳で早く収束せえよ厄介なウイルス。オレは焚き火がしてえんだ。




これは昨日。出先で会った先輩が誘ってくれて、宮古の浄土ヶ浜付近の山の中を散策した。
狭い車内でダベるのも避けたいし、先輩ナイスアイディア。優しくて気遣いが出来る好きな先輩です彼。




革靴でヒイヒイ言いながら坂を登っていると、斜め上から「フーッ!!」という生き物の声がした。見上げれば野生のカモシカがこちらを睨みながら威嚇している。エゾジカ?ニホンジカ?はよく見るんだけど、野生のカモシカを間近で見るのは初めて。うおーカッケー。

こういう時、田舎はいいね。都会では人のいない屋外にアクセスするのも一苦労だろうけど、ここでは生活圏でカモシカと出会えるくらい自然が身近にある。
僕は盛岡駅からクルマで10分の場所に住んでいるけど、家の周りでも3密を意識する事はほぼない。近所の公園にももともと人なんて居なかったし。

岩手でまだ罹患者が出ていないのは、もしかしたらそういう事情もあるのかな。








時勢柄どうしてもCOVID-19に関係した話題が増えてしまうけど。
前回のエントリで書いたマスクの件。異物が混入していたとかで配布が遅れる由。うーん。
普段から考えている割にはあまり政治的な事は書いてこなかったけど、こういう困難に直面した時に問題点というのは顕になる。伝えておいた方がいいなって思ったから書くね。

前回のエントリでも書いた、マスク2枚満足に全戸配布出来ないくらいに無能な政府(言葉悪いけどこれは事実だ)が、あなたの身を「全ての外敵」から守ってくれるなどという事は考えない方がいい。勘のいい人はもう気付いていると思うけど。最低限の自分の身は自分で守るしかない。
件のマスクなんて、手元に届く頃にはもう事態は収束してんじゃねーの?

政治関係のニュースはよく見る方なのでここ数年かなりの鬱憤がたまっているけど。自分の覚えめでたきイエスマンで周囲を固めて重用し、失言を決して認めず謝罪もせず明らかな失策の撤回もしない。
そのツケを官僚たちに負わせ、公文書を廃棄させ隠蔽し国会で滅茶苦茶な答弁をさせる。
官僚、第一種国家公務員、は、実質的な国の頭脳だ。本来大変に優秀な方々だ。そういう方たちを、本当に本当に、これ以上なく無下に扱っておいて、こういう国難の時期に誰が助け舟を出すだろうか。出すはずがない。
周りのイエスマン共は、機を見るしか能のないただの夜郎自大だろう、あんなつまらない男に媚を売る奴らなど。







でも行政が動かないと解決出来ない問題もあって。
貼り付けたTweetの様な状況、間違いなく起きると思う。そうなればコロナ禍が去ってからも困難な状況が続く。そして、次の災害に対しての備えをしなければならない。
でも、ただただ放っておいてはそういう事やりそうにないんだよな、あの人たち。

どうすればいいか。

一度見せかけだけでいいから支持率20%以下に落としてみたらいい、そうしたら連中、死に物狂いで働くぜ?断言するけど。国民の暮らしや命なんかよりもそれが一番大事なんだから。


無能は無能なりに働かせ方はあるよね。だし、せめて納めた税金分はきちんと働いてもらわないとね。






以前シェアした、映画「GO」で主演した窪塚洋介さんのナイスなポエトリー・リーディング。いい声だなあ。落ち着きますよ、是非観てみて下さい。








2枚のマスクの使い途

連日COVID-19関連のニュースばかりで、みんなそろそろ疲弊してきたところだと想像します。一部の都府県にのみ適用されていた非常事態宣言はその範囲が全国に広がり「自粛を強く要請する」という変な日本語の要請の下、不要不急の外出を制限されている国民も多数にのぼっています。


そんな中、「アベノマスク」などと揶揄される、件の布マスクの配布が昨日から始まりました。まさか本当に実行に移すとは想像もしていなかったし、こんな状況で火に油を注ぐようなもんじゃないか、、という感想を個人的には持ちましたが、まああくまでやるってんだから仕方ない。受取拒否などすれば郵便局員さんたちが二重に疲弊するだけなので、大人しく受け取ろうと思っています。


ちなみにこのマスク配布に関しては、我が家では二人の子供たち(18歳と16歳)に激しく不評です。特に下の娘の怒りは凄まじく「ねえおとう、総理大臣っていつ変わるの??」などと真顔で聞いてくる始末。多少論理的に思考出来る人間であればこの施策の効率の甚だしい悪さに気付くはずなので当たり前っちゃあ当たり前なんですが。


そんなわけで、間もなく到着するであろう2枚のマスクの使い途については、一家の主として密かに頭を悩ませていたんです。
なんせ我が家は4人家族。4人家族って事は、家族が4人いるんです、文字通り。間もなく我が家に送られてくるであろうマスクは2枚、有効に使おうにも、数、足りないですよね。うん、足りないよな。何度も数えたけど。







まさにこういう状況な訳です。これは困った。



と、頭を悩ませていた時に目にした一通のTweet。札幌のハードコアバンド、SLANGのヴォーカル、KOさん情報ありがとうございます。






まずはこのTweetでシェアされている記事を読んで下さい。

簡単にまとめると「全戸配布される布マスクが不要な方は、それをホームレス支援団体に送ろう」という事です。

そう、路上生活者のみならず、事情により住所を失くした方にはこのマスクは届かないんですね。ただでさえ生活が困窮している方々だから、入手が困難なマスクを無事に手に入れられるとは思えない。ですが、マスクをしていないという理由で、炊き出しの列にも並べないといった状況も十分に想像できる訳です。



そう、疫学的には感染予防にはあまり役に立たないと言われている布製マスクですが、それを必要としている人たちが同じ国の中に暮らしているんです。
家庭内不和さえ誘発しかねない2枚のマスクに有効な使い途を与えるのみならず、本当に困っている人の助けにもなる、、こんな有意義な再利用の方法あるでしょうか?
送付には普通郵便を使えばいいので、費用は100円前後だと思います(恐らく)。ドネーションほど大袈裟じゃなく、スマートに出来る人助け。素晴らしい取り組みだと思います。



北九州に本拠を置くNPO法人、ホームレス支援全国ネットワークが取りまとめているようです。送付先を以下に書いておきますね。



・宛名

ホームレス支援全国ネットワーク

・住所

〒805-0015 北九州市八幡東区荒生田2-1-32

問い合わせは事務局まで

電話  093-651-7557
メール postmaster@homeless-net.org






件のマスクには、受け取らないという選択肢もあるようです。この厚労省のQ&Aは僕も読みましたがそこには書かれていなかったので、恐らくTweet主が電話して確認したものと思われます。

ですが、受領拒否されたり送り返されたマスクの行く末を想像すると、軽くめまいがしますし(きっと廃棄される)、返送に係る費用は税金で賄われると思うので僕にはあまり賢明な方法とは思えません(これまでにかかった466億円の費用がさらに膨らむ可能性がある)。
やはりここは必要としている方に送るべきでしょう。



ちなみに。これは余計な情報かも知れないけど。
このNPO法人「ホームレス支援全国ネットワーク」の理事長奥田知志さんとは、数年前に安保法制に反対する運動の中で活躍しその後解散した、自由と民主主義のための学生緊急行動(SEALDs)を束ねていた奥田愛基君のご尊父なのですね。
長年に渡り北九州でホームレス支援をやられていた牧師さんで、信頼出来る方です。そのあたりもお含みおき下さればと思います。






ソーシャル・ディスタンス

厄介なウィルスの影響で、全世界的に人々は生活様式の見直しを迫られているが、僕が住んでいる岩手県ではまだ罹患者が見つかっていない(4/12現在)。これは都道府県でいうと岩手県だけで、昨日鳥取県で発症者が出たので、今日現在では日本唯一の県という事になる。

それが何故なのかは分からないけど、そもそも人口密度も高くない土地柄だし、列車やバス等公共の交通機関を使って通勤通学する人も少ない生活様式は影響しているのかも知れないね。

まあそんな訳で、実際のところ生活に緊張感は全くない。スーパーには普通に人がいるし、出来るだけ3密を避けようとは思っているけど用事があればショッピングモールにも行く(用事なきゃ行かないけど)。



でもそれはそれ、やはり状況が状況だけに出来るだけ3密は避けるのが吉。かと言って雰囲気悪い家の中に居続けるのも精神衛生上極めて良くない。
なので、昨日は最近ハマっている焚き火に適した河原を求めてPパイセンでウロウロ。

単車乗ってる分には(今のところ)罹患の危険はないでしょう。ましてや河原は人と人との距離が広いし、気持ちの良い風も吹いている。これで罹患するならどこにいたってダメだろうと(今のところ)。
緊急事態宣言が発令された都府県ではこんな感じの外出も出来ないのだろうけどね、そこにはほんの少し申し訳ない思いも感じつつだけど。




散々ウロウロした結果、いつもの河原が一番居心地がいいという結論に達し、本日はソロ焚き火。薪は現地調達で、飯盒でインスタントラーメンを茹でる、というタスクを課した。

これが意外と難しく。流木は周りにたくさん落ちてるんだけど、完全に乾いてないのだろうね、燃えにくくて難儀。インスタントラーメンを作るのに1時間もかかってしまった。
画像のような太さの薪は全然ダメで、枝くらいの太さの奴を大量に準備して次から次に焚べるスタイルがいいみたい。それに気付いてからは焚き火台の炎は安定してた。経験経験、進歩進歩。

インスタントラーメンとおにぎりを食べ終わった後は、無限に落ちている流木や木の枝を使っての焚き火を鑑賞しながらチルアウト。これがたまらん。癒される事この上なし。
河原で焚き火を始めた頃は時たま現れる他の人の視線が気になったりしたんだけど、今日はそういうのは全く気にならなかった。超越した、というか、こういうのもひとつのソーシャル・ディスタンスだよな、って思いながらひたすら炎を眺める。
なんかここ最近になって頻繁に使われるようになった単語だけど、ソーシャル・ディスタンス、これとうまく付き合えるようになってから毎日が多少楽になった気がするんだよねえ。





本日の目玉のひとつは、コットン製の焚き火ポンチョ@ワークマン。
焚き火って強烈に煙が出るから衣類に匂いが付くんだよね、で、プルオーバーのコイツを被って対策しようって一品です。
跳ねた火花で焦げても惜しくない値段がナイス。でも実用的にはプルオーバーじゃなくフロントジップの方が使いやすかったかな、という感想。まあ今の季節は頻繁には脱ぎ着しないからこれだけで対応出来るけどね。
ワークマン、アウトドア用の衣料品を大量に安価でリリースしてて目が離せないっす。




それとやはりワークマン製の、しっかりした作りのスタッフバッグ998円税込。これはいい買い物。




こんな風に道具や食材をザクッと入れてキャリアに縛り付けられる。これめっっちゃ便利。飯盒とか箸とか水筒とか以外バッグに入れっぱなしで保管出来るのも超楽。必要なものだけ詰め替えてさっと次の焚き火に出かけられる。




岩手は今のところこんな感じで過ごせています。明日の事は分からないけどねー。






うおおおグレッグ・オールマンの名演。この懐の深さはなんなんだ…
ひとえに、音楽に対する愛情と敬意の深さなんじゃないかと思うんだよね。それ以外で表せないよ。オールマンBros.と、あとサブライムのブラット。彼らの音楽の魅力は、先達への半端のない愛情と敬意ゆえなんじゃないかなって僕は思ってる。

軽くディスるけど、クラプトンの音が薄っぺらいのはその辺ないからだよねきっと。彼の演奏する音楽いいと思った事ただの一度もないですわここだけの話。








« Older posts

© 2020 Joyride

Theme by Anders NorenUp ↑