ラビットの整備その2 / 盛岡ラビッツ増殖中

ちょっと更新サボってたけど、暖かくなってきたんで乗ったりいじったり、2輪は楽しんでいます。SRも、P200Eも、ET3も冬眠から覚めて走り出した。
特にラビット。走っては少しづつ手を掛けて、ダメ出ししながら実用に使えるスクーターを目指している。




今のところ致命的な不具合はないんだけど、細かいところには手を入れなければならない状態。だし、素性は良かったとは言え元々調子の悪かった車両だから走っていくうちに新たな不具合だって出てくるだろう。現在の調子を確かめつつ各部の点検と確認はしたいところだ。




一番気になっていたのは、ガソリンコックからの滲み。時間をかけて検証した結果、コック本体から微量のガソリンが漏れていることが判明したので交換した。
画像のコックが交換した部品。岐阜のワーゲン屋、Kitsエンタープライズさんが、国産新品の燃料コックをベースにラビットにボルトオンで合うように旋盤で加工して販売してくれているのだ。今回はそれを使用した。




タンクの燃料を抜き、古いコックを外し、新しいコックを組み付けるというまあそんなに難しくない作業です。時間にして小一時間だったかな。




僕のラビットには純正じゃない正体不明の燃料コックが付いていて、何用か分からないから修理も出来なかったんだよね。交換しか選択肢がなかった。
かと言って純正品は当然新品は手に入らず、しかも純正品も結構トラブルを抱えている事が多いらしい部品なので、中古を買ってキースターのOHキット(しっかり出ています、流石旧車の味方キースター)で直して使うというのもあまり現実的じゃない。なのでKitsさんのコックキットは僕にとっては福音だったな。




バッチリ修理完了。当然漏れもなし。純正のコックにはフィルターが内蔵されているんだけどこのコックにはそれがないから、外付けのフィルターも装着。一歩前進。




で、仕事が早く終わった日なんかにちょくちょく乗ってるんだけど、ある日走行中にスピードが出なくなった。アクセル全開でも60km/hがやっとになり、それが40km/h、30km/hと落ちていき遂には走らなくなってしまった。
アイドリングはかろうじてするもののギアを入れて走ろうとすると(負荷を掛けると)前に進まない。2kmくらいの道のりを押して家に帰る。




このスクーターが僕の許に来た時と全く同じ症状だったので、マフラーのテールパイプを外してセルを回してみると…




排圧でポロっとグラスウールの破片が出て来た。原因はやっぱりお前か。
破片を取り除けた後は何事も無かったかのように絶好調で、なんと現金な奴なんだと思ったけど、さてどうしたものか。これテールパイプ付けちゃうとまたいつ路上で停まるかわかんないよねー。怖くて遠出なんてとても出来ない。
かと言ってマフラーを焼いてしまうのも躊躇するし、多少音はうるさいけどしばらく無しで走るか、って事にしてテールパイプはトランクに仕舞った。経過観察という名の棚上げですな。




盛岡ラビッツ3号車のヨシ君号も「トップギアに入れて回すと吹けなくなる」という症状でつとむっち宅に入院した。ヨコチンさん乗ってみて下さい(つとむっちはまだ免許の再取得が済んでいないから公道を走れない)と言うので昨日行ってきた。
試乗すると、確かに空吹かしでは吹けるエンジンが3速60km/h辺りでモタついてそこから回転が上がらなくなる。要は負荷が掛かると吹けないって事だね。原因は何か。正直キャブ、マフラー、点火その他全てが疑わしいんだけど、まあ順を追ってトラブルシュートしていくしかないよね。




つとむっちはこの間ようやく原付免許は取ったので、彼のポートカブ(後ろにある火災現場から出てきたみたいなカブね)と2台で昼飯に蕎麦を食いに行く。道中の桜の下でつとむっちが写真を撮ってくれた。




昨日はふたりで色々いじって、昨日の時点では不具合は出なくなって、良かったね!って話になったんだけどそうは問屋が卸さなかったみたいで今日に続く。




今日は朝から盛岡ラビッツの他のメンバーも集まるというのでまたまたつとむっち宅へ。S301が5台に増えてる。新しいメンバーは、盛岡の有名人のひとりMさんと、若いK君。K君はメカにも詳しく研究熱心で頼りになりそう。
ヨシ君も違うバイクで来てて、乗ってみたらやはり症状は直ってなかったという事で皆で頭を悩ませる。やはりマフラーがクサい気がするので今度僕の301のマフラーを付けて走ってみようかなと思ってる。




実はラビット、あと2台いるんだけど、とりあえず集まった頭数だけで記念撮影。みんな超個性的!素敵過ぎる。
お面の色がみんな似てるから、並べたラビットにまたがる時に「あれ、オレのどれだ?」って呟いたら皆に笑われてしまった。




ばんざーい。平和だねえ。
しかしこれだけの短期間に7台もの新規のラビット乗りを集めたつとむっちの行動範囲の広さと情熱、すごいよね。まあ僕もそれにほだされた者のひとりなんだけどさ。
でも縁あって仲良くなって、僕も世界がぐんと広がった。つとむっちには感謝しかないな。
あ、ちなみにもうひとり(8台目という事になる)も入手を決めたらしく。県内で見つけた売り物件で、先週つとむっちと水沢に見に行って来たんだ。更にもうひとり真剣に欲しがっている人がいるらしいんだけど、そんなにポロポロ出てくるスクーターじゃないのでヤフオクその他売り物件には目を光らせている状況。

盛岡ラビッツ、増殖中です。






つとむっち、って名前だけこのblogにしょっちゅう登場するけど、読んでくれている人は人となりが分からないですよね?なので最近彼が取り上げられたインスタの投稿を貼っておきます。これでつとむっちのイカれ具合や発する熱量は結構伝わるんじゃないかな。

ちなみに乗っているのはオフロードバイクじゃなくトライアンフのT140ね。イカれてる(めっちゃ褒めてます)。






Submit comment

Allowed HTML tags: <a href="http://google.com">google</a> <strong>bold</strong> <em>emphasized</em> <code>code</code> <blockquote>
quote
</blockquote>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください