なんだか最近体調がすぐれなくって、まあここしばらくちょっと忙しかったから疲れているんだとは思うんだけど、今朝もあーだりいなーと布団の中でゴロゴロまどろんでいたら妻からLINE。
曰く「車のマフラーが壊れました。起きたら連絡ください。」との事。

クルマの事ほとんど分からない妻がマフラー壊れたって言ってんだから、穴空いて音が多少うるさくなったとかのレベルじゃなくもう折れちゃってんだろうなぁ〜と寝ぼけた頭で判断、速攻で電話する。
いずれクルマを見てみない事には何も出来ないし、パーツを発注するにしても車検証が要る。とにかくそっち行くから、と告げ、パパッと準備してクラウンで妻の職場に向かう。

案の定、リアマフラーがセンターパイプと繋がるフランジの所でポッキリ折れていた。あーこりゃ交換するしかないね、仕事終わるまでに直しておくから、という事でクルマを妻のキューブに乗り換えボーボー音をさせながら日産の部品共販に向かう。

家からクルマで15分くらいのところにある共販で車検証を見せて「リアマフラーとガスケット、ナットふたつお願いします」と告げると、しばらくパソコンをカタカタ操作していた窓口の人から「すいませんリアマフラーの在庫がありません、メーカーにはあるので明日の入荷になります」と告げられる。

マジか、Z11キューブくらいの車種だったら在庫あるモンだとタカくくって何も確認しないで出向いてきたのが悪かったのか、いずれにしても今日直せないじゃん。
次の休みは明後日、それまで妻にこの爆音キューブで通勤してもらうしかないのか。
つか、どうせ時間かかるのならネットで社外純正相当品買ったほうがお得じゃね??と思い付き、ちなみにマフラーのお値段幾らですか?と聞いてみると¥35,000ちょっとするという。

マジか×2、今純正マフラーってそんな高いんだ、とちょっとビビる。夕方の4時までに発注すれば明日届くとの事なので一旦家に戻って色々調べてみる事にする。

 

昔から純正相当社外品のマフラーってかなり安価で買えたのね、ヤフオクとかで。もっと前には普通に部品商で売っていた。いちいち純正品で、って伝えないと普通に社外品を出してくる部品商もあった。昔乗ってた軽トラのマフラーはそんな部品で直した記憶がある。ちなみにキューブ辺りだと定価の半額くらいで売られている。というか純正マフラーなんて買った事なかったからこんなに高価だとは知らなかった。
でも少し前にリサーチした結果、今は昔ほど出回っていない事も知っていた。ホントめっきり見なくなったのね。何故なんだろう?純正相当社外品ってメーカーの部品を造っている工場がメーカーを通さないでインターネットなどで売っている印象があったけど、メーカーからそういうのやめてって通達が来た?まあそうだとしたら理由も分からなくはない。寸法とか構造なんかは当然自動車メーカーの指示で作っていたのだろうから、その部品の著作権的なものはメーカーが持っていて然るべきだ。
ちょっとその辺法的にどうなのかとか僕は詳しく分からないけど、きっと今までがおかしかったんだろな。

そんな状況だから、家のパソコンで調べても我が家のキューブにバッチリ適合する純正相当社外品のマフラーは見つけられなかった。1400cc、4ATのモデルのは出てるんだよね、我が家のは1500のCVT。形状が似ているから多分合いそうな気はするんだけど、部品番号も微妙に違うしそんな冒険する勇気もない。

うむ〜と唸りながらパソコンのモニタを眺める。と、数は多くないけど中古品がヤフオクに出品されている事に気が付いた。その中でもHR15DEエンジン搭載モデル用の出品は更に少ない。
お、これ1500用じゃん、値段も高くない。出品地は?げ、マジ??岩手県じゃん!
なんと奇跡的にヤフオクで隣町のリサイクルパーツ業者が出品している、型式もビンゴの商品と巡り合ってしまった。

早速業者に電話してみると丁寧に対応してくれ、適合まで調べてくれた。在庫もあってキープしてくれると言う。よっしゃ、これで今日中に直せる。早速爆音キューブを駆り隣町に向かった。

これがその中古マフラー。値段は税込5000円。業者が売っている動作保障品としては安いだろ、送料もかかってないし。

今までのマフラーが折れたフランジの部分も状態は悪くない。
と言うか、在庫がない〜の純正部品値段が高い〜の純正相当社外品は見つからない〜の、つか今日中に直せないじゃん!っていう事態から何故こんなむしろめっちゃラッキーな状況になっているのか意味が分からない。僕、徳を積むみたいな事何一つしてないぞ、自慢じゃないが。ロクでなし〜な感じでダメ〜な大人だらだらやってただけなのに。自分のヒキが怖い。
ちょっと前にSRのマフラーを塗り替えた時の耐熱塗料と紙ヤスリが残っていたのでざっと錆を落とし気休めに耐熱塗料を吹いたら、中古のマフラーがなんだか大層立派な部品に見えてきた。

 

さりとて世の中は上手い具合に出来ている。人生いい事ばかりはありゃあしないのである。
経験上作業前から分かっていたけど、錆びて折れるほど酷使されたマフラーの取り付けボルトナットなどは錆でガチガチに固着しているのが通り相場なのだ。当然今回もそのような状態で、浸透潤滑剤をたっぷりとスプレーしてスパナを掛けて回そうとしてもビクともしない。
ふたつのナットのうちひとつはインパクトで何とか外す事が出来たが片方はナットの角が舐めてしまった。さてどうしよう。プロなら酸素で焼き切るんだろうけどそんなものは持っていない。仕方ない、サンダーで頭落とすか。

なんてさらっと書いたけど、狭いクルマの下でサンダーを使うのはかなり、というか滅茶苦茶パンチの効いた作業だ。やった事がある人なら分かると思うけど。
火花が飛んできて熱い!狭いスペースに寝っ転がりながら火花を避けても削りカスが顔に飛んでくる。痛い!そしてそもそも僕は体調が良くないのだ。

 

1時間格闘してようやく取り外したフランジの残骸がこちら。何だか画像を見ているだけで憎たらしい。

 

外すものを外してしまえばマフラーの取り付けは難しい作業じゃない。サクッと組み付けて完成。作業後はマジでふらふら。死にそうだった。

が、エンジンオイルが交換時期を過ぎているのを見つけてしまい仕方なくそれもやっつける。あれ、エレメントもしばらく換えてねぇよなあ、そっちもか。
横着こいてアンダーカバー外さないでエレメント外そうとしたら手が滑り、顔面にオイルが垂れてきた。何のプレイだよ。切ない。勘弁してくれよもう。
つか、疲れた時は無理しない方がいいね、何事も。

 

ちなみに最近キューブに使うオイルはペール缶で買っている。ノーブランドなれど100%化学合成油の5w20で送料込7600円。安い。
キューブは密かに年間15000km以上走るからね、年に3回はオイル交換するんだよ(交換スパンは5000km毎)。交換の度に買いに行かなくてもいいし、普段使いの国産車ならこれで十分だろ。

 

 

作業後の充実感はまあそれなりにあったし安く上がったしねー、飲んでるいいちこで作ったレモンサワーも旨いっちゃあ旨いんだけど、元々予定外のイレギュラーな作業だったし疲れた。明日の事を考えて今日は早く寝よう。

 

 

 

 

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村