Joyride

For the people who want to go somewhere, not here!

Category: Vespa (page 1 of 6)

P200Eの整備 その2

 

時間がある時にコツコツと進めていたP200Eの整備。まずはキャブをバラしてみないことには、という事で作業する。

 

と言っても、僕はベスパのラージボディを手にかけるのは初めてで分からない事だらけ。キャブの外し方からそもそも分からない。バラす前に燃料のホースだと思っていたホースがオイルのホースだったり。まあ僕の知識やスキルなんてそのレベルなので、情報収集も並行して行う。

キャブレターは、マニから生えている二本のスタッドにナットで留まっている様。ふむふむ、このナットだな、と目星をつけて緩め、アクセル、チョークのワイヤーを外し、燃料ホースを外せばキャブはフリーになる。

 

が、燃料ホースを外すと、コックをオフにしているにも関わらずガソリンが出てくる。げーマジか、と思いつつ丁度いい太さのドライバーを突っ込み止血。
燃料コックNGかー。でもこれで今回の修理目的、冷間時の始動性の悪さの原因に早くも行き当たった気がする。

試しにキャブを外した状態でキックしてみると、ポートからガソリンが吹き出してくる。やっぱり。オーバーフローしたガソリンがクランクケース内に溜まっているのだ。原因(のひとつ)はオーバーフローに間違いない。

 

 

キャブをバラす。中は思ったより全然綺麗だったけど、キャブクリーナーとエアで各流路を清掃。さて、疑っていたフロートニードルの状態は…

 

やはりダメダメですな。すっかり段付きが出来ている。

 

ここで必要な部品をウガガさんに発注。中1日で到着した部品を組み付ける。
燃料コックを外すにはタンクを外さなければならない。まあこの辺はET-3の整備で培った知識を応用して…

 

コックとボディの間に付いているグロメットを…

 

外す。で、シートを外し、タンクを留めているボルトを外せばタンクは外れる。
こういう事もあろうかと事前に入手していた、コック外しのSSTを使ってコックを外し、新品のコックを組み付ける。

 

コックはEU製の社外品。値段は1000円くらい。ベスパは消耗品の値段が安くて助かる。外した逆の手順で組み付ける。

 

カチカチに硬化していた燃料ホースも交換。中間にフィルターを噛ませる。
ラージはタンクとキャブの高低差が余り無いから、フューエルラインに余分なたるみを作らない様に長さを調整しつつ組み付ける。

 

キャブもデロルト純正のOHキットを使って組み付ける。もちろんフロートニードルも新品に。

 

で、組み上げ完了。欠品していたキャブケースの縁ゴムも新調。

 

オイルラインのエア抜きは、ちょっと作業してみなければ分からないな、と想像していたんだけど、オイルタンクにオイルを満たして定位置にセットすれば特にあれこれやらなくても自然と抜けてきた。燃料タンクにガソリンを入れる前に、プラグを外して20回くらい空キックをして少しでもラインにオイルを入れる。

 

ちなみにオイルは僕はヤマハのオートルーブを愛用している。値段と性能のバランスが取れている印象。
ET-3で高価なオイルも使った事あるけど、確かに微振動が少なくなったり吹けが軽くなったり、性能はいいんだけど如何せん値段が高いので、ボアアップしたりエグい形状の掃気ポートのシリンダー使ってガンガン回すんでなければこれで十分かな、という判断。
広島高潤のオイルとか、確かに良かったんだけどね〜。

 

その後、緊張のキック。10回くらいで無事始動。暖気後ちょっとアイドリングが低かったので調整。エアスクリュー2回転戻し、パイロットは1と1/2回転戻しで様子見。まあ調子はいい。吹けもいいし、アイドリングも安定している。

肝心の冷間時の始動性はというと、色々な状態を作って試してみたんだけど、そもそもどういう状態が正常なのか分からないから検証にちょっと手間取った。チョークを引いてキックするも、あれ?掛からないぞ、という時にチョークを戻したら一発で掛かったり。気温によってチョーク要る要らないもあるんだろうし。

で、ハイオクを満タンにした後、コックOFFで4日放置、気温が30度を越えていた昨日の夕方にテストしてみたら、チョークを引かない状態でキック一発で始動。おーこりゃ治ったろ、うっしゃー。

 

これで大きな部分の修理は終わり。後は細かい部分の手直しですな。燃料系はバッチリなはずだから、ステーター周りやる?ピックアップコイルとエキサイター(チャージコイル)を予防整備で交換してやれば長距離を走るのに不安もなくなるんだけど、まあ後でいいか、冬前に外して配線引き直しと共にまたヴェローチェさんにお願いしてもいいし。
梅雨も明けたし、ちょっと遠出してみようかな。

 

 

 

 

 

P200Eの整備 その1

 

今年の梅雨も空梅雨なのか、梅雨入り宣言はしたもののさっぱり雨が降らない。なので毎日ベスパで通勤しているんだけど、昨日はすっかり暗くなってから夕立の様な強い雨が降った。
げーこのまま降り続けたら帰れないじゃん、どうしよう?と思っていたのだが、帰る頃にはすっかり上がってくれたので助かった。
家に向かう道すがら、まだ半分濡れた道路を、滑って転ぶの嫌だからいつもよりゆっくり走っていたら、湿った風に乗って、夏の匂いが強烈に香った。

あの匂い、なんの匂いなんだろな、良く分からないんだけど、四季の移り変わりのうち、夏が来た事だけは毎年嗅覚で感じる。

 

先日我が家にやってきたP200E。僕の中では万事抜かりなく迎え入れたつもりだったんだけど、どうやら妻との意思の疎通が不十分だった様で。
晩飯食べ終わってまったりとビールを飲んでいたら、「あのボロい方は捨てるんだよね?」と、当たり前の様に本当にサラッと言われた。
やっぱり一人3台は普通の考えじゃあり得ないんだよなあと改めて思い知りながらも、このごく短いセンテンスの中に『ボロい』『捨てる』という強烈なパワーワードをふたつも入れ込んでくる妻のセンスは流石だと言わざるを得ない。飲んでいたビールを噴き出した。

 

細切れの時間しか取れてないんだけど、Pは路上復帰に向けて少しづつ整備を進めている。
これは経年劣化で破れてボロボロだったインテークゴム。大事な部品なので優先順位高めで当然交換する。

ウガガさんのところではラージ用のインテークゴムは2種類売られていて。スプリントからPまでは、上の蛇腹の山が尖ったものが使われていて、PX以降は下の台形山のものが適合するらしい。
でも部品自体には互換性があるようで、台形山の方が何故か値段が安かったのでそちらを購入。名より実を取るタイプなので。

こんな部品の交換なんて瞬殺っしょ、と思われるかも知れないけど、装着には結構難儀した。こういう形が定まっていないパーツを扱うの苦手。クルマだと、バンパーとかアンダーカバーとか、内装とか。
燃料ホースは新品に交換するつもりで手配していたんだけど、全く硬化が見られなかったので作業は後回しにすることに。ただ、取り回しがプラグコードに接していたのは危ないので離した。タイラップで軽く固定してやってもいいのかも知れない。
古いプラグコードはリークするからね。

プラグの焼け具合は、その辺数10km普通に街乗りしただけにしてはまずまず。ふむふむ。
ちなみに番手は抵抗入りのBR6HS。
走り出してしまえばアイドリングも吹け上がりも調子は全然いいので、まあさもありなんかな。
取りあえず現状は把握しておかないと。

プラグキャップも恐らく当時モノ。プラグキャップにはGermanyの刻印があった。5kΩの刻印もあるからこれも抵抗入りか。
この辺は追々NGK製に交換するけど、このキャップは趣あるなあ。
でもこの辺がしょぼいと、雨の日に失火して調子悪くなったりするからね。

P200EのイグニッションはCDI。で、僕の車体はバッテリーレス。6Vか12Vかの違いはあるけど大まかな点火系はET-3とほぼ同じ仕組みだ。画像のCDIも共通部品。点火系のトラブルはET-3で経験済みなのでどんとこいって感じだ(本当か?)。

すっかり割れていた左前のウィンカーレンズは新品に。本当は右側もいっしょに交換したかったんだけど、ウガガさんに発注したら右側は欠品だとの連絡があった。
几帳面な方だと左右同ロットの部品じゃないと、となるのだろうが、僕は敢えて取れる左側だけ取って交換。

この辺は半ば本能的にやってるから理由を言葉にするのは難しいんだけど、左右アシンメトリックを楽しんでいる風ではあるね。
でもレンズと本体の間のラバーがボロボロに千切れてしまったし、いずれは左右ASSY交換だろうな~

ブレーキ、テールのバルブのワット数を確認したかったのでレンズを外したら、左側のビスが当たる所が経年劣化でボロッと割れた。ありゃりゃ。やはりゴムやプラの部品はことごとく劣化しているな、経年劣化地獄。ぐぬぬ。
JBウェルドで補修を試みたけど、ダメならこれも交換だな。
両バルブの規格はBA15S、ブレーキは10w、テールは5w。旧い乗り物の灯火類をLED化するのあまり好みじゃないんだけど、ブレーキバルブだけは反応の速いLEDにするのはアリかな。

さて、肝心のキャブレター。目下の一番の課題は冷間時の始動性向上だから。
P200Eの純正キャブはデロルト製のSI 24/24Eというモデル。見ての通りのダウンドラフト式。
調べてみると、このキャブにはスターター系の流路があるみたいで、要はチョーク引いた時に効く流路だと思うんだけど、そこの不具合かな、と初めは思ってた。始動性が悪いのはチョークを使う冷間時だけだから。スタータージェットの詰まりとかさ。
でも、このエアクリーナーを外した状態で試しにキックを踏んでみると(スロットルは触らず)、霧化したガソリンがベンチュリ内に噴き出すのが見える。ん?ジェットが詰まっている訳ではないのか??

このスクーターで、全くのコールドスタートを試みたのは今日含めて4回で、4回とも結局キックでは掛けられず押し掛けをした。押せばすんなり掛かるし、チョークを使わない再始動はキック一発だ。

と、ここで自分の悪癖にはたと気付いた。燃料コックをマメにOn/Offしないのだ。そういやBASのデポに取りに行った時もコックはリザーブの位置にあった。
タンクキャップを開けて見るもガソリンが異常に減っている様子は見えないが、フロートニードルがイマイチで若干オーバーフロー気味になってるのか??

やはりいずれ開けてみないと分からないね、次は時間を作って腰を据えてキャブのOHだな。

 

 

ボロい方ET-3も放ったらかしだと拗ねちゃまになっちゃうので手を掛ける。
ウガガさんのサイトで部品を物色していた時に見つけたウィンカーリレー。左が昔ヤフオクで買ったタイ製のダメリレーで、右が今回仕入れたもの。商品ページには以下の注意書きが。

ご注意
V50-ET3で使用の場合は早期パンクの予想・・。(これからテスト)

お勧めできません。
早期パンクでも保証なしのため購入はご注意ください。

うおーこんなん書かれたら使ってみない訳にいかねー。僕、実験台になるの大好き。値段も安かったので(タイ製の1/3以下)早速購入。
点滅の仕方は、タイ製よりはマトモだけど純正には及ばない、といった具合で、松竹梅でいうと「竹」ですな。ギリ実用には使える感じ。
今の所パンクする事も無く正常に動作しております。

 

 

 

P200E買いました

 

 

やっちまいました。増車です。P200E買っちゃいました。ひー。

ちょっと眠っていたET-3を路上復帰させて、おっしゃーこれからオレはベスパで行くぜ〜とか盛り上がったのが2年前。実はその頃から増車は画策していて。ある意味スモールベスパの究極であるET-3が手元にあるから、やるならラージだな、とは思ってた。

ヤフオクやGoo Bikeに網を張ること2年あまり。だいたい四半期に一台位「これは!」という出物が出てくる法則を発見したものの、僕はしがないサラリーマン。そんなに簡単に増車なんて出来るはずもなく、何台もの出物が売れて行くのをパソコンのモニタの前で涙を流しながら見つめていた。大体僕の身体はひとつなのだから、バイク3台も要らないでしょう、普通の感覚では。家族の理解なんて得られる訳がない。

 

でも。
まあ正直あまりいい話じゃないんだけど、変に事態が噛み合って、ヘソクリなんていう特別会計じゃなく、堂々と一般会計でそれが出来る事になり。あまりというか、有り体に言えば滅茶苦茶ひでぇ話なので顛末はとても書けないけど。
でも結果的にはそれで念願だった増車が出来た訳で、面白くない思いはしたけれど、これで良かったんだと思っています。というか、思うようにしてます。

 

入手先はヤフオク。近年稀にみる出物で、君に決めた!と久々にビシッとキメ打ちでモンスターボールを投擲。多少競ったけど無事に落札出来て。
ヤフオクでバイクを買うのは実は初めてで、当然不安もあったんだけど。20年位倉庫に眠っていた個体で、でもたまにエンジンは掛けていたらしく機関の調子はいいらしかったのでまあ後は出たトコ勝負、と腹を括って。
Scooterhelpによると製造年は1980年。約40年前かぁ。P系って言ってももはや立派な旧車だね。

 

車体を紹介するのでここからは画像多めで行きます。

 

右サイドカバーと…

 

左。塗装の状態は適度にヤレてる「いい雰囲気」。当然ペイントはオリジナル。キズ、タッチペン跡があるけど状態は悪くない。僕はベスパに関しては綺麗に塗り直しているものよりも、多少ヤレていてもオリジナルのままの個体の方が好き。
軽く研磨剤入りのワックスで磨いてこの状態を維持しよう。

 

フロアの状態もいい。ちなみに潤滑油は分離給油のモデル。
ラージは、Rallyの時代から既に分離給油のモデルは存在していたという話を聞いた事がある。で、Pの後継のPXにも混合のモデルがある。
エンジンをチューンする人は混合比を変えたいから、オイルポンプ外して混合仕様にして乗る人も多いみたいだけど、僕はエンジンいじる予定ないのでこのまま分離で行きます。

 

新車時のものと思しきシート。破れなし、表皮も硬くない。いいコンディション。

 

タイヤも当時物。ピレリのSC93というモデル。この辺や、あまり錆がない純正マフラー等から推測するに…

 

このオドメーターの4000kmという数字は恐らく実走行。
機関の調子はものすごくいい。ギア抜け無し、オイルシール抜け無し。流石にクラッチ位滑ってんだろ、と覚悟していたんだけどそれも無し。クラッチレバーも軽いしギアもスコスコ入る。ET-3よりも操作は全然楽。
まあこの辺はスモールとラージの違いもあるのかな。
ちょっとアイドリングの回転数が一定しない感じはあるものの、それもエンストする程ではなく、現状でも全く不安なく運転出来る。

 

フロントウィンカーレンズに経年変化によるクラック。つか、こんなの不具合のうちに入らない。

 

ボディと同色だから当時物純正であろうタンク内部も綺麗。ここまで行くと奇跡レベル。40年前の単車だからね。

 

という訳で、今回手に入れたP200Eは、僕にとっては好みドンピシャの「当たり」の一台だった。というか、大当たりだな。最高。
現状目立った不具合はないんだけど、ただひとつ、冷間時の始動性が悪いのが気になる。まあ流石にキャブのOH位はするし、まだプラグの状態すら見ていないから。暖まった状態ではキック一発で掛かるし大した問題でもないでしょう。恐らく。

 

18日にBASのデポから引き揚げてきたんだけど、その日は時間があまり無かったから、出来るだけ早くやりたかった作業だけササっと。まずはスタンド先端のラバー交換。クルマのタイヤを枕に横にする。

 

減ってくるとスタンドを立ててもフロントタイヤが接地したままになって不安定になる。倒して大きな傷入ったら泣くからこれは速攻作業した。

 

割れている事が分かっていたメーターのフェイスも部品は用意してあったんだけど、焦って作業したくなかったんで、取りあえず幅広の透明テープで養生。

 

同じくウィンカーレンズも。

 

グローブボックスを開けたら数十年前の観音様のお守りが居た。せっかくだから僕も守ってもらう事にして剥がさない事に。

 

と、ここでタイムアップ。家族に晩御飯を作る時間だ。兄弟のツーショット画像を撮ってこの日はお開き。
僕のET-3は’85年式だから、車齢的にも車格的にもお兄さんだね。
並べてみると分かるけど、P200の方は色はアイボリーなんだね。いい色だ。

 

さて、今シーズンは、この2台プラスSRをイジる事で楽しみましょうかね。一通り整備してダメ出しも済ませたら、バックレスト付きのキャリアとタンデムステップ付けたいな。
…え、でも誰が後ろに乗ってくれるだろか?妻はまず乗らない、娘も微妙、となると息子か。あいつ、乗るかなあ。
ま、いいか。

 

 

気が向いたら別記事で書くけど、あるきっかけがあって、最近日本のヒップホップを良く聴いている。
昔は食わず嫌い的に苦手だったんだけどね、なんかアンテナ高い人向けの音楽って感じがして。でも色々聴いてみればそんな事ないのが良く分かった。
こんなリリックでも情緒過多にならないのはメロディが無いからなんだろうか。それともそれがラッパーの実力なのか。いずれにしても、今の僕には心地いい音。CD買おう。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

Older posts

© 2018 Joyride

Theme by Anders NorenUp ↑