Joyride

For the people who want to go somewhere, not here!

Category: Motorcycle (page 1 of 5)

最近のSRとSR400復活

 

 

東北の短い夏も終わり、季節はすっかり秋めいてきた。朝晩と日中の気温差が激しいせいか、9月頭から仕事のシフトが変わって生活リズムがガラッと変わったせいか分からないけど、先週末からガッツリ風邪を引いて往生した。
病院にも早めに行って薬を貰ってきたんだけど、延べ4日、熱に悩まされて。ただでさえ試験勉強に時間を裂かなければならないというのにこれは参った。ベスパにも1週間乗れてないからねー。せっかくいい季節なのに。

 

稲穂も随分垂れてきたね、月末辺りから刈り取りなんだろうか。

 

自分で触る事が殆どなくなったせいであまりこのblogには登場しないけど、SRは先シーズンから大きく仕様が変わっている。
これは風邪を引く前に雫石、網張方面に走りに行った時の画像。なんだかものすごいサーチ能力がある友達にはここに書く前に気付かれていたみたいだけど。

あ、シートの後ろの赤いのは袋に入った荷物です。

 

フロントブレーキをディスクにしました。
ブレンボキャリパー、サンスターローター、サポート、スペーサーの類はボアエース。ハブ付きホイール(RH01J用)は中古@ヤフオク、という仕様。
主治医があまりディスクブレーキが好きじゃないらしく、何年もかけて説得してようやく組んでもらった。予算の関係もあったけど、構想から足掛け3年以上かかったと思う。あの店でドラムブレーキをディスクに換装したのって僕が初めてかも。

 

相変わらず事故違反は絶対にNGな身分なのでSRには正直全っ然乗ってないんだけど、効きはもちろん(普段は中指一本掛けで十分)タッチもやっぱり僕はディスクの方が好みだなぁ。
マスターは予算の関係でRH01J用の純正なんだけど、ラジアルマスター要るか?という程効きもタッチも申し分ない。まだそれなりの場所でワイドオープン→フルブレーキ→フルバンク、という走りは試せていないんだけど、街乗りレベルでも運転は全然楽になった。入力に対しての効きがリニアなんだな。赤信号でブレーキをかける時でも毎回精神的に気楽にレバーを握れるのが身体で感じられる。

反面効きすぎ?て、まだ扱い切れていないのも正直なところなんだけど、まあそれは今後の課題という事で。

 

で、その作業と合わせて前後のタイヤを交換した。前はダンロップTT100のF3.50-18、R4.00-18という組み合わせだったのを、同じTT100の、F90/100-18、R110/90-18に変更。こっちの方が純正メッツラーのサイズ感に近い。
外径も小さくなり太さも随分細くなった。主治医によると重さも全然違うらしく、新しいセットアップの方がかなり軽いらしい。

そのせいか、サスのセッティングも見直す必要が出てきた。少しリアが跳ね気味なんだよね。僕は割とサスセッティングに関しては寛容な方なんだけど(バイクなりに乗っちゃう)、それでも少し気になる。減衰を弱めるか、スプリングのプリロードを下げるか。ま、もう少し走ってみます。ご覧の通りまだタイヤの皮むきも終わっていないような状態なので。本格的に手を付けるのは来シーズンかな。

 

しかし、気候がいいのに走れないというのはかなり歯がゆい。バイク仲間がSNSでバンバン走り回っている様子をアップしているのを見ると本気で羨ましい、というか、正直すこし悔しい。僕も走りたい…

まあ仕方ないっすね。我慢我慢。はー。

 

 

そんな思いで悶々としていたら、昨日かな、去年生産中止になったSR400が再発されるというニュースが(YAMAHAのプレスリリースのページに飛びます)。
どんな風に変わったんだろ?と半ば恐る恐るページを開いてみたら、げ!ぱっと見ほとんど生産中止の時の仕様と変わって無いじゃん、つーかエンジン空冷のまんまだぞ??すげぇなYAMAHA、と驚愕した。

 

というのも、昨年の生産中止は、年々強化される排気ガス規制に流石に対応出来なくなったからだ、という話を聞いていたから。
基本設計は40年以上前のエンジン、しかも空冷のビッグシングル。気温も交通環境も当時とはまるで違う。自分で乗ってても思うけど、冷却が厳しいんだよね。気温が高い日の渋滞とかてきめんに油温が上がる。
だから、混合気もなかなかリーンに出来ない。多少濃い目の混合気でバルブを冷やしてやらなければならない。すると規制に対応するのが難しくなる、という悪循環。

SRもキャブをインジェクションにしたりして規制に対処していたようだったけど、流石に限界だったのかな、と感じていた。
再発は正直無いと思っていた。あっても水冷エンジンにしたフルモデルチェンジだろうなあとも。

 

ところが、ふたを開けてみれば再発SRはエンジンは大まかな部分は40年前のままだ。これなら一度生産中止にする必要なかったんじゃない?と思うほど。外見だけ見るとエンジン前部に今まで見たことない装置が付いているようだけど、これが排気ガスをきれいにする装置なのだろうか。想像だけど、燃調のマッピングなんかも相当入念にやり直したんだろうな。

 

 

 

これが今回の復活についてのYAMAHAのオフィシャル・ムービーなんだけど、メーカーの意気込みがひしひしと伝わってくる。びっくりしたのが、排気音を入念に解析してテイストを保っているところ。
確かにYAMAHAは楽器や音響機器のメーカーでもあるけど、その装置で排気音をチューニングしたなんて話は初めて聞いた。その様子はまるでミュージシャンが作った音源をマスタリングしているみたいだ。

実際に聞こえてくるのは、僕らユーザーが慣れ親しんだSRの「あの」排気音だ。こりゃすごい。素直に感嘆した。

 

ぼちぼち製廃の部品も出てきているSRだけど、今回の復活が、少しでも長くSRを楽しめる為の一助になればいいな、なんて思った出来事でした。

 

 

 

 

日々 2018年6月

月曜日、仕事中に同僚から、住んでいる土地が梅雨入りしたらしいという話を聞いた。盛岡の一番いい季節が、なんだか大した事しないうちに終わってしまった気がしてちょっとがっかりした。
反面、何事も無く、順調に時間が過ぎている事に安心したりも。

ええ、毎日大人しく過ごしておりますとも。前回の記事に書いた通り、事故違反揉め事もろもろすべてNGな状況に置かれているので。
実はそのミッション、僕を含めて3人が挑んでいたのだけど、先日一名が脱落。ぐっすり眠っていたところに掛かってきた電話でその事を知らされた僕は、ええええええええマジでか!と震え上がった。眠気なんて瞬時に吹き飛んだ。いやマジで。思いっきりビビった。
正直な話、前回の記事書いた後、やる事しっかりやって楽しむ事しっかり楽しんでその上でクリアしてやるぜ、位の思い上がりもあったんだけど、これは相当気を引き締めて日々を過ごさなければならないのかも知れない。

ましてや当事者は僕だからね。
僕、ダメなんだよね、これだけ気を付けてても。今までもずっとそうだったから。運転に関しては、何処でスイッチ入るかわかんないというか。SRなんてそんなにスピード出るバイクじゃないけど、僕、過去にこのバイクで2回捕まってるからね、スピード違反で。
いや~普通捕まんないでしょ、とも思うんだけど、僕はその辺(悪い意味で)普通じゃないんだな、きっと。
そういう己を良く理解した上でないと自分自身を信用も出来ないよね。危ない運転をしているつもりは毛頭ないんだけど、こればかりは結果が全てだから。

 

そういや書いてなかったけど、シーズンインするタイミングでSRのマフラーを交換したんだった。ホワイトブロス製メガホン。サイレンサーはスーパートラップ(←数少ない僕のこだわり)。
逆にあまりスーパートラップが好きじゃない主治医もこれだけは唯一好きらしい。エキパイもサイレンサーもスチール製で、アルミ製やステンレス製のスパトラとは違う音が鳴る。
とうの昔に絶版になったマフラーだから新品なんて買えなくて、スチール製だから中古もなかなか出てこない(錆びちゃうからね)。ずっとオークションに網を張っていたんだけど、まずまずの程度の物が格安で出てきて。
本当はエキパイもクロームなんだけど、黒く塗られている。下地の錆も大したことないから気が向いたら再メッキに出すかも。
ルックスもバランス良くなったね。

 

日曜日、年2回行われる恒例のショップのツーリングがあって、今回も20数台のSRが集まった(詳細はショップブログをどうぞ)。事前に行く約束もしてたし、まあみんなと走ってる分には大丈夫だろう、あまりスピード出すツーリングじゃないし、なんて思って参加したんだけど。
だし、僕にとっては貴重な「他のバイクと一緒に走る」経験が出来る機会なんでね、出来るだけ都合付けて参加するようにしている。野良人間は気付くといつも単独行動を取っているから、たまにこういう機会がないと自分と自分のバイクを客観視出来なくなるというか。
ん?客観視なんて別にしなくてもいいのか?いや、お前は少しはそういう作業した方がいいと思うぞ(僕の心の声)。

最近このショップのお客さんは若年化が進んでいて、今回は20代の青年3人が初参加。イイネ。でも僕はもうすっかりチームおっさんの部類。はぁ。まあ仕方ない。

初参加三人衆のうちのひとり、金髪の、元気良さそうなコとちょっと話になって。
「SRが初めてのバイクなの?」
「あーそうっすね~」
「若いのになんでまたこんなアナログなバイク選んだの?」
「マンガに出てきて、それがカッコ良かったんですよ」
「え、SRが出てくるマンガって、ひょっとして…」
「ええ、特攻の拓っす!」
「おー!セロニアス天羽か!ルシファーズハンマー!」
「ですです!」
「おお~なるほど」

そういや僕もバイクに興味を持ったきっかけは、当時若者に絶大な人気を誇っていたマンガ「バリバリ伝説」だったなぁ。懐かしい。

 

まあ無事に行程終えて解散になって、時間も早かったし解散場所が広い駐車場だったからちょっとした試乗会みたいになって。僕も仲間内の有名車、ロッカーズY君のバリバリのカフェ仕様に乗らせてもらった。
ポジションは乗ってみると見た目ほど強烈じゃないけどやはり僕にはちょっとキツい。首がね…僕、身体固いから。
でもものすごく良く造られた、手入れも行き届いたとてもいいバイクだったなぁ。CRキャブのフィーリングも車体ととても合っていたし。

 

 

そんな訳で、天気のいい今日も大人しくバイク磨き。
僕はSRを洗うのに水は使わない。雨の中を走ってよっぽど汚れた時は局部的に水使う時もあるけど、基本僕は雨の日乗らないからそういう機会もなかなか無い。
で、何使ってるの?と聞かれれば、コレ。フクピカ。SRは塗装面が少ないから(タンクとサイドカバー位)、僕はコレが一番使い易い。
洗浄成分が入った厚手のフェイシャルペーパーを想像してもらえるといいかと思う。フクピカで車体に付いた埃をざっと拭い、乾いたウエスで拭き上げるとあっという間にクリーンアップ終了。アルコールが入っているのかな、リアホイール周りに散ったチェーンのオイルなんかもサッと拭くだけで綺麗に落ちる。

 

金属部分の磨きには、今までネバダルを使っていたんだけど、評判のいいホワイトダイヤモンドを使ってみる事に。
フェンダー等面積の広いステンレスを磨くのにはネバダルより使い易かった。液体なんでウエスに付けてがーっと磨けるから効率いいと言うか。
ただ、メッキに浮いた細かいサビなんかはネバダルの方が使い易いね、ちょっとしたボルトの頭とか、ヘッドライトカウルやミラーなんかは。まあ併用していこうと思う。

ただ、ホワイトダイヤモンド、ものすごい香料が入ってて、ココナッツの香りが強烈に香る。使ってて少し具合悪くなった。これ絶対アメリカ製だろ、と思ったら案の定。アメリカ人って甘い香り好きよね。
まあネバダルも溶剤系の匂いが結構するからこれもどっちもどっちかな。

 

磨き終わったら、ワコーズのバリアスコートでコーティング。これで再び金属の表面が曇るのをある程度遅らせる。

 

…と、作業をしていたら宅配便が届き。昨日発注したベスパのパーツだ。ウガガさん対応早っ。
ET-3のテールランプがまた切れちゃって、もう在庫無かったからその他の部品もまとめて発注したのだ。

 

我が家に来てから13年位になるのかな、その間一度も洗車した事がないET-3。サビ水の垂れ方とかもはや芸術品の域。素敵。
綺麗な乗り物も好きだけど、キズやサビだらけのポンコツも大好き。まあ僕自身それなりのポンコツ人間だしね。事故歴アリ、走行距離過多、各部は年式相応にヤレている。でもそれでいいや。アンチエイジングなんてくそくらえだ。

 

艶がすっかり引けた旧型テールレンズ。たまらんな。
紫外線でなのか、部分的にクラックが入ってて今にも崩壊しそうな雰囲気なんだけど、新品付けたら雰囲気変わっちゃうから大事にしてます。
テール球も変えたからまた明日から通勤に使えるな。うしし。

 

今回頼んだのは、ワイヤーやバルブ、ガスケットといった消耗品の類と、長い事ウガガさんのところで欠品していたコック外しのSST他。
スタンドゴムはラージ用だね。
ベスパに乗った事ない人には想像も出来ないだろうけど、クラッチなんて日によって握りのフィーリングが違うからね。スパッと切れてシフトもスコスコ入る日もあればそうじゃない日もある。
で、そろそろクラッチ、シフトワイヤー位は交換してやろうかなって。出先で突然切れて往生するよりは、ね。

 

 

そんな日々です。まあぼちぼちやってます。

 

 

 

 

春はいいなあ / Drop’sと芸術

 

盛岡の天気は先週あたりから急激に春めいてきて、朝晩はまだまだ冷えるものの日中は10度を越える日も増えてきた。
道ばたに寄せられて固まっていた除雪された雪の塊も日に日に溶けていき、彼岸までにはなくなっちゃうんじゃないの?という雰囲気。

今年の冬は長くて寒かったから、暖かくなるのは本当に嬉しい。柔らかい日の光を浴びていると気分がほっこりとしていくのが実感できる。
本っ当に寒かったからね、今シーズンは。出勤するAM7時頃は気温が-10度を下回る日が続き、なんか今日は暖かいなあ、と思ったら-7度だったって事があった。-7度を暖かいと思うとか色々終わってるよね〜。

 

という訳で、冬の間に出来なかった事を色々再開する時期ですな。手始めにベスパを路上復帰させた。
丸々一冬寝かせたから始めはエンジンの掛かりが悪かったんだけど、10回くらいのキックで無事始動。一度しっかりエンジンを暖めたら絶好調で、相変わらずの人馬一体感でちょっと離れたところにあるラーメン屋までショートツーリング。

ここ、この街に越してきて割とすぐの頃から贔屓にしていた店で、カウンターのみの小さな店だったんだけど、人気もあったからか去年大きな店舗に移転オープンして。
なんかクルマで行くのが癪で、暖かくなったらバイクで行く、と決めてたのを実行出来た。相変わらず美味しかったなあ。

 

とりあえずは走る分には何の不具合もないベスパなんだけど、道中ヘッドライトの球が切れた。で、連動してテールのフェストン球もお亡くなりに。
ベスパみたいな原始的な乗り物は、ヘッド、テールの球のどちらかが切れるともう片方に過電流が流れて両方ダメになってしまうケースが多い。バッテリーも無いバイクだし、発電系統にレギュレーターが付いてないのかな。やたらバツバツと球が切れる車体もあるようで、切れ防止用にとワッテージの高いテール球が売られていたりもする。それこそ全てがコンピューター制御の現代ではおおよそ考えられない原始的な対策だけど、そんな適当さが愛おしいぜセニョリータ。
でもこのペアは随分持った方だな、何年も換えた記憶がない。
手持ちのスペアと交換したけど、長い間使ってただけあって両方ともすっかり焼けているね。こりゃヘッドライトも暗い訳だ。

燃料コックがOFFにならなかったり、インマニの不具合の恐れがあったり(心当たりアリ)、そういや前後のショックはSIPから輸入したっきり付けてなかったりでそれなりに楽しめる箇所もあるんでおいおい手をかけていこうかな。でもまあ取りあえず次の休みはSRをいじろう。

ああ、やっぱり春はいいなあ。やりたい事が次々に頭に浮かぶ。

 

— 

 

Drop’s、ってバンドがエラくカッコいいという話は聞いていたんだけど、20代の女の子のバンドでしょ?とか軽くナメてて、でもいざ聴いてみたら本当にカッコ良くってぶったまげた。
高校の同級生で作ったバンドで、去年変わったドラム以外は当時のメンバーで現在24歳なんだそうだ。そのメンバーで、この通りの滅茶苦茶腰の据わったブルースロックをブチかましてくれる。YouTubeでは他にも何曲か聴けるのだけど、この曲が一番良かった。新曲なのかな、まだCD等では入手出来ないみたい。1日20回は再生して聴いている。
バンドのアンサンブルはしっかりしているしギターの音は最高だし、褒める所は枚挙にいとまがないんだけど、中でもヴォーカルの中野ミホさんの存在感は別格。表情(特に眼)と歌声にはこの歳にして既に本物の風格がある。

 

僕は芸術に関しては自分で「杭理論」と呼んでいるある視座を持っている。

子供の頃、大きな川のそばの家に住んでいた。夏に台風が来てその川が増水すると、高い堤防の上から普段友達と遊んでいる河川敷を覆い尽くす勢いで流れる濁流を眺めた。その流れの勢いは本当に凄くて、こんなのに流されたら自分なんてひとたまりもないんだろうなあ、と子供心に「畏れ」に近いものを感じた。
台風一過で晴れた翌日、水のすっかり引いた河川敷に降りると、地面にしっかりと刺さった杭に木の枝やら何やら色んなものが引っかかっている。あのもの凄い勢いで流れる川の流れに流されずに地面に刺さったままの杭を眺めながら、君は凄いよ、と思ったのをはっきりと覚えている。

後年、音楽や文学など様々な芸術に触れた時に、形や方法は違ってもそれらにある共通点があるのに気付いた。子供の頃に嵐の後の河川敷で見たあの杭に似ているのだ。
世の流れというもの、常識、と言い換えてもいいかもしれない、は、時に子供の頃堤防の上から眺めた川の濁流のように激しく流れる。それに持っていかれないようにするのは言うほど生易しいものではない事は47年間身をもって経験してきた。というか、僕自身そんな流れに翻弄され続けてきたように思う。

そんな中、立っている位置を変えずにずうっとそこにあるもの、それが僕にとっての芸術なのだ。
右に左に方向を変えながら流れ続ける世の流れに自分の居る場所を見失い、時に溺れそうになりながら必死に掴まるしっかりと大地に根を張った杭こそが芸術と呼ぶに値するものなのだ、僕にとっては。
そしてその杭に引っかかっている漂流物が僕(ら)なんだと思う。そんな杭のお陰で僕はこのあまりに価値観が多様化し過ぎた世界で、かろうじて自分を見失わずに生きていられる。

 

Drop’sのヴォーカル、中野ミホさんの佇まいにはそんな杭になれる風格が漂っている。僕が彼女の事を「本物」と評するのはそういう意味だ。素敵な人だな、と思う。

 

まあちょっと我ながら褒めすぎかな、とも思うけど、久々にぐっときた若手のアーティストでした。この曲がCDになったら絶対買うし、取りあえずこの曲のギターはフルコピーだな。
こういうの聴くとまたバンドやりたくなるね。

 

 

 

【重要】2018年5月23日追記
当文章中に、筆者の未熟さに由来する誤った表現がありましたのでここに訂正します。

誤・Drop’sのヴォーカル、中野ミホさんの佇まいにはそんな杭になれる風格が漂っている。
正・Drop’sのヴォーカル、中野ミホさんの佇まいにはそんな杭の様な作品を作る事ができる風格が漂っている。

経緯はこちらの記事に書いてあります。よろしければご覧になっていって下さい。

 

 

 

 

Older posts

© 2018 Joyride

Theme by Anders NorenUp ↑