Joyride

For the people who want to go somewhere, not here!

Category: Car (page 1 of 7)

検証あれこれ

 

4月ももう第2週。流石にもう大丈夫だろ、って事で日曜日に自家用車2台のタイヤをサマータイヤに交換した。

…すると月曜の未明に雪が降った様で、朝カーテンを開けるとバルコニーの手すりに湿った雪が積もっていた。
僕が洗車するとかなりの確率で翌日雨が降るというのは一部では有名な話なんだけど(昔の日照りの農村に居たらお前神様だよ、とまで言われた事がある)、これは一体何なんだ?僕は相当お天気の神様には好かれていないようだ。

 

タイヤを交換した日は春らしい暖かい日だったので、このblogを書き始めてから後日経過報告します、なんつってしていなかったクルマに関するあれやこれやをまとめてチェックしたのでこの記事にてまとめて検証してみます。

 

まずは16年の4月に交換したキューブのフロントブレーキのディスクローター。ブレーキを踏んだ時にジャダが出て、社外品(DIXCEL)に交換したんだった。
当時の記事を読み返すと、防錆塗装がしてあってグッド、とある。ちょうど2年使った画像がこちら。やっぱり錆びるね。
ローターは鋳鉄製だと思うんだけど、錆びて当たり前な条件に置かれている部品なのでまあ仕方ないかな、という感想。がっつり熱は入るし、水も浴びるからね。
ただ、クルマのホイールの大径化はここ数年でものすごく進んで、今や純正で18inchのホイールとか珍しくも何ともなくなった。ホイールの形状によってはローターの錆びってすごく目立つので、もしかしたら数年後には錆びないローターが純正装着される事になるのかも知れない。

ちなみにこのDIXCELのローターで3万km以上走ったけど、今の所実用上の不具合は一切ない。パッドによって必要以上に削られる事もないしタッチも悪くなく、ジャダも出ない。だから純正部品の互換品としては必要にして十分なのかな、というのがここまで使っての印象です。

 

お次はタイヤ。過去ログによるとローター交換後の5月に交換しているミシュランのENERGY SAVER。3シーズン目という事になる。
乗り心地などに関しては美味しい所は通り過ぎたかな?という印象もあるけど溝はまだまだ深く、十分安全に使える状態。皺のようなヒビも一切出ていない。ライフは長そう。
ミシュランについては、音がうるさい、という話を良く聞くんだけど、我が家のキューブに限って言えば気になるほどではないというのが率直な感想。確かに昔はがーがーうるさいミシュランもあったけど、それに比べれば全然マトモ。ただ音に関しては感覚的なものだからなぁ。

とは言うものの、さほど豊富じゃない経験を基にして言わせてもらえば、レグノ履いたプリウスよりもボディのデッドニングが超絶しっかりしているBFグッドリッジ履いた僕のクラウンの方が全然、と言うか、全く比較にならない位静かだからね、ロードノイズに関して言えば。これ前も書いたかも知れないけど。そういう経験しちゃうとタイヤ替えてノイズ減らすのに血道をあげる気がしなくなると言うか。タイヤに静寂性求めるのって日本だけだって話も聞いた事あるし。それよりはライフとかハンドリングとか値段とかを重視してしまうな、クルマのタイヤに関しては。

というわけで僕は好きなタイヤだな、ミシュランENERGY SAVER。

 

さて交換してから2年と数ヶ月経ったバッテリーはどうか。
キューブに関しては、使用状況が極めてバッテリーに優しい(片道20kmの通勤がメイン)ので今現在不具合は一切出ていない。セルの回りもいいし、インジケーターも緑色の「健康です」表示。
正確には2年と4ヶ月使ったBOSCHのバッテリーはまだまだ使えそうな気配。

 

クラウンに積んで2年と3ヶ月のMAGMA(韓国ATLAS製)も今の所不具合はない。
けど、使用状況が結構過酷なので(片道3kmの通勤メイン、しかもその半分は夜間)たまに10km20分の距離とか走ると直後はセルの周りが良くなる。インジケーターは緑の「健康です」表示だけど、バッテリーにはそれなりに負担がかかっているのだろう。
まあこれは使い方を分析すれば仕方がない事で。夜間はハロゲンのヘッドライト、フォグランプ点灯、テールは4連の白熱球だ。バッテリーから直で引いた電源でサブウーファーも駆動しているし、土地柄で冬期間は半端なく気温も下がる。逆に言えばATLASはこれだけ過酷な使用状況でも2年以上は問題なく使えるという事なんだと思う。

 

最後についこの間JBウエルドで修理したキューブのマフラーの穴塞ぎ。
タイヤ交換のためジャッキアップしたついでに指先で触診して、大丈夫そうだなってんで手を伸ばしてかざしたスマホで画像を撮ったんだけど…これ微妙だね。拡大して良く見てみると剥がれてきているようにも見える。
こりゃ時間がある時に漏れチェックをしっかりしなければ。

JBウエルドって2液性のエポキシ接着剤なんだけど、温度に結構敏感で。この作業をした時は気温は氷点下だったからなぁ。主剤と硬化剤を混ぜる作業は室内でやったし、混ぜる直前までコタツで温めてから作業したんだけど、患部に塗布する時はやはり少し硬かった。マフラー本体も冷え冷えだったしね。
状況を見てもう一度修理を試みるか諦めて新品に換えるか判断しようと思う。

 

 

 

 

 

もし若いあなたがルーツミュージックを探求する旅に出たいと願っているのならば、まずはこのバンド辺りを足掛かりにするといいのかも。ストレイ・キャッツ、ストレイキャット・ストラット。’81年のデビューアルバムに入ってる曲。
音楽性も変に難しくないシンプルなロックンロールだから聴き易いし、何よりも若き日のブライアン・セッツァーのカッコいい事ったら無い。まずは何でも形から入るのは間違いじゃなくて、理屈は後からでもいいんだと思う。

アメリカのバンドなんだけど、結成当時は本国では人気がなく、ニューウェイブで湧くイギリスでデビューして人気が出た後にアメリカに逆輸入されたって話を聞いた事がある。このバンドで人生狂った人、多いんじゃないかなぁ。

 

 

 

 

 

 

SRとキューブの車検

 

気付いたらこのblogもすっかり月イチ更新のペースになってしまった。
言い訳カッコ悪いけど、仕事が本っっっ当〜に忙しく。今年の冬は滅茶苦茶寒くて雪も多かったからだと思うんだけど、暖冬だった去年一昨年とは比較にならないくらいの仕事量で。昼食を摂る時間がなかった日も何日かあった程。そんな中お袋の引越しの手伝いで地元の仙台に帰ったり。大変だったんです。
まあ気分は悪くないけどね、一生懸命動くっていうのも悪くないモンです。2月も無事に何事もなく過ごせたしね。何より何より。
つか、この雪の山見てよ。これ全部我が家の玄関先に積もった雪だからね。この山一人で積み上げたと思うと感慨深くて思わず記念撮影。

 

— 

 

そんな毎日の中、書こうと思えば記事に出来る出来事も幾つかあって。
まずはSRの車検。いつもの通り主治医にお願いしたんだけど、雪国では冬季間ってバイクに乗れないじゃない?だから雪国のバイク屋さんは冬の間の仕事をキープするのが大変らしく。で、主治医の店でも冬季車検(乗れない期間に車検取っちゃいましょう)というサービスをやっていて。引き取り納車を市内近郊だと無料でやってくれるんだよね。
店もユーザーも得をするというこのサービス、頼まない手はないので僕も前回の車検からお願いしていて。

今回はマフラーまで純正に戻して預けたので(純正マフラーのルックスもなかなかオツなモンですな)お値段もリーズナブル、バッチリ整備して、主治医曰く「状態は完璧」だそう。いつもありがとうございます。ちなみにその時の記事がこちら
早く雪無くならないかなぁ。SRにもベスパにも乗りたいよマジ。

 

— 

 

妻のキューブの車検も先月だった。持ち込む予約をした日の数日前に軽く各部をチェックしたら、去年苦労して交換したマフラーのフランジ部からの排気漏れを発見。げ!マジか。
さてどうしよう、と作戦を練る。このままクルマ屋さんに預けたら純正マフラー35000円交換工賃5000円計40000円の追加出費だ。地味にでかい。
ネットで探すと前回に比べ中古マフラーは数は出ており値段もこなれているものの、数千円出してまた半年で穴が空いてしまうのはどうよ?と今ひとつ気分が乗らず。
で、前回見つけられなかった社外純正相当品を発見する事が出来て。ナット、ガスケット付属で18000円と値段もお安い。これ買っちゃおうかな〜と思ったんだけど、空いている穴は本当に小さなピンホールで、その他の溶接部分はまだしっかりしてるんだよね。よし、コレ一丁修理してやろうじゃねえか、と久々にDIY精神が芽生え。

 

使ったのはJBウエルドという2液性の耐熱エポキシ接着剤。コレね、滅茶苦茶優秀な接着剤で。耐熱性ももちろんなんだけど、硬化した後の硬度が半端ないの。そんなに応力が掛からない部位にならタップも立てられるくらい硬度が出るのね。昔ワーゲンいじってた時に愛用していたのを思い出して。マフラーの穴塞ぎに関してはガンガムなんかよりよっぽど高性能。だし、一家に一本あって悪いものじゃないので買っちゃいました。値段も高くないしね。
正直、穴が空いたマフラーなんて交換しちゃうのが一番なんだけど、JBウエルドの実力を久々に試してみたくて。コレ、耐久性等々定期的に経過観察します。

 

その他、去年作業した時に気付かなかったんだけど、マフラーが折れた時に排気が当たって溶けたんだろうね、サイドブレーキのワイヤーを保護するゴムのチューブが痛んでいたので自己融着テープで補修。
このテープは親父の遺品のひとつ。パッケージが滅茶苦茶昭和でしょ?自己融着テープって、テンション掛けて巻くとそれ自体がゴム化してこういった部位を養生するにはもってこいのテープなの。親父は弱電扱う仕事してたから、若い頃はこういうもので家電の修理を良くしてた人だった。

 

そんな感じで各部を点検の上必要な場所には手を入れて近所の工場に持ち込んだんだけど、何処も悪い所無いって事でこちらも大変お安く継続車検無事取得。おっしゃ。

というのも、このblogには書かなかったんだけど、このキューブ、去年の秋に一度この工場に入れてるんだよね。走行距離が10万kmを超えたのでプラグ交換(イリジウムタフ)とファンベルト交換を依頼して。
で、その際にスロットルボディのバタフライの動きが悪くなってるって指摘を受けて。ついでなんで直しちゃって下さい、という事でその時に作業してもらっていたのだ。
この記事に書いた事を自分で実践した訳なんだけど、やっぱり金銭的にも精神的にも楽だね。改めて実感しました。

 

 

いや、それにしても身体から疲れが全然抜けなくて参ります。こういう日はこんな軽めのエレポップでも聴きながら一杯やって、いい感じに酔っ払ったらサッと寝ちゃうのがいいね。
という訳でおやすみなさい。

 

 

 

 

 

 

クラウンワゴンのユーザー車検

 

先日、クラウンワゴンの継続検査を受けに地元の陸運支局に行ってきた。

前回の車検は近所の修理工場にお願いし、お金をかけて悪い箇所をしっかりと直してもらったのだが、その後2年で1万kmしか走っておらず、なかなか完治しないエンジンからのオイル滲みを除いては気になるところもなかったので今回はユーザー車検で継続検査を受けようかな、と思った次第。

とは言うものの平成11年式の我がクラウンは車齢も18年を数え、要らぬカイゾー点も多々ある。それなりにヤレた箇所も認識していたので楽な仕事じゃないだろうなってのも分かってはいた。

だから2ヶ月くらい前から空いた時間に少しづつ気になる部分の整備を進めていた。

 

まずは気付いたら鳴らなくなっていたホーンの修理。普段ホーンってあまり鳴らすことがなくて、いつから鳴らなくなったのかよく分からないんだけど、ホーンが鳴らなければ当然車検は通らない。

順を追って探っていくと、まずホーン本体に電気が来ていない。ヒューズは?と思い確認するも切れてない。つかヒューズボックスまでも電気が来ていない。ふむ。

 

ならばとステアリング脇のサービスホールからテスター端子を差し入れて測ってみてもやはり来ているべきの12Vが流れていない。こりゃ何処かで断線してるなって事でトルクスのソケットを買ってきてエアバッグを外す事に。

外してみたら何のことはない、ステアリングコラムから出ている配線がぷっつりと断線していた。何故か配線の長さが短かったみたいで、ステアリングを回すたびにストレスがかかっていた様。何でこんな事が起こるのかよく分からないが、ちょっと長めに配線を作り直してしっかり絶縁して組み直したら無事に鳴る様になった。

 

次は一番心配だったフロントの足回りの点検。結構がっつりと車高を落としているので各部にストレスがかかっているだろうし、今回一番心配していた部分。ボールジョイントのブーツ切れているだけで車検は通らないからね。

点検の結果、ブーツ類の切れも無くガタも無い。ボールジョイント周りに若干グリスの滲みがあったので綺麗に清掃する。

前回の車検の時にヘタり気味だよ、と指摘されていたリアのスタビブッシュも検査は通りそうだったので敢えて交換せずに後日作業する事に。ブッシュは手元にあるし、何か下手こいて壊しちゃったりしたら大変なので。

 

前後ブレーキ周りを軽く点検し、エンジンのオイル滲み跡をパーツクリーナーで綺麗に。高圧洗浄機で下回りを洗ってシャーシブラックを吹く(ウマで上げた状態でシャーシブラック吹くの滅茶苦茶苦行だった、ミストで顔真っ黒)。

後は出発前にボディを洗車していざ陸運事務所へ。

 

– –

 

これは人によるのだろうけど、僕は昔からの癖で検査ラインに入る前に必ず予備検査場で各部をチェックしてもらう。再検査食らう可能性を少しでも減らしたいし、盛岡に越してくる以前からの知人(以下Kさん)が働いていて行き易いのもあるし。
結果的には予備検査場ではライトの光軸を調整してもらっただけだったけど。

ちなみに光軸検査、平成10年以降製造のクルマは少し前からロービームでの検査に変わっている。僕のクラウンは平成11年式なのでロービーム検査だった。

 

まずは事務処理。ユーザー車検は久々だったので色々変わっていた。

検査手数料が高くなってた。僕のクラウンは車両重量が1.5t超えなのでその場合は1700円。以前は1400円だった記憶があるから300円の値上げ。でも1.5t以下のクルマは1300円になったみたいだったから実質的には値下げなのかな。

昔は数十円出して買っていたOCRシートは窓口で無料でくれる様になっていた。

 

ささっと手続きを終え検査ラインへ。この時期は空いてるね、車体番号、エンジン型式、燈火類のチェック。あ、そうそう、インパネの警告灯の類を念入りにチェックされた。要は何らかのワーニングランプが点いている状態じゃ車検は通さないよ、という事。これもあって去年ABSの修理したんだよな、まあ最悪球を抜くという手段もあるんだけど、直しておいて良かった。

排気ガス、サイドスリップ検査でOKをもらい、次はブレーキ検査。が、テスターに向かう途中で天井から下がっている表示板に「最低地上高 ×」の文字が表示される。げ!マジか。きっとラインを通過するクルマの車高をレーザーか何かで計ってるんだろうね。

検査ラインの流れを盛大に止めて検査員の方が高さを測ると確かにマフラーのフロントパイプがほんの数mm最低地上高(9cm)よりも低い。若い検査員の方が恐縮した様子で、年齢不詳、職業不詳の謎オーラを放っている僕にその旨を告げる。まあ仕方ないよね、直してくっから他の検査済ませちゃっていい?と意味不明に僕が場を仕切り、ブレーキ、スピードメーター、下廻りの検査で合格スタンプを貰い急いで予備検査場に戻る。

 

おーどうした?とKさんに声を掛けられ、いやー車高で引っかかっちゃって、エアあります??と聞くとエアゲージとホースを貸してくれた。数mmならタイヤの空気圧高めに入れれば車高上がるべ、という目論見。やはり受けてて良かった予備検査。

350kPaまで入れて車高を測ってみると無事9cmをクリアしている。おっしゃ!Kさんに「正直にタイヤに空気入れたとか言うとゴネられっから気ィ付けろよ」とアドバイスされ陸運支局のラインにとんぼ返りする。

ラインに戻るとまた若い検査員の方に車体番号をチェックされる。昔はこんな事しなかったと思うけど、なるほど、再検査で車体丸ごと入れ替える輩も居るんだな、とちょっと笑いながら、すいません面倒かけます、と一応は低姿勢。

 

さっきと同じ場所で測ると無事9cmクリア。案の定検査員に、どうやって上げたんですか?と聞かれるも、あーちょっと小細工、と謎オーラで吐き捨て煙に巻く。ふふ。勝負事で手の内た易く見せる奴は勝負には勝てないのだよ。野良人間なめんな。

 

という訳で新しい車検証を無事ゲットしたら長居は無用。そそくさとマイホームへゲットバック。ここ2ヶ月くらいずっと車検の事が頭にもやもやとしてたんで滅茶苦茶スッキリしたわ〜。

 

画像で見るとそんなに低く見えないけど、高速にも乗る普段使いするにはこれが限界の低さ。これ以上下げるとフロントのサスストロークが本気で無くなってしまう。

 

シャコタンもいい加減疲れてきたんでスプリング新調してもう少し上げようかな、とも思うんだけど、諸事情でこのクラウン、いつまで乗るか分からないのよね…ユーザー車検で継続検査を受けるのも今回が最後かも知れないからラインで多少荒技を使ったというのもあったり。陸運支局に日参するプロの方が読んだら噴飯ものの記事ですな。相変わらず資料的価値全く無い文章だし、色々すいません。

 

 

 

 

       にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ       

Older posts

© 2018 Joyride

Theme by Anders NorenUp ↑