Joyride

For the people who want to go somewhere, not here!

カテゴリー: Car (page 1 of 8)

路上にて

先週から、ようやく新しい環境で仕事を始める事が出来た。

そう、僕はタクシーの運転手なんです。

で、8年余りにおける法人での修行期間を経て、今般、満を持して独立開業出来た、という訳。
別に転職という訳でもないし、今月半ばに正式に認可状を頂くまでは最後の最後まで開業出来るかどうか分からないという状況だったので、今まで奥歯にものが挟まったような言い方しか出来なかったんだけど。


僕はもともと個人タクシーの運転手になりたくてこの業界に入った。でも、個人タクシーの営業認可とは簡単に手に入れる事が出来るものではなくて。
具体的には、僕の歳であれば、法人でのドライバー経験が10年以上、申請前3年間は無事故無違反が必須。その他色々な条件があって、なかなかにハードルは高い。人の命を乗せてする仕事だから誰彼にやらせる訳にいかない、という事なんだろうけど。

だから、本当に数年来の悲願だった。特に3年前からは好きなバイクも満足に楽しむ事が出来ず、かと言って結局仕事も運転だから、常にそういう意味でのリスクと隣り合わせの日々を過ごしていた。カッコ付けずに正直に言えば、精神的にも肉体的にも辛い修行期間だった。


仕事には三揃いと地味なメガネ、オールバックでビシっとキメていく。馬子にも衣装じゃないけど、着るもの着ると変なオーラがきれいさっぱりと消えるのね、自分でびっくりするくらい。以前の僕を知っている同業者が僕と気付かないくらいの変わり様(僕、チャラい運転手だったからなー)。
フォーマル、ってこういう事なんだろうな、仕事上不必要な個性を消し、貴方と同じ世界に住んでいますよ、同じ言葉が通じますよ、という事を相手に言外に伝えるためのもの。こういう仕事には特に必要だろう。

決して安い仕事じゃないからね、こんなのは苦痛でも何でもない。毎朝仮面ライダーよろしく「へーんしん!」と呟きながら髪を撫でつけています。

オフの日はこんな感じです。新しいオーナーのもとに旅立ったクラウンワゴンと。なんか色々すみません。




それでは無事開業出来た今、毎晩さぞ旨い酒を飲んでいるんじゃないか、と思われるかも知れないけど、開業したらしたでそんな余裕なんて全然無くて。
仕事自体は基本的に今までやってきた事と変わらないんだけど、高速道路を使った長距離がメインになった。だし、如何せんそこは個人事業主、今まで会社の事務方に任せてきた事も全部一人でやらなければならない。当然年金も国民年金だし、保険も国民健康保険だ。支払いは天引きなどではなく自分でやらなければならない。
まずは今までと全く違う生活のリズムに慣れなければならないし、毎日帳簿類を付けなければならないし、領収書も管理しなければならないし、新しい環境での先輩方に行き合えば粗相のないように自己紹介もしなければならないしetc etc…。正月休みが終わった辺りからかな、心も身体も休まる事がない日々だった。今日ようやくキーボードに向かう余裕が出来た。

まあこれも慣れてくればルーティーンになるだろうな、とは思っているけど。

新しい愛車、というか、仕事のバディだね、は、クラウンセダンTSS10H。もう既に2000kmくらい運転したけど、いい事もそうじゃない事も想像通りのクルマ。奴の事は基本気に入っているけどね。
まあこれについてはそのうち別項を起こします。


そうそう、早速故障の洗礼も受けた。エンジンチェックランプが点灯したのだ。とりあえずアイドリングも安定していて吹けも悪くないので???と思ったが、早めの3ヶ月点検を受けた時に工場に診てもらったら、触媒に付くO2センサーと空燃比センサーが壊れているとの事。38万km走っているクルマなので全然仕方ないとも思うけど、修理代金は当然自腹。修理の段取り、日程調整なども全部自分でやらなければならない。当たり前だけど自営というのはそういう事。





…分かる人はものすごくよく分かると思うんだけど、「フリーランス」って全っ然自由なんかじゃないんだよね。しがらみにも縛られるし、誰も守ってくれないから最低限度の保身はしなければ生きてすらいけない。ましてや僕がやっていくのは男の意地やメンツやプライド、何よりもリアルにカネが絡む世界だ。既に何度か洗礼は受けているけど、そのマナーは内側ではフォーマルなものでは全くなく、どちらかというとバックストリートのそれだ。

それも自分で好きで入った世界、不平なんて全くない。むしろ僕みたいな人間には居心地がいい。今まで培ってきた、僕が持つ社会性みたいなものを総動員して凌いでいこうと思っています。

…仕事も路上、趣味も路上。そう、不満なんてある訳がない。思い返せば物心ついた時から路上に恋い焦がれてきたんだ。
スマートフォンで見ている人は分からないかな、このblogには”For the people who want to go somewhere, not here!”というサブタイトルが付いている。「ここではない何処かへ行きたいあなたへ」という意味で、20年前にWeb上に文章を書き始めた時以来気に入って使っているキャッチなんだけど、何処かへ行きたいのは他でもなく自分自身だという事は自覚している。

死ぬまでこのままいくんだろうなー。まだ終わっていないけど、なかなか楽しい人生だったよ。

今やほとんど投稿する事もなくなってしまったFacebookだけど、こういう人生の節目の挨拶は流石にしなきゃな、という事で、開業した旨を知人友人に報告したポストに沢山のリプライを頂きました。
学生の頃からの古い友達が「まだまだこれから二転三転するから。そしてそれが楽しいんだよ」という言葉をくれて。そうだね。全くその通りだ。
そんな最近のBGMはこの曲以外にない。ベタだけど。

ディラン先生の“How does it feel?”との問いには「まずまずかな」と答えておきましょー。




日々 2018年12月

11月末でそれまでの勤務先を退職し、新しい環境で仕事を始めるにあたっての準備に奔走する日々なんだけど、そちらもほぼほぼ落ち着いてきた。
かと言って肝心の認可はまだ下りない。管轄の省庁からは今年中には出す、とは言われているのだけど。

そうなるとどうなるのか?というと、暇を持て余す。無職、もう飽きた。

しかし時期は師走。年末年始に絡むし、諸々の事情を勘案すると年内に仕事を始めるのは無理、という結論に達し、今年の年越しは無職のまま過ごすことが先ほど確定した。むーん。

まあここまできたら焦っても仕方ないしね、どっしりと構えて待とうじゃないか。

…いや、それが出来ない小市民だから今日もパソコンの前に座って文章打ちです。ああ、早く認可証だけでも届かねえかなあ。タバコの本数だけ増えて参ります。
毎晩家人に晩飯を作る日々です。スーパーのレジ打ちのおばちゃん(森昌子似)にもすっかり顔を覚えられて、行くたびに「いつもありがとうございます」と言われてしまう。



10月に友達がこの街に引っ越してきた。
奴は大学の同級生で、僕は当時学生寮で暮らしていたんだけど、そこで知り合った。いわゆる「同じ釜の飯を食った仲間」というやつだね。
何処に住めばいいだろう、と相談されたから僕の家の近くの優良物件を探し出して紹介し(僕の家の近辺はめちゃくちゃ住環境がいい)、たまに飲みに行ったり家に遊びに行ったり。

多感な時期に寝食を共にした仲間というのは不思議なもので、言葉はなんの苦労もなく通じるし変な遠慮もいらないし、かといって必要以上にお互いの間合いに踏み込まないスキルは流石にそれぞれ会得していて、居心地の良さは下手すりゃ家族以上だな、なんて思いながらまあ仲良くやっている。

奴は愛猫と暮らす独身男で、とても優しい奴。猫をあやす時の姿はデレデレし過ぎててとても見られたもんじゃないけど、妻からのウケもいい。

なんか、こういう友達しか残らなかったなー。僕はそんなに人との関係性みたいなものに頓着する方じゃなくて、そんな僕が今でも交遊がある友達はみんないい奴ばかり。
心から「奴と飲みたい」と思える人以外とは自然と疎遠になっていった。いやまあ酒飲まなくてもいいんだけどさ、そんな友達たちはほとんど酒飲みだから。



2ヶ月くらい前からかな、お世話になっているバイク屋さんのWebサイトの構築を手伝っていて、それが先日ようやくローンチした(←この言葉、一度使ってみたかったんです)。
仕事柄か、誰かと何かを作り上げる、という作業をもうここ10数年していなくて、そのせいもあったのかものすごく楽しい作業だった。こここんな風にしたいんだけど、出来る?とか、あーこの表現はこうしたほうがいい、とか、何度もやり取りを繰り返しながら素人ふたりで作り上げたサイトです。
良かったらアクセスしてみて下さい。

ヤマハSR専門店 New Gate

テクニカル的な事はサーバーの契約からドメインの取得、サイトの運用方法の選択まで僕がやらせてもらったんだけど、一番こだわったのは「どの端末でアクセスしても最適な表示方法が出来る」という事。
今、Webサイトへのアクセスってスマートフォンからが7割なんだってね、そういう時代なんだ。
そういうサイトをHTMLで書くのは僕のスキルでは不可能で、だからプラットフォームはWordPress一択だった。
そう、このサイト、全体が「ブログ」なんですよ。ぱっと見普通のWebサイトに見えるかも知れないけど。

だからパソコンが不得手な主治医も簡単に構成をいじる事も出来るし、HTMLも書く必要もない。実際僕もこれ作るのにHTML一行しか書いてないからねー。
まあ使ったテーマ(有名な「STINGER」です)が優秀だったんだろうけど、なかなかいいものが作れたかな、と思ってます。



新しい環境で仕事をするようになったらほとんど乗れなくなるのでクラウンとはお別れです。
悲しいけど、僕には3台のバイクもあるし、乗れても週一度、しかも雨の日もしくは冬季間だけ、とかになるとクラウンが可哀想だ。気に入った人に乗ってもらうのが一番いいだろう。

仲間に声を掛けたんだけど引き合いがなく、かといって車買取専門の店とかに持ち込んでもこんなクルマ値段がつくはずがないのでヤフオクに出品した。

まあ塗装の状態はいいしエンジン、ミッションも調子いい。走行距離もさほど行ってないからか、1週間たらずで多数のアクセス、ウォッチ追加をして頂き、初回入札もあったので年明けにはお別れです。
いい新オーナーに巡り会えるといいね。



一昨日、バイク仲間と忘年会をした(息子からは「おとう、忘れ過ぎなんじゃね?」というツッコミを頂いた)。
男3人で6時間喋りっぱなし。お前らどんだけお喋りなんだよ、と思うが、言葉が通じる相手とはまあこんなもんだ。

気付いたら僕、オールマンについて熱く語ってて。
僕的にはこのバンド、ものすごく不思議なんだよね、曲がいいのはもちろんなんだけど、魅力は到底そんな言葉だけじゃ語れない。なんだろう?音楽に対する愛情みたいなものが溢れている、というのか、聞いた時に感じる多幸感が半端ない。筆舌に尽くし難い、とはこういう時に使う言葉なのだろう。

デュアンはもちろん、グレッグも先日鬼籍に入ったけど、まさに唯一無二のバンドだった。一生聴くんだろうなー。







検証あれこれ

 

4月ももう第2週。流石にもう大丈夫だろ、って事で日曜日に自家用車2台のタイヤをサマータイヤに交換した。

…すると月曜の未明に雪が降った様で、朝カーテンを開けるとバルコニーの手すりに湿った雪が積もっていた。
僕が洗車するとかなりの確率で翌日雨が降るというのは一部では有名な話なんだけど(昔の日照りの農村に居たらお前神様だよ、とまで言われた事がある)、これは一体何なんだ?僕は相当お天気の神様には好かれていないようだ。

 

タイヤを交換した日は春らしい暖かい日だったので、このblogを書き始めてから後日経過報告します、なんつってしていなかったクルマに関するあれやこれやをまとめてチェックしたのでこの記事にてまとめて検証してみます。

 

まずは16年の4月に交換したキューブのフロントブレーキのディスクローター。ブレーキを踏んだ時にジャダが出て、社外品(DIXCEL)に交換したんだった。
当時の記事を読み返すと、防錆塗装がしてあってグッド、とある。ちょうど2年使った画像がこちら。やっぱり錆びるね。
ローターは鋳鉄製だと思うんだけど、錆びて当たり前な条件に置かれている部品なのでまあ仕方ないかな、という感想。がっつり熱は入るし、水も浴びるからね。
ただ、クルマのホイールの大径化はここ数年でものすごく進んで、今や純正で18inchのホイールとか珍しくも何ともなくなった。ホイールの形状によってはローターの錆びってすごく目立つので、もしかしたら数年後には錆びないローターが純正装着される事になるのかも知れない。

ちなみにこのDIXCELのローターで3万km以上走ったけど、今の所実用上の不具合は一切ない。パッドによって必要以上に削られる事もないしタッチも悪くなく、ジャダも出ない。だから純正部品の互換品としては必要にして十分なのかな、というのがここまで使っての印象です。

 

お次はタイヤ。過去ログによるとローター交換後の5月に交換しているミシュランのENERGY SAVER。3シーズン目という事になる。
乗り心地などに関しては美味しい所は通り過ぎたかな?という印象もあるけど溝はまだまだ深く、十分安全に使える状態。皺のようなヒビも一切出ていない。ライフは長そう。
ミシュランについては、音がうるさい、という話を良く聞くんだけど、我が家のキューブに限って言えば気になるほどではないというのが率直な感想。確かに昔はがーがーうるさいミシュランもあったけど、それに比べれば全然マトモ。ただ音に関しては感覚的なものだからなぁ。

とは言うものの、さほど豊富じゃない経験を基にして言わせてもらえば、レグノ履いたプリウスよりもボディのデッドニングが超絶しっかりしているBFグッドリッジ履いた僕のクラウンの方が全然、と言うか、全く比較にならない位静かだからね、ロードノイズに関して言えば。これ前も書いたかも知れないけど。そういう経験しちゃうとタイヤ替えてノイズ減らすのに血道をあげる気がしなくなると言うか。タイヤに静寂性求めるのって日本だけだって話も聞いた事あるし。それよりはライフとかハンドリングとか値段とかを重視してしまうな、クルマのタイヤに関しては。

というわけで僕は好きなタイヤだな、ミシュランENERGY SAVER。

 

さて交換してから2年と数ヶ月経ったバッテリーはどうか。
キューブに関しては、使用状況が極めてバッテリーに優しい(片道20kmの通勤がメイン)ので今現在不具合は一切出ていない。セルの回りもいいし、インジケーターも緑色の「健康です」表示。
正確には2年と4ヶ月使ったBOSCHのバッテリーはまだまだ使えそうな気配。

 

クラウンに積んで2年と3ヶ月のMAGMA(韓国ATLAS製)も今の所不具合はない。
けど、使用状況が結構過酷なので(片道3kmの通勤メイン、しかもその半分は夜間)たまに10km20分の距離とか走ると直後はセルの周りが良くなる。インジケーターは緑の「健康です」表示だけど、バッテリーにはそれなりに負担がかかっているのだろう。
まあこれは使い方を分析すれば仕方がない事で。夜間はハロゲンのヘッドライト、フォグランプ点灯、テールは4連の白熱球だ。バッテリーから直で引いた電源でサブウーファーも駆動しているし、土地柄で冬期間は半端なく気温も下がる。逆に言えばATLASはこれだけ過酷な使用状況でも2年以上は問題なく使えるという事なんだと思う。

 

最後についこの間JBウエルドで修理したキューブのマフラーの穴塞ぎ。
タイヤ交換のためジャッキアップしたついでに指先で触診して、大丈夫そうだなってんで手を伸ばしてかざしたスマホで画像を撮ったんだけど…これ微妙だね。拡大して良く見てみると剥がれてきているようにも見える。
こりゃ時間がある時に漏れチェックをしっかりしなければ。

JBウエルドって2液性のエポキシ接着剤なんだけど、温度に結構敏感で。この作業をした時は気温は氷点下だったからなぁ。主剤と硬化剤を混ぜる作業は室内でやったし、混ぜる直前までコタツで温めてから作業したんだけど、患部に塗布する時はやはり少し硬かった。マフラー本体も冷え冷えだったしね。
状況を見てもう一度修理を試みるか諦めて新品に換えるか判断しようと思う。

 

 

 

 

 

もし若いあなたがルーツミュージックを探求する旅に出たいと願っているのならば、まずはこのバンド辺りを足掛かりにするといいのかも。ストレイ・キャッツ、ストレイキャット・ストラット。’81年のデビューアルバムに入ってる曲。
音楽性も変に難しくないシンプルなロックンロールだから聴き易いし、何よりも若き日のブライアン・セッツァーのカッコいい事ったら無い。まずは何でも形から入るのは間違いじゃなくて、理屈は後からでもいいんだと思う。

アメリカのバンドなんだけど、結成当時は本国では人気がなく、ニューウェイブで湧くイギリスでデビューして人気が出た後にアメリカに逆輸入されたって話を聞いた事がある。このバンドで人生狂った人、多いんじゃないかなぁ。

 

 

 

 

 

 

« Older posts

© 2019 Joyride

Theme by Anders NorenUp ↑