Joyride

For the people who want to go somewhere, not here!

カテゴリー: 楽器

ET-3走り初め / Drop’s “Organ”

今年の冬は雪が少ない。気温も比較的暖かい方なのだろうか、家の前の雪も消えて無くなりはしていないけど何とかそろそろと走れるような状態だったので、昼過ぎにET-3の走り初めをした。

まあ暖かい方、と言っても、昼過ぎの時点での気温はプラスの1度。バイクなんて乗り物は自ら風を切って走るものなのだからして、ライダーが感じる体感気温は余裕のマイナスだろう、小一時間、所用をふたつみっつ片付けたのだけど、家に着く頃には両手両足の指先の感覚はなくなっていた。で、そのままコタツに直行。ひー、さみー。



で、先日組んだcrimaz社製のアンチダイブキット、試してきました。

結論から書くと「やはり効きます」。

60km/h巡行の状態で何一つ不安なくフロントブレーキのみを掛けられる。これはすごい。
ただ、皆さんご存知の通り、スモールボディベスパのフロントブレーキにはブレーキランプのスイッチが付いていない。し、慣れもあるんだろうけど、街乗りではやはりリアブレーキ主体の走りの方が断然走りやすかった。
車体がストップする間際の極低速ではやはり多少ダイブするのと、これは調整で多少良くなるのか、フロントブレーキのタッチもあまりよろしくないので。
なので、僕の使用状況ではやはり今まで通りリアブレーキ主体で走る事にはなりそう。

ただ郊外の山道なんか走る際は積極的にフロントブレーキ使えるだろうね、というか、フロントブレーキの使い方を会得しなければ、という感覚にもなる。とっさの時にしっかり握れるようにしておかなければ。
今まではそれもままならなかったからね。よっぽどの事がない限りフロントブレーキ使わなかったし。だし、パニックブレーキ握った時にも車体の姿勢が乱れて、そっちの方がよっぽど危ないじゃん、って感じだったから。
だからこのキットの存在を知った時にすぐ欲しい、と思ったし、その性能には満足している。



ブレーキングに関しては以上の通り。
デメリット、というか、好みが分かれそうなのは、通常走行時のフロントサスが硬くなった、という事。
これはあらかじめ想定していたんだけど、サスのロワマウントの位置とレバー比が変わる事によりフロントサスの仕事の量も質も変化した結果だと思う。僕、物理がまるで苦手なので論理的に伝えられないのだけど、テコの原理の支点力点作用点が変わったから、と言えばいいのか。画像を見て各位想像してみて下さい。

どのくらい硬くなるか、というと、サスセッティングには大変寛容な僕がちょっと違和感を感じるくらい。
街乗りでは大きめのギャップでフロントが結構跳ねる、というか、突き上げがひどい。今付けているYSS製のサスのプリロードは最弱なのでこれ以上柔らかくは出来ないし、後はフロントタイヤの空気圧の調整で様子を見るしかないかなあとは思っているんだけど、まあメリットばかりがあるキットじゃないという話です。いや、ポン付けして即結果が出るキットじゃない、という書き方の方が正確かな。

春になってタイヤの空気圧を調整しながら走り込んでみないと分からないけど、フロントサスは違うものに交換するかも。プリロードをもっと弱められて、減衰も調整できるもの。具体的にはSIPとかbgmとかになるのかなぁ。意外とcarboneの純正タイプとか合うのかもね。そうでなくともYSSは硬めだからなぁ。
まあちょっと走ってみます。





去年の末に、Drop’sのミニアルバムがリリースされた。
メンバーチェンジがあったり、活動の本拠を東京に移したりした後の、心機一転、新体制での初めてのレコーディングで、僕自身、少し舞い上がってんじゃないの(発売日を2ヶ月間違えて記憶してたり)?というくらい楽しみにしていた。


そのミニアルバムのリード曲(今、シングルカット、とか言う言葉使えないんだね、シングル盤作らないから)がこちら。

また結論から書くと、僕は大好きな曲です。

動画のコメント欄を読むと、色んな意見があるようだ。無理もないと思う、過去数枚リリースされているアルバムに収録されている楽曲とは明らかに趣を異にしている曲だし、僕を始め、このバンドを知ったきっかけが「こわして」というブルースロック・チューンだった人も多いのだろう、このリード曲はあの曲の路線を全く継承していない。

正直に告白すると、僕自身、初めてこの曲を聴いた時は「???」と思った。プロデューサーに無理強いとかされたりしていたら嫌だなあ、とか。でもその後何十回と繰り返してアルバムを聴き、このインタビューも読んで僕なりに気持ちを反芻した結果、最終的には「いいじゃんこの曲!」っていう結論に達した。

インタビューを読んで、なるほどなあと思ったのは、メンバー達が「ライヴにももっと自分たちと同世代や若い世代の人たちに来てほしい」と思っている、という点と、曲の作り方。

「こわして」は、確かにカッコいい曲だ。ヴォーカルのメロディもギターのフレーズもゴリゴリのペンタトニックスケールで、演奏にもものすごいグルーヴがある。あの動画を僕は何回観たか分からない。
でも、あの曲に過度に反応しているのは、主に僕と同世代か、もっと年上の人達なんじゃないかな、というのも感じていて。なんて言うのだろう、マニア向け?

まあそんなマニア達の慰みもの、おっさんホイホイとしてやっていく路線も選択肢としてはもちろんあったのだろうけど、本人達は同世代に聴いて欲しいと願っているのなら(インタビューを読むと、特にVo.の中野ミホさんはその思いが強いようだ)それは違う。老い先短いおっさんだけを相手にしていては今後の広がりもないだろう。

そして、やっぱりな、と思ったのが曲の作り方。このバンド、中野ミホさんがアコギの弾き語りで曲を作るんだそうだ。
どういうことかと言うと、基本的にDrop’sの曲は「歌モノ」なんだな。この事はものすごく腑に落ちた。し、昔の作品を聴いていて心に引っかかっていたものの正体が分かった気がした。
歌モノたる曲を、ワン、ツー、スリー、イエー!というロックンロール的なアレンジと演奏でやる相性の悪さ(と言ったら失礼か)を僕はずっと心の片隅で感じていた。

だから、きっと今回のミニアルバムは、バンドとしての正常進化なんだと僕は思った。自分達の持っている個性や魅力と、やりたい事がいい形で折り合った、というか。


ちなみに僕は件の「こわして」という曲が本当に大好きで、どのくらい好きかというと、ギターの荒谷朋美さんのレスポールの音に憧れて20年以上振りにエフェクターを買ったくらい。
Fuzzペダルね。動画の音を耳に焼き付けて、YouTubeで同じような音が出せるようなFuzzを必死に探して。
そうやって探し当てたのがTORTUGAというメーカーのCRAZY EIGHTというペダルなんだけど、どうやらもう生産していないペダルの様で、焦ってネットで探しまくったら在庫処分の特価品がひとつだけ見つかって。何と定価の1/3くらいの値段で買えてしまったというオチも付いた。またタイミング。






まあそれは余談だけど、年末年始にこのアルバムを聴きながら「個性って何なんだろう」みたいな事はよく考えたなあ。
Drop’sみたいなアーティストはもちろん、市井の民たる僕たちだって個性はそれぞれ持っていて、それが魅力的だったりそうじゃなかったりするから人間関係においてひとの心は良くも悪くも動く。
そんな個性を好いたり好かれたり。でも僕としては、好かれようと恣意的に個性(みたいなもの)を作る、というのはちょっと違うんだよなあ。
まあこれはこの歳になったから言う事が出来る言葉なのかも知れないけど、昔はもちろんの事、今だにそういう文脈で書かれた文章を読む機会があって、その度に複雑な気持ちになる(具体的に書いちゃうと、恋活、的な奴ね)。

だから、そういう意味でもDrop’sのこのミニアルバムは大好きだし、今後も僕はこのバンドの事を応援すると思う。
だし、生まれてこのかたそういう視点では自分を曲げられなかった僕自身の事を考えると、今の僕の周りの人間関係は大事にしなければならないのかな、なんて改めて思ったりも。

そんな訳で、一枚のCDを発端に色んな事を考えた、面白い年末年始でした。


バンド遊び

写真 2015-08-05 19 31 33
今年中学2年生になった息子に、2年位前からドラムを習わせている。
って言うと、ロック好きのお父さんが(半ば無理やり)自分の趣味を子供に押し付けてるんじゃないの~、とか良く思われるのが心外なので初めに言い訳しておくと、息子にドラムを習わせようと提案し、習える場所を一生懸命探したり(田舎はそういう場所がなかなか少ない)積極的に動いたのは実は妻なのだ。

息子は、僕に似て運動が苦手だ。しかも僕に良く似て激しく苦手だ。まあ運動が出来てカッコいいのってせいぜい高校生までで、それ以降は全然どうでも良くなるのは僕自身身を持って経験しているんだけど、その高校を卒業するまでの期間が大問題なのも僕は身を持って経験している。
すごくざっくり言ってしまうと、運動が出来て活発なコがモテるのだ、子供の頃は。まあ大人になってしまえばそういうの殆ど関係なくなるし、余裕も出てくるから「別にそんなに無暗にモテなくってもいいじゃんね」なんて思えたりもするんだけど、子供にとってはそれはちょっとしたコンプレックスになりかねない位大ごとなのは僕も良く分かる。すごく良く分かる。

だから、妻が「何か運動に代わる特技を身に付けさせたい」と、音感やリズム感はなかなかいいものを持っている息子にドラムを習わせたいと言ってきた時は無条件で賛成した。ロックやバンド活動なんて思いっきり僕の得意分野だから、積極的に協力できるとも思ったしね(というかこういう部分じゃないと役に立たない)。
だし、バンドを始めるキッカケが「女の子にモテたかったから」というのは大昔から脈々と受け継がれてきた伝統なのである。The Whoのピート・タウンゼントは鼻が大きいのがコンプレックスでギターを始めたって聞いたし、ピンクフロイドのデイブ・ギルモアも、あんな高尚な音楽やってるけど、バンドを始めたきっかけはやはり女の子にモテたかったかららしい。だからドラムを始めるには十分過ぎるほどの大義はあるのだ。のんびり屋さんの息子は未だに多分、というか絶対、ドラム叩いてりゃオレもモテる!なんて考えてはいないだろうけど。

そんな訳で月2回、(かなり立派な)先生にご指導を頂いているんだけど、ドラムという楽器の特質上、やっぱり教室でしこしこ叩いていているだけじゃ面白くない。スタジオで他の楽器とバンド編成でバーン!と大きな音を出してこそのドラムである。なので、友達のM氏にベースを頼み、練習曲を決めてたまにスタジオに入っている。ちなみに僕はギターヴォーカル。

これがなかなか面白い。僕もバンド演るのなんて20年振り位だし、ヴォーカル取るのは初めてだから、僕は僕で息子の事そっちのけでそれなりに真剣だ。友達のM氏は、数年前に転勤でこの街に引っ越して来るまでは20年以上関東でバリバリ演ってた手練れのバンドマンで、3人の中では密かに一番張り切っている。
練習のある日は愛車のクラウンワゴンに、20年来の相棒のフェンダー・ストラトキャスターを積んで、息子と女子マネージャー(娘ね)を乗せて近所に住むM氏を拾ってスタジオに向かう。息子のドラムは、曲を通して叩く、という観点からはまだまだで、基本のリズムにオカズを入れたりする所でモタモタするけど、叩けば叩くほど上達していくのが分かる。M氏は新曲をさっぱり聴いて来ないんだけど、何回か演奏していくうちにその場で曲を覚え、逆に僕に「その、EからAに移るトコは食うの?ヨコチン毎回違うよ」等とツッコミを入れてくる。僕の左手の動きを見る目がむっさ真剣。流石手練れだ。僕はといえば初めてのギターヴォーカルであたふたしながら息子の事も見てやんなきゃならないし歌詞覚えられないしでもう大変。でも相棒をマーシャルの大音量で鳴らすのは気持ちいい。音に酔ってる余裕はこれっぽっちもないけれど。

そんな感じで3者3様に「バンド遊び」を楽しんでいる。人前でプレイする事とか全然考えてない、ホントただの遊びのバンドだけど、僕は密かにこのバンドに「Theリラックス」なる名前を付けてこっそり楽しんでいる。息子の学業や部活の合間を縫って練習のスケジュール組まなきゃだからなかなか大変だけど、次の練習は月末かなぁ~。まあぼちぼちやってます。

ランキングに参加しています。宜しければこのバナーをポチッとクリック、お願いしますm(_ _)m
↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

生前贈与

写真 2015-05-09 17 37 06

GWに実家に帰った時、親父に、お前の使ってないあのギター、要るのか?要らないなら捨てるぞ?と言われて存在を思い出した、高校生の頃初めて買ったギター。実家の納戸に何年もほっぽられていたんだけど、見れば埃で汚れているだけでまだ使えそう。居合わせた息子に「お前、弾く?」と聞いてみたら、弾くって言うから家に持って帰って来た。

スクワイヤの’62年モデル。安物だけど、ヘッドにはMade in Japanって書いてある。20年位前に酔った勢いでフロントのピックアップをハムに交換して、たまにブラックサバスとか弾いてたんだった。懐かしい。

埃を綺麗に落として、干からびてた指板にレモンオイルを浸して、弦を張り替えてアンプに繋いでみたらちゃんと音が出たので息子に譲り渡した。

息子もそんなに大はしゃぎ、って感じじゃなかったけど少し嬉しそうだった。最近ようやく自分で好きな曲見つけてきて聴く習慣が出来てきたんだよね。そう、自分で、ってトコが重要。趣味なんて大概そうだけど、ことロックなんて親に聴け、って言われて聴きだすもんじゃないからね、それはオレの信念で、だから今まであれ聴けこれ聴け、って息子に話した事なかった。

で、息子に「何弾きたい?」って聞いたところ、自分で持ってきたのがこの曲。何でも息子の好きな銀魂ってアニメの挿入歌なんだそうな。

アニソン?と聞いて少し身構えたけど、聴いてみたらまあ普通のロック。しかもギターはソロもアルペジオもないパワーコードオンリー。自分が初めてコピーした Sex Pistolsを思い出す。そう、まさに息子に譲り渡したこのギターで一生懸命練習したんだよなぁ、15歳のオレ。懐かしい。#レコーディングではリードギター入ってないトリオでの演奏なんだよね。

で もこのDOESってバンド、最近のバンドにしちゃなかなかロックしてる。演奏にスピード感もあるし、スリルもある。そして適度にださい、汗くさい。うん、ロックバンドに必要な最低限の要素は満たしてる。こういう儚げなスリル感をカッコいいって思うのはいいセンスだぜ、息子よ。調べてみたら福岡の出身みたい。なるほどね、サラブレッドの素質はあるんだな、結成は2000年だそうで、下積み時代もそれなりに経験していそう。軽く音取ってみたら、使ってるコードはDm、B♭、C、Fの四つだけ。博多の大先輩、サンハウスの「風よ吹け」のサビと一緒だ。いいねー。

暇を見つけてまずはFの押さえ方でも教えてやりましょうかね。って、これが初心者には難関なんだよな、果たして奴は難関を乗り越えられるのか。楽しみです、くっくっく。

さて、オレは生きてるうちにあと何を子供達に残せるんだろうね。きっとさっぱり金にならない事ばかりだね。ま、それでいいか。自分に必要なものだけ切り取って行きなよ、お前らそれを判断する自由と力はもう持ってるみたいだから。

© 2019 Joyride

Theme by Anders NorenUp ↑