Joyride

For the people who want to go somewhere, not here!

カテゴリー: 徒然日記 (page 1 of 19)

春のNew Gateツーリング2019→SRお不動さまになる

2019年6月9日、毎年恒例、年2回行われる我らが主治医、ヤマハSR専門店New Gate主催のshopツーリングの日でした。

日程だけが先に決まり、コースは当日発表という事で、とりあえずは指定された集合場所に向かう。天気は晴れ。気温は出発の時点で既に高めなれど、結構標高の高い場所も走るから、という話なので、いつものライダースをはおって走り出す。

この日は23台(だったかな?)のSRが、いつも通りの思い々々のスタイルで集合。スタイルは思い々々なんだけど全車整備はバッチリ行き届いていて、何度もこのツーリングには参加しているけど、ツーリングの道中で故障するバイクはほぼほぼ見たことがない。

これは参加しているバイクの年式(’80年代製とかザラ)や、振動の多い単気筒エンジンを積んでいる車両であることなどを考えると本当にすごい事で、そういうストレスを感じる事なくSRというバイクを楽しめる環境を作ってくれている主治医にはいつもいつも感謝しかないのであります。

な、はずだったんだけど…



結局目的地は、県北の奥中山という場所。そこに行き着くまでに様々な岩手スタイルのカントリーロードを組み合わせたコース。気温も高く天気もいい。おまけに走る道路はどこも本当に素晴らしく、こういう土地でバイクを楽しめることにも感謝しながら昼食を食べる予定だった奥中山スキー場のレストハウスに到着。この通りレストハウスからの風光も明媚。最高なのだ。



今付けている髭タンクに合わせて塗装してもらったサイドカバーにはステッカーをペタペタ。
LOSER、っていいでしょ?なんかスケボー屋のステッカーらしいんだけど、そういうのにこだわった訳じゃなく完全に語感で選んで貼った。僕の中ではこれめっちゃパワーワード。
ああそうさ、オレは負け犬だよ、トドメ刺せばいいじゃん、やれるもんならさ、みたいな居直り?が僕の原動力であり立ち位置なんだなって自覚が最近すごくある。殺れるモンなら殺ってみなよ、って、実際生活している時も、単騎でバイクに乗っている時なんか最近特にそう思う。そういう立ち位置を意識してスロットルを捻るとうまく走れるし、実生活もうまく回る気がすごくしてるんだよね。刹那に生きる、って意味じゃなくね。

ちなみに”TAXI SUCKS”とは、意訳すると「タクシーのクソッタレ」くらいの意味。バイク乗りにとってタクシーって危ないじゃない?突然車線変更したり曲がったりするし。そういう意味のバイカーズスラング。自戒を込めて貼らせて頂きました。



昼食を食べ、午後の行程を走り始め、1回目の休憩を取った後に事件?は起こった。
解散場所を目指して走り始めた後にすぐエンジンが失火、そのまま止まってしまった。キックを踏んでもうんともすんとも言わない。げー。

いや、前兆はあったんです、午前中の1度目の休憩の後エンジンを掛けて走り出そうとしたらストンとストール。ありゃりゃ、とキックを踏むも掛かる気配がない。初爆がないのだ。ん???
主治医が来てくれて、二人で押し掛けを試みるも掛からず、その時は主治医のキックで無事に掛かったんだけど、これがあったから、午後に止まった時は主治医は「ヨコチンさん、これジェネレーターかも知れませんよ」と一言目で死刑宣告。まじか。

プラグを外してキック踏んで、火が飛んでいない事を粛々と確認してやっぱりジェネレーターですね、との診断。うわーん。

幸いこの日はサポートカーが居たので、マイSRは停まった場所の目の前にあった民家に置かせてもらい(大変親切な方でした、感謝)、僕はクルマに乗って解散場所へ。このショップツーリングではごく稀な途中リタイヤ車両となったのでした。しくしく。



などと文章を打っていたら主治医からLINE。早速不動車両をピックアップしてきてくれたみたい。感謝。超親切だった、軒下にひと晩僕のSRを置かせてくれた八幡平の老夫婦との記念撮影画像付き。
当然お礼の菓子折りは持って行ってもらいました。

これでとりあえずは一安心なんだけど、主治医、今超多忙らしく、修理には少し時間をくれ、という事なのでしばらくSRには乗れませんな。いい季節なのに。とほほ。


このジェネレーター(チャージコイルとも言う、メーカーではACマグネトーと呼んでいるみたい)は、’93年式までのSRの弱点のひとつで、主治医のところでお世話になって以来ずうっと言われ続けていた。予防整備するにもメーカーから新品を取ると部品代だけで10万円オーバー、というなかなかパンチの効いた金額ゆえそうそう出来ない。というか、壊れてからの修理だって正直キツい。
なので、僕なりに何とかならないか、という事はずっと模索していた。実はそれの目処が立ち、こんな修理ルートがあるらしいっすよ、なんて、ついこの間主治医に話をしたばっかりだったのだ。

なんかここのところ運命とタイミングだけで生きている気がするけど、不良箇所を特定してもらったらその顛末はせっかくなのでここに記そうと思ってます。’93年式までのSR乗りにはいいTipsになると思うので。


という訳で、続編を待たれよ。



【2019年6月12日追記】
主治医がツーリングに関してblogを更新してましたね。記事中にあるリタイア車両とは当然僕の事ですな。ふへ。
やはり忙しいみたいで文字数は少ないけど、記事内にも貼ってある、仲間のシローくんが作ってくれた編集動画の出来が素晴らしくて、それ見れば変に言葉を弄する必要ないよな。
シローくん、いつもこっそりと大量の画像を撮影していて、あとでそれを編集してさらっと公開してくれる。その出来栄えとさりげなさにいつも驚いて感謝してるんだけど、今回はYouTubeにアップしてくれたみたいなのでここでもシェアするね。
#選曲も素晴らしい。ヴェルヴェッツのWhat Goes Onだよー。そういやシローくんと音楽の話した事なかったな、次に会ったらしてみよう。



いつもこんな風にまったり楽しく走ってます。






トンネル抜けて

水曜日は定期便の仕事が無い日で、事実上の定休日みたいになっている。
今日がまさにその日で、でも微妙に雨予報だったから、雨なら仕事、晴れたら免許証の書き換えに行こう、とか段取ってたんだけど、朝起きたらAM9:00過ぎ。寝坊ですな。やっちまった、昨日ちょっと飲み過ぎたからなー。

天気は雨だったんだけど、街場の仕事が忙しくなるほどの降りかたでもなかったから今日は休む事に決めてニドネ。至福。布団大好き。

で、昼前に起きたらいい感じに晴れてて気温もそこそこ。おーこれは昼飯でも食いに行こー、とPパイセンにまたがり北を目指す。


市内から30分くらいかな、蕎麦所の山形スタイルの蕎麦が美味しい店があるんだよね。思い出した頃にちょくちょく食べに来てる。



蕎麦は太めの田舎そば。盛りもよく、たっぷりのイカ下足天が付いてくる、典型的な山形のワーカーズスタイルの蕎麦。
山形には安い値段でこういう形で蕎麦を出す店がいくつもあって、労働者たちの昼食を提供している。彼の地では値段も安いんだ、蕎麦って値段は少々高いイメージあるけど、500円、600円とかで食べられちゃう。住んでた頃はよく食べに行っていたなあ(ちなみにこの店のこの「盛り天」は800円)。だから気軽に昼食として食べられるんだね。

蕎麦所だからもうちょっとお金を出せば当然もっと美味しい蕎麦も食べられて、まあちょっとした蕎麦天国なのね。山形って。麺好きの僕はいつかまた腹一杯旨い蕎麦食いたいなーって思っているんだけどなかなかその望みは叶えられていない。
あ!そういえば山形の変人に会いに行くって約束も果たせていないなあ。これは近々行けって事か。



帰宅後はクラウンのプラグ交換。時期だったんだよね。前もって新しいプラグは準備してた。
最近のクルマはプラグ交換に滅茶苦茶手間がかかるというのが通り相場なんだけど、このクルマの1TR型エンジンはそれほど大変でもなくて、小一時間で交換作業は終了。この辺は商用車ならではかなー。



9万km走ったプラグはこんな感じ。電極に減りは見られないけど、ガイシは変な色に焼けている。ちなみに付いていたのはデンソーのイリジウム。
それこそ今出来のクルマなので、空燃費調整するとか出来ないから「だから何なの?」くらいに思うしかないんだけど。



新しいプラグはNGK製。何でもLPG車専用のイリジウムプラグなのだとか。
使用限度間近のものを新品に変えたのだから当たり前だけど、エンジンの回り方は少しジェントル?になったし、始動性も少し良くなった。今まで「カシュシュシュ!」で掛かっていたのが「カシュシュ!」で始動するようになったというか。アイドリング時の微振動も少し減った気がする。



で、その後は月に一度のボディコーティング掛け。愛用のBlissを施工。道具の手入れだね。そういう感覚。



施工後はスパッと撥水。気分いいねー。
飲み過ぎて寝坊した割には充実した休日でした。



夜更かしして飲み過ぎた原因はこの曲。

なんか昔から、ヨコチンって◯◯に似てるよねー、ってよく言われて、10代後半から、30代半ばでグレて髪を伸ばすまでの20年近く、それこそ前のエントリに上げた女装写真の頃ね、は、先日鬼籍に入った萩原健一さんに似てるね、って散々言われてた。多分通算100回以上は言われたと思う。
親がそれを嫌がってね、あの通り素行が良くない人だったから。まあ僕だって似ようと思って作ってた訳じゃ当然なかったからどうしようもなかったんだけど。

割と最近、お前どんとに似てるよな、と同級生に言われて。元BO GUMBOSの、故どんとさんね。まあ確かに顔の作りは多少似てるかな程度だけど、どんとさんは好きな人だったからそれは素直に嬉しくて、そお??なんて照れながら返したんだけど。
で、昨晩そんなに似てるかね?という思いもあり、ボ・ガンボスの動画をYouTubeでずっと見てたらこの動画に行き着いて、頭のてっぺんからつま先までしびれた。こんな曲あったんだ、知らなかった。


定期便の仕事中にトンネルに入ると、カーナビが「この先あと何kmでトンネル出口です」というアラートをしゃべる。ある程度の長さのトンネルの出口は、入り口と路面状況が全く異なる事も多いからだと思うんだけど。
冬場だと、入り口に積雪が全くなくても出た途端に圧雪だったり凍結してたりなんて事はザラだし、今時期でもそれまで曇天だった空模様がトンネル抜けた途端に雲ひとつない快晴だったりする事もある。


「やな事があってもすぐに空は晴れるよ」という、氏らしい優しくふわりとした短いMCの後、マイクの前で数秒間気持ちを入れて、どんとさんは歌い出す。


風が騒ぐ夜は
家に帰りたくないよ
みんなねごと言ってる夜は
風が騒ぐ夜は
家へ帰りたくないよ
君を叩き起こしに行くよ
目を覚ませよ

Bo GUMBOS「トンネル抜けて」 作詞作曲 Bo GUMBOS



シンプルでまっすぐなメッセージは聴く人の耳にもまっすぐに届く。僕自身が今抱えている心持ちにあまりに近くて驚いて、これは何のタイミングなのか。多分昨日の夜だけで30回はリピートして聴いたと思う。

イントロとアウトロはキョン氏との心のこもったハモり。演奏のテンションは、伝えたい事があって、それが伝わることを信じている人たちのそれで、それを何回も観た酔っ払った僕は、なんで神様は、フィッシュマンズの佐藤伸治さんやどんとさんみたいなみんなから大切に思われている人ばかり連れて行ってしまうんだ、などと恨み言を言う。
弾き語りヴァージョンの映像もYouTubeにはあって、そのコメント欄に「この曲が好きな人とは絶対に友達になれる気がする」みたいな書き込みがあった。それ良くわかる。





嫌なことなんてすぐには心からなくならないし、長いトンネルの中にいる間は抜けた後の景色なんて想像も出来ない。それは僕自身よく知っている。
それでもやっぱり僕もどんとさんみたいに、やな事があってもすぐに空は晴れるよ、と言い続ける事しか出来ないし、トンネル抜けた空が心地よい晴れ空だったらいいのにね、と心から願うことしか出来ない。


今日も少し酔っ払っているから、書きたいことうまく書けた気もしないんだけど、せめてこの曲の「抜け具合」だけでも伝わるといいなぁ、と思う。






日々 2019年4月

あったかーい。雨の日と仕事以外はクルマを運転しない季節、やっぱ最高すぎる。
昨日も仕事が早めにハケたのでET-3に乗って市内を用足しして回った。うーん、クラッチ滑ってきてるね、あと2次エア吸ってるような感覚も。シリンダーベースガスケットかなあ。
この辺りの修理が今季の課題だな。


先週あたりから盛岡市内も桜が咲き始め、多分今週末辺りが見頃なんだろうか。仕事の定期便で来る大船渡、釜石辺りはもう葉桜になりかけている様だ。
InstagramなどのSNSでも西の方から順に桜の便りが伝わってきて、まあ確かに春の訪れを感じる一番の花なんだろうけど、僕はあまりこの花の事が好きではなく写真一枚撮る気になれない。
色合いも淡くぼんやりとしていて、まあそういうのもある意味日本的なのかなとも思えるのだけど、散った後の花びらもいつまでも未練たらしく道路の上で風に舞っているし、なんて言うんだろう、いつまでも態度をはっきりさせないもどかしさ、悪い意味での日本人らしさを感じると言うか。

同じ春に咲く花でも、大船渡の市の花である椿は大好きで。葉の色もくっきりとした艶のある濃い緑色で生命力があって力強いし、花も大きく凜と咲くのも見ていて清々しい。
散り際も見事で、思い切り咲くだけ咲くとポロッと潔く地面に落ちてしまう。それでおしまい。

僕は桜ではなく椿のようにありたいな、と毎年春になると思う。椿の花のように凜として生きて凜として死にたい。




仕事にはだいぶ慣れてきて、生活パターンも落ち着いてきたんだけど、その結果、やはりと言うか当然と言うか、色々大変な部分も見えてきている。
それはこの世界の仕組みだったりとか仲間や先輩との距離の取り方だったりとか。前にも書いたけど、男のメンツやプライド、何よりも少なくない金額のカネが絡む世界なのだから、そのくらいの苦労はあってしかるべきなんだろうけどね。

や、人間関係だってそんなにめんどくさくはないんだけど、普段の何気ないやり取りに、稀にフカシやカマシや牽制が、そしてそれと同程度に、受け取るのも申し訳なく思えるほどの親切や真心が含まれているから、その選別が難しいというか。

そんなん黙って損すべき時は損しとけばいーじゃん、とも思うんだけど、仮にも僕は個人事業主なんでね、そういう部分であまりに無防備だとやっていけないんだよな。で、そういう作業が苦手な僕は気付くとぐったり疲れている。
人がいいだけならそれにつけ込まれるし、かと言って親切や真心は丁重に受け取って感謝したいしね、その塩梅が難しいというか。

まあ仕事に限らずなんだろうけど、身の丈以上のものを欲しがれば必ずどこかに無理は生じる。嘘やごまかしだけで渡っていけるほど世の中は甘くない。かと言って多少は背伸びもしないと成長もないしね。
焦らず地に足をつけて、とも思うけど、その地面だって足探りでようやく見つけられるってくらい頼りないから。

慎重すぎるのかなあ?でも僕、過去に地獄を見てきてるから慎重にもならざるを得ないんだ。もうダメだ、と思った瞬間は今までの人生で何度かあった。
まあ天国にも行った事あるけどね。って、まだ生きてるんだけどさ。

まあこの形態で仕事をするようになってまだ3ヶ月、ぼちぼちやっていくしかないんだろうな。


友達のFくんとは月イチペースで飲んでいる。昨日も飲んだんだけど、回を重ねるごとに楽しさは増していく。
昨日も絶好調で、僕は奴の日めくりカレンダーを何枚もめくったし、僕のカードも何枚もオープンにした。
まあ毎度の事なんだけど、僕が何枚か持っている身の上のワイルドカードを切ると大概の人は固まるんだよな、昨日も軽い奴一枚切ってみせたら、Fくん顔引きつらせてた。はは、ごめんよ、怖がらせるつもりじゃなかったんだけど。

Fくんと僕は、似ているところもあるけど根本は違ってて、違ってるから合うのかなあ、と思ってる。
経験上、同じものを持っていて同じものを持っていない人って一見相性抜群なんだけど、結局は合わなくなっちゃう事が多いような気がする。





役割は果たしたようなので当該記事の以下の部分を非公開とします。
お目汚し失礼しました。


ヨコチン







« Older posts

© 2019 Joyride

Theme by Anders NorenUp ↑