Joyride

For the people who want to go somewhere, not here!

月別: 2019年8月

2019夏休みpt.2

8月14日
旅の疲れが抜けず一日静養、というかダラダラ。ひっさしぶりにモスバーガー食ったら超絶旨かった。




8月15日 終戦記念日
前々から観たかったアニメ映画を満を持して観る。この作品、その筋からの評価がすごく高くて、ずっと観たかったんだけど、2時間集中してモニタに向かう時間と気力がなかなか取れず、長らく棚上げになっていた。

観た感想は「ものすごく良かった」。この映画を観たことが今回の夏休みのハイライトだったんじゃないかってくらい。本当にいい作品で、観終えたあとは余韻がすごくてしばらくテンションが変だった。
あらすじを書くような野暮はしないけど、物語の舞台は、太平洋戦争中の広島、呉。戦争の描写は当然あるけど、でもそれはあくまで背景のひとつで、主題は別のところにある。

どの時代にも人の暮らしや営みがあって、それを繰り返して人の歴史って続いてきたんだなってのがモニタを通して僕の中に直接入って来るような体験だった。
この映画の舞台の時代は「幸せな時代」というものからは程遠いものだったのだろう。かと言って今が手放しで幸せなのか?と言われれば、それはそれで難儀な時代なんだとも思う。不幸せ、が分かりづらいから苦しい、と言えばいいのか。じわじわ締め付けられている感覚ははっきり自覚していなくとも皆感じてるんじゃないのかなあ?じゃなきゃこんなにSNSなんかで幸せ自慢に興じないよね。そしてそんな僕らの行動がSNS事業者の儲けになっているという構図は相当歪んでいると僕の目には映る。付き合い方を間違えると道踏み外すなアレ。

ちょっと話ズレたけど、この映画の主人公すずさんは、いたずらに現実に刃向かう事をせず、常に自分を保ちながら楚々としている。アニメ映画の主人公だけど、素敵な人だなあ、と思った。僕もあんな感じに世の中と対峙したいなあ。

いずれ大切なのは、過ごしている時代がどんなものであろうと「その世界の片隅に」しっかりと足を付けて根を張って日々を暮らしていく事なのだろうね。そんな事を教えてくれる映画でした。






8月16日
新しい相棒と初仕事で大船渡まで走る。仕事の少ない時期なんだけど、先輩が回してくれた。ありがたいねえ。
仕事の日は朝が早いので昼食はほぼ外食で、そのせいなのかあれだけ好きだったラーメンを食べる気力が最近めっきりない。そもそも夏バテなのか食欲もあまりないし。
そんな日の大船渡での昼食は百樹屋のカレー南蛮一択。これめっちゃ旨い。何度も食べたけど毎回スープまで完飲してしまう旨さ。何人かに勧めたけど、そのうちの一人は「これ盛岡から食いに来てもいい旨さですよね?」とか言ってた。ホントそのくらい旨い。




新しい相棒のセカンドシートは画像のようなキャプテンシート。クルマを買ったと言うよりこのシートを買ったと言っても過言ではない。リクライニングとオットマンは電動。
あ、全然フォーマルじゃないよ、そういう意味ではクラウン(S21ね)のリアシートの方が何枚も上手だし、お客さんの立場で乗るにしても僕ならクラウンを選ぶと思う。先輩のに何度も乗ったけど、あのクルマのリアシートは良く出来ている。クラウンはボディのデッドニングもしっかりしているし。
でもまあ言っても客商売なのでね。僕たちが乗せるお客さんにとっては僕らのクルマは単なる移動手段だし、そういう意味での顧客満足度はやはりミニバンタイプの方があるのかなあ。この日乗せた方にも「やっぱりいいですねえ」というお褒めの言葉を頂いた。
というかもう買っちゃったからね、あと5年は僕はこれで行きます。








8月17日
なんか花巻って密かに蕎麦処なんだという事を最近知って、まあ1時間くらいで行ける距離だし、そういや盆の休みに一度も乗ってなかったなって事でパイセンにまたがって昼食ラン。

先日ステーター周りを見直したパイセンは絶好調で、僕の許に来るまでに過ごしたであろう冬眠期間からは完全に目覚めた感触。いい感じでビンビン走る。あとは足回りだなあ、取りあえず当時モノのタイヤとチューブを交換しよう。あ、あとリアショックか。




宮沢賢治記念館の真向かいにあるこのお店。さてお味はどんなもんでしょう?




うん、とっても旨かったです。満足。
花巻には他にも有名な蕎麦屋がいくつかあるらしく。今シーズン中にあと何件回れるかなあ。




天候が安定しない日で、晴れたと思えば結構強い雨が降ったりを繰り返す空模様。でもこの時期の雨とか屁でもないんでTシャツ一枚でトコトコ走る。ザッと雨に当たって濡れて、それが日差しと風で乾いていく感触が気持ちいい。やっぱり僕は夏が好きだなあ。




8月18日
明日の仕事の予約が入ったので、ガソリンを満タンにして洗車し、お出しする飲み物を冷蔵庫に入れ、準備をする。
さて、長かった休みも今日で終わり。またいつもの日常が始まる。過ごしてしまえばあっという間だったけど少し飽きてもいたので、そんな日常に戻るのもちょっと楽しみだったりも。
忙しくなるかなあ。忙しくなればいいなあ。僕たちの仕事は身体を動かした分しか収入にならないし、そもそも僕はこの仕事が好きなのだ。
頑張って働こうっと。




2019夏休みpt.1

別に転職したわけじゃないんだけど、8月に個タクの仕事の内容が大きく変わり、十数年ぶりでまとまった夏休みを取ることが出来た。指折り数えてみると休みは7日から明日までだから、何と12日も休んだ事になる。すげー。
そんな休みの記録を、画像多め文章少なめで書こうと思う。




8月7日
新しい仕事の相棒が納車になった。新しい、と言っても中古なんだけど。
今度の相棒は、平成24年式トヨタ・ヴェルファイア。近々別項を起こす予定だけど、これによって仕事と生活のパターンが大きく変わった。納車から3日かけてあくせく動いて仕事に使うための準備をする。料金メーター取り付け&検査、ボディへの文字入れetcetc…。まだまだやる事はいっぱいあるんだけど、これで取りあえずは仕事に使える様にはなったかな。




8月10日
飲み友達のFくんと飲む。珍しく途中からあまり記憶が定かではないんだけど、ふたりで入った3件目のバーで気付いたら数人でテーブルを囲んでて(多分Fくんの友達だと思う)、バーのマスターに「そろそろ閉めるよ」と言われて時計を見たらAM5:00で、うわー久々にやっちまったな、と店の扉を開けたらすっかり明るくて、一緒に飲んでいた人とふたりでいつの間にか降り出していた結構強い雨の中を歩いていて、またねー!っつってぶんぶん手を振って別れた事なんかを断片的に覚えている。多分新しい飲み友達が出来たんだと思う。
来月また飲みに行こ。




8月11日
二日酔いって訳じゃないんだけど流石に1日使い物にならず終日寝て過ごす。




8月12日
20年ぶりに泊まりがけのツーリングに出掛ける。
これ、数年来の本当の悲願で、ようやくこの日が来たなぁって感慨も深くて。まあだからっつって言ってもツーリングだからやる事は走る事だけだし取りあえずエンジンを掛けて走り出す。

国道396号と340号を走り継いで45号に出て、後はひたすら南進する。途中で気まぐれに降り出す雨すら懐かしく愛おしい。
走り慣れた道だけど45号に出てからは時期柄か交通量も多く、市街地では渋滞にも遭遇した。するとLoser号の油温はすぐに上がり、休憩を強いられる事が度々。

んー。

岩手県の田舎道「だけ」しか走らない局地戦闘機ならまだしも、こういう使い方をするならやっぱりオイルクーラーは付けなきゃ使い物にならないね。1日に数百km走る日程を組むと、油温を下げる為に取らなきゃならない休憩に何と走りのリズムを狂わせられる事か。
来年の夏までの課題だなー。




途中で見つけた味のあるドライブインで昼食。海岸線から遠ざかるにつれ上がる気温と湿度にひいひい言いながら宿泊先のホテルに辿り着く。




で、その夜は仙台で高校の部活の仲間と飲み会。僕は個別にはちょくちょく顔を合わせていたけど、集まるのなんてそれこそン10年ぶり。「いつか」「そのうち」とか言ってたらそれこそそのうち死んじゃうからね、珍しく僕が音頭を取って集まった。




馬刺や貝や茶豆や…




穴子の白焼きなんぞをつまみながらビール(ハートランドだった、美味しかった)をぐびぐび飲む。
結構飲んだし料理は超絶美味しかったし(メニューには値段がなかった)、こりゃ下手すりゃ万行くな、と覚悟しながら会計してみればひとり4.000円ちょっととか。この店何なのあり得ない。盛岡にあったなら毎週通うのに。
え?仙台のどの店かって?教えなーい。




同級生がゴロワース吸ってた。一本貰って吸ったけど、いいタバコだったなあ。




8月13日
ホテルをチェックアウトし、国道48号を西進する。日にちも日にちだし、道路は大渋滞。しかも気温は前日よりもかなり高いし日差しも強い。待ち合わせの時間もあるし、普段は滅多にしないすり抜けをしつつ少しづつ距離を稼ぐがいかんせん油温が上がる。Loser号頼むよ、しっかりしてくれよ、とタンクを撫でながらだましだましチビチビと削られる様に進む。
決定的なのは、道路が流れ始めても走っている状態では一度上がった油温が下がらないところ。下がらないんだよ、エンジンを停めて休ませなければダメなのだ。明らかな冷却能力不足。これには参った。

やはりLoser号にはオイルクーラーは付けよう。これしきの暑さでへこたれている様では君とは一緒には走れないよ。僕はまだ盆栽の枝をパチパチとハサミで剪定して満たされるような歳じゃない。僕にもLoser号にもまだまだ伸び代はある筈だ。それを信じて頭を使って行動を起こそう。







待ち合わせの相手は山形の変人。迎え盆の忙しい時期に無理を言って時間を作ってもらった。
奴は、同い年のフリーのメカニック。その腕を信頼され、その人柄を買われて店舗を持たずにその腕一本で食っている。
それこそ今の時代だからオンラインでのやり取りはあったものの会うのは十数年ぶり。相変わらずストイックで真面目で、でも表面はおちゃらけているいい男だった。うん、めっちゃいい男だったなあ。




こっちから押しかけたのに何故か蕎麦をご馳走になりながら(時節柄何処も混んでて四件目でようやく店に入れた、本場の田舎蕎麦、本当に美味しかった)、グダグダと雑談。店を出て灰皿の前で汗をかきながら更に雑談。更にコンビニに移動して雑談するも後ろ髪を引かれる思いで別れる事に。お互い生きてるうちにまた会おうぜ、と再会を約束して別れる。




奴のタバコは僕と同じアメスピだった。いいタバコ。
吸っているタバコの銘柄で(吸っているか否かでも)そいつが世の中とどう付き合っているのかは分かる気がする。僕は酒もタバコも重くてキッツイのが好き。辞める気は今のところない。




山形の変人と別れて酷暑の国道13号を北進する。この日は本当に暑くて、路上にある温度計は摂氏37度を指していた。

片側2車線の右側を走っていると、左車線に荷物を満載したソロで走ってるバイクが見えた。近付くとナンバーの下に何か書かれたプレートを付けている。見れば「ただいま日本一周中」の文字。ははは、昔は沢山いたけどこういうバカ最近減ったよな、と思いながら追い抜きざまに短くクラクションを鳴らし、左手でガッツポーズのハンドサインを出す。
え、よく見りゃ女性ライダーじゃん、ソロで日本一周かよ、ひゅー、やるねぇ、めっちゃナイスガッツ。バックミラーで追えばわざわざアクセルを離して右手を振ってくれている。いい旅をね。お互い無事に家に帰ろうね。




最近はガソリンスタンドの数も少なくなって旅をする上では気を遣う。ま、くっそつまらない話をすればLoser号はプリウスよりも燃費がいいのでそういう意味では助かるけどね。今回の旅でも一度もリザーブには入れなかった。
それにしても西陽が痛い。




これだけ暑いと人間もオーバーヒートする可能性があるので1時間に一本は休憩を入れ、水分を補給する。
ここまでくると旅はもう終盤。疲れて早く家に帰ってシャワー浴びてビール飲みたいって欲求と、永遠に彷徨っていたいという欲求が交錯する。ま、僕は凡人だから結局家に帰るんだけど、そのスパンはもうちょっと長くしたいな。次は2泊3日だな。その後はもっと長く。

なんて言いつつ、横手から湯田経由で馴染みの県道1号に入ると、帰ってきたなぁ〜って気持ちになる。15年住んでもさっぱり好きになれない街だし、大して遠くに行った訳でもないのにね。何なんだろこの気持ちは。
道路の両側で焚かれている迎え火を眺めながらラストスパート、無事帰宅。総走行距離600km。昔は下道オンリーで1日500kmとか普通に走ったから健脚は衰えてるね、でもツアラーのリハビリとしちゃこんなモンだろ。


ああ、でも、また帰ってきちゃったなぁ、この街に。





ちょっと長くなったんで一旦切りますね、続きは明日書きます。







© 2019 Joyride

Theme by Anders NorenUp ↑