水曜日は定期便の仕事が無い日で、事実上の定休日みたいになっている。
今日がまさにその日で、でも微妙に雨予報だったから、雨なら仕事、晴れたら免許証の書き換えに行こう、とか段取ってたんだけど、朝起きたらAM9:00過ぎ。寝坊ですな。やっちまった、昨日ちょっと飲み過ぎたからなー。

天気は雨だったんだけど、街場の仕事が忙しくなるほどの降りかたでもなかったから今日は休む事に決めてニドネ。至福。布団大好き。

で、昼前に起きたらいい感じに晴れてて気温もそこそこ。おーこれは昼飯でも食いに行こー、とPパイセンにまたがり北を目指す。


市内から30分くらいかな、蕎麦所の山形スタイルの蕎麦が美味しい店があるんだよね。思い出した頃にちょくちょく食べに来てる。



蕎麦は太めの田舎そば。盛りもよく、たっぷりのイカ下足天が付いてくる、典型的な山形のワーカーズスタイルの蕎麦。
山形には安い値段でこういう形で蕎麦を出す店がいくつもあって、労働者たちの昼食を提供している。彼の地では値段も安いんだ、蕎麦って値段は少々高いイメージあるけど、500円、600円とかで食べられちゃう。住んでた頃はよく食べに行っていたなあ(ちなみにこの店のこの「盛り天」は800円)。だから気軽に昼食として食べられるんだね。

蕎麦所だからもうちょっとお金を出せば当然もっと美味しい蕎麦も食べられて、まあちょっとした蕎麦天国なのね。山形って。麺好きの僕はいつかまた腹一杯旨い蕎麦食いたいなーって思っているんだけどなかなかその望みは叶えられていない。
あ!そういえば山形の変人に会いに行くって約束も果たせていないなあ。これは近々行けって事か。



帰宅後はクラウンのプラグ交換。時期だったんだよね。前もって新しいプラグは準備してた。
最近のクルマはプラグ交換に滅茶苦茶手間がかかるというのが通り相場なんだけど、このクルマの1TR型エンジンはそれほど大変でもなくて、小一時間で交換作業は終了。この辺は商用車ならではかなー。



9万km走ったプラグはこんな感じ。電極に減りは見られないけど、ガイシは変な色に焼けている。ちなみに付いていたのはデンソーのイリジウム。
それこそ今出来のクルマなので、空燃費調整するとか出来ないから「だから何なの?」くらいに思うしかないんだけど。



新しいプラグはNGK製。何でもLPG車専用のイリジウムプラグなのだとか。
使用限度間近のものを新品に変えたのだから当たり前だけど、エンジンの回り方は少しジェントル?になったし、始動性も少し良くなった。今まで「カシュシュシュ!」で掛かっていたのが「カシュシュ!」で始動するようになったというか。アイドリング時の微振動も少し減った気がする。



で、その後は月に一度のボディコーティング掛け。愛用のBlissを施工。道具の手入れだね。そういう感覚。



施工後はスパッと撥水。気分いいねー。
飲み過ぎて寝坊した割には充実した休日でした。



夜更かしして飲み過ぎた原因はこの曲。

なんか昔から、ヨコチンって◯◯に似てるよねー、ってよく言われて、10代後半から、30代半ばでグレて髪を伸ばすまでの20年近く、それこそ前のエントリに上げた女装写真の頃ね、は、先日鬼籍に入った萩原健一さんに似てるね、って散々言われてた。多分通算100回以上は言われたと思う。
親がそれを嫌がってね、あの通り素行が良くない人だったから。まあ僕だって似ようと思って作ってた訳じゃ当然なかったからどうしようもなかったんだけど。

割と最近、お前どんとに似てるよな、と同級生に言われて。元BO GUMBOSの、故どんとさんね。まあ確かに顔の作りは多少似てるかな程度だけど、どんとさんは好きな人だったからそれは素直に嬉しくて、そお??なんて照れながら返したんだけど。
で、昨晩そんなに似てるかね?という思いもあり、ボ・ガンボスの動画をYouTubeでずっと見てたらこの動画に行き着いて、頭のてっぺんからつま先までしびれた。こんな曲あったんだ、知らなかった。


定期便の仕事中にトンネルに入ると、カーナビが「この先あと何kmでトンネル出口です」というアラートをしゃべる。ある程度の長さのトンネルの出口は、入り口と路面状況が全く異なる事も多いからだと思うんだけど。
冬場だと、入り口に積雪が全くなくても出た途端に圧雪だったり凍結してたりなんて事はザラだし、今時期でもそれまで曇天だった空模様がトンネル抜けた途端に雲ひとつない快晴だったりする事もある。


「やな事があってもすぐに空は晴れるよ」という、氏らしい優しくふわりとした短いMCの後、マイクの前で数秒間気持ちを入れて、どんとさんは歌い出す。


風が騒ぐ夜は
家に帰りたくないよ
みんなねごと言ってる夜は
風が騒ぐ夜は
家へ帰りたくないよ
君を叩き起こしに行くよ
目を覚ませよ

Bo GUMBOS「トンネル抜けて」 作詞作曲 Bo GUMBOS



シンプルでまっすぐなメッセージは聴く人の耳にもまっすぐに届く。僕自身が今抱えている心持ちにあまりに近くて驚いて、これは何のタイミングなのか。多分昨日の夜だけで30回はリピートして聴いたと思う。

イントロとアウトロはキョン氏との心のこもったハモり。演奏のテンションは、伝えたい事があって、それが伝わることを信じている人たちのそれで、それを何回も観た酔っ払った僕は、なんで神様は、フィッシュマンズの佐藤伸治さんやどんとさんみたいなみんなから大切に思われている人ばかり連れて行ってしまうんだ、などと恨み言を言う。
弾き語りヴァージョンの映像もYouTubeにはあって、そのコメント欄に「この曲が好きな人とは絶対に友達になれる気がする」みたいな書き込みがあった。それ良くわかる。





嫌なことなんてすぐには心からなくならないし、長いトンネルの中にいる間は抜けた後の景色なんて想像も出来ない。それは僕自身よく知っている。
それでもやっぱり僕もどんとさんみたいに、やな事があってもすぐに空は晴れるよ、と言い続ける事しか出来ないし、トンネル抜けた空が心地よい晴れ空だったらいいのにね、と心から願うことしか出来ない。


今日も少し酔っ払っているから、書きたいことうまく書けた気もしないんだけど、せめてこの曲の「抜け具合」だけでも伝わるといいなぁ、と思う。