今年の春は早いのだろうか、朝晩はぐっと冷え込むものの、昼間陽射しがあると気温は上がり、末とは言えまだ2月なのに春みたいな陽気だ。空気も澄んでて岩手山も綺麗に見える。
そんなちょっと早い小春日和の日曜日、僕のSRの主治医であるヤマハSR専門店、New Gateさんが2月23日、24日の二日間、隣町の滝沢市ビッグルーフにて開催されたIWATEモーターサイクルショーに出店するというので冷やかしに行ってきた。


気温もそこそこ暖かかったから、それこそバイクで行こうかな、とも考えたんだけど夕方冷え込むのも嫌だな、とヘタレてクルマで行くことに。
と言っても、僕、自家用車持ってないから仕事用のタクシーでね。



会場に着き入り口を入ってすぐのガラスの向こうに、見慣れたスタイルのカフェレーサーが3台。
ここがNew Gateのブースなのね。



会場を一周して分かったんだけど、バイクの展示は基本大きなホールの方でやっていて、我らがNew Gateのブースは他のバイク用品などの出店と一緒のスペースの「アパレル枠」。両隣の出店はライディングウェアとシンプソンのヘルメットを展示販売するブース。
主治医とも話したんだけど、店の個性をアピールするにはかえって良かったのかも。新車は一切展示してなかったし(そもそもこの店は新車のSRを取り扱っていない)。


僕は3時間くらい、仲間とダベりながら会場にいたんだけど、一番反応があったのはこの初期型500SP。エンジンOH、各部リフレッシュ済みの売り物で、かなり真剣に購入を検討しているっぽい方もいた。

なんか主治医、名刺がなくなったから店に取りに帰るとかで30分くらい僕と友達のF君とふたりで店番をしたんだけど、その時にも青森から来たという若い男女二人連れが熱視線を送っていた。

女子「写真撮っても構いませんか?」
僕「あっ、今店主居ないんですけど、どうぞどうぞ」
男子「この子、もうすぐSR納車になるんですよ」
女子「(照れ笑いしながらスマホに保存してある画像を見せてくれる)」
僕「おーそうなんですねー、ここにあるようなカスタムはもちろん、専門店だから整備も完璧にしてくれると思うんで、納車されたら是非遊びに来てください!(勝手に接客)」
二人「はい!」
僕「ホームページもあるんで(と、女の子のスマホで店のWebを開く)。地図ここで見られるんで」
二人「ありがとうございます!」

ダブルのライダースを着た男の子はバンドをやっているそうで、横に置いてあったギブソンのES-335にも興味しんしん。ふふ、暖かくなったら来てくれるといいな。


友達F君のフルカスタムSRも展示されておりました。スペースがなくて上手く撮れてないので、ショップの車両紹介ページへのリンクを貼っておきます。春になったら走りに行こうね〜って誘ったら「ゆっくりのペースでね!」と釘を刺される僕。分かったー。飛ばす時はひとりで走るー。



物販のブースを覗いていたら、マルツ工房さんの出店でカッコいい春物のブルゾンを発見。あーこれ僕似合うやつだ、とすぐにピンときて試着させてもらったら案の定で速攻ご購入。




僕知らなかったんだけど、界隈では有名なお店らしく、店主も滅茶苦茶アクティブな方で、名刺交換したら速攻Facebookの友達申請が来た(着用画像はその方のFB投稿から拝借させて頂きました)。
手作りらしいゆるスカルのワッペンがたまらんわい。



次の日も仕事だし、申し訳ないけど帰るから、と事前に伝えていたものの、ふたを開けてみたら撤収まで手伝っちゃっていた。

楽しい1日でした、今年はめっっっちゃ走ろうと思ってます。早くもっと暖かくなれ〜