Joyride

For the people who want to go somewhere, not here!

ベスパスモールボディ用アンチダイブキットの取り付け

あけましておめでとうございます。今年もこのblogをよろしくお願いいたします。


例年よりは幾分暖かいとはいえ、盛岡の冬はやはり寒い。夜中にちょっと雪が降れば家の前の道路はこんな状況になってしまう。
こうなると日陰の雪は春まで溶ける事はない。西の方の人は聞いた事がない言葉かも知れないけど、こういう雪を「根雪」という。
路面がこうなるととてもバイクには乗れない。暖かい冬はこれでも日差しが当たる部分の雪は溶けるのだけど、四つ角を曲がった途端にそこが根雪地帯だったりすれば即転倒だ。寒さで身体も硬くなっているから怪我をする可能性も高くなる。昔はET-3スパイクタイヤを履いて冬でも乗っていたけど、今はとてもそんな元気はない。あの頃はイケイケだったなぁ。


2019年バイクいじりの姫始めは、伊crimaz社製ベスパスモールボディ用フロントサス・アンチダイブキットの取り付けです。
正直気温も低いし、外で作業するのも気が重いんだけど、何しろとにかく暇。本も読み飽きたし、何かやってないと気が狂いそうになる。
なので重い腰を上げ、めちゃくちゃ厚着して作業を始める。
時間があるから珍しくHow To形式で書いてみる。


キットの内容は至ってシンプル。メインのプレートは厚手のプレス打ち抜き?の鉄板に綺麗にメッキがかけられている。
これを組み付けていきます。


これが取り付け前の状態。
まずはスイングアームカバーを外す(フォークとショックのロワマウントの間にある黒い楕円のパーツ)。
そうすると現れる、フォーク側19mm、ショック側13mmのナットを外す。



普通?ならばこれでキットの取り付けに移れるんだけど、僕のET-3はショックのロワマウントのブッシュの嵌合がキツく(組んだ時に結構苦労した)、絶対にすんなり抜けないだろうと思っていたので、ベアリングプーラーを準備しておいた。


プーラーを使い外していく。やはり嵌合はかなりキツくて抜くのはかなり苦労した。プーラーのハンドルを回すのにも一苦労するくらい。



内側のブッシュも同様に。いやープーラー準備してて本当に良かった。これなかったら無事にバラせていた気がしない。



プーラーを使いながら、こんな高トルクで締めこんで絶対シャフトのネジ山痛むだろ?と思っていたけど、ブッシュが抜けた後ボルトをかけてみると案の定うまくネジ山に噛まない。
一応深刻なダメージは与えていない事を確認しながらプーラーを使ったんだけど、シャフト側のオスねじとナット側のメスねじをダイスとタップで修正。
安物のタップとダイスのセットだけど、素人がたまに使う分には十分。だし、あるのとないのでは大違い。


フロントアクスルシャフト後端のカバーを取る。このカバーは樹脂製で、マイナスドライバーでこじると簡単に外れる。




で、サクッと組み付けて完成。パチパチ。
取り付け前の画像と比べてみると分かると思うけど、フォークとショックの位置関係が変わっているでしょう?


この画像で見るともっとわかりやすいと思う。フォークとショックのロワマウントの間に通っているシャフトが従前のショックのロワマウント。それをフロントアクスルの位置にリロケートして、スイングアームのレバー比を変えるのがこのキットなんだな。


路面がこの状態なのでエンジン掛けての試走は出来てないんだけど、動作感は、スモールボディ特有の、ショックのダンピングが全く効いていないようなぶわんぶわんした動きは無くなり、停まった状態でストロークさせても動きは一発で収まる。家の脇の、雪のないアスファルトの上でエンジン掛けずにブレーキングを試してみた印象は概ね良好。

完璧にアンチダイブ化したか、例えば60km/hからフロントブレーキだけで止まれるか?といえばやはりノーズダイブはするだろうし、今まで通りリアブレーキと併用しなきゃならないと思う。
でも今までの、ブレーキレバーを握った途端に「ガクンっ」と怖いくらいに沈む動きはなくなった。サス自体もレバー比が変わったせいか以前よりよく動くようになった気もする。これは実際にエンジン掛けて走り回ってみないとはっきりした事は分からないけど。雪が少なくなったら少し走ってみます。



作業は、今回僕がゆっくりやって1時間半くらい。ショック絡みで難儀しなければ1時間かからなかったと思う。
そんなに高価な部品でもないので、興味がある方は試してみてもいいかもです。





BAD HOPの新曲2曲。
ガチのレペゼン。こないだ思い付いて数えてみたら、僕は今までの人生で14回引っ越していた。奴らはそんな僕には想像も出来ない関係なんだろうな。文字通り、一緒に死線を越えてきた仲間。
それにしてもみんなワルくていいツラ付きしてるわ。奴ら見てると墨増やしたくなるね。Barkが着てるオレンジ色の”BreatH”Tシャツ欲しい。



Hip Hopに詳しくない僕が聴いても素でカッコいいと思える曲。みんなラップ上手い(と思う)。
Hip Hopって、界隈だけで盛り上がっている感がしてどうも好きになれなかったって話は前にも書いたけど、BAD HOPはそんな垣根をぶっ壊すんじゃないか。そんな期待を持たせてくれる。
11月にやった武道館も8000枚のチケット3時間でソールドアウトだったらしいし、竹中直人がBAD HOP聴き込んでるという、僕のTwitterのTLに流れてきた怪情報も本当の事なのかも。






2 Comments

  1. 明けましておめでとうございます。
    こちらは年明けからずっと比較的暖かかったんですけど、そちらはさすがに寒そうですね。
    学生時代はつるつる滑る道路に悪戦苦闘したのを思い出します。
    今でも地元の学生はよく平気で自転車に乗っているよなあと感心します。
    安物のタップとダイスは、持っていると全然違いますよね。

    • ヨコチン

      07/01/2019 at 08:51

      あけましておめでとう。今年もよろしくね。
      これでも今年は暖冬らしいんだけどね〜、ほぼ家の中にいるからそういうのもあまり実感しないっつーか。笑
      まあ週半ばから動き出しますよ。
      オレくらいの使用頻度だと、タップダイスのみならずそのほかの工具もストレートやアストロのでも事足りるんじゃないかと思い始めてる。つか最近出来いいしね、あの界隈の工具。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© 2019 Joyride

Theme by Anders NorenUp ↑