Joyride

For the people who want to go somewhere, not here!

月別: 2018年12月 (page 2 of 3)

晴耕雨読

 

今年は秋口から初冬までとても暖かくて、今年は前評判通りの暖冬なのかな、と思っていたんだけど、12月に入ってからは例年通りの寒さ。
先週末、週間予報を見たら今週はめちゃくちゃ荒れるみたいだったので覚悟していたんだけど、昨日は朝起きたら外は一面の銀世界。えー、一晩でこんなに降ったんだ!と驚くくらいの量の雪が積もっていた。
家の裏に停めてあるハンドチェンジ・ブラザースもすっかり雪に埋もれている。

朝の7時の時点ではまだまだ湿った雪がバンバン降っていた。20cmくらい積もったのかなー?時間があるうちに物置の片付けとかしたいんだけど、この雪じゃ何も出来ない。
なので、所用や晩の買い物を午前中のうちにやっつけてしまい昼からは家にこもることに。



 

ウガガさんに発注していたワッペンが届いてたんだよね。
このワッペン、カッコいいでしょう?これピアジオ純正なんですよ、以前一度入荷した時にすごくいいな、と思って、あー何かのついでに買おうとかのんびり構えていたら売り切れちゃって。

やっぱり何かのついでとかヨクナイ、とかなり後悔したんだけど後の祭り。パーツならともかくこれはグッズだし、再入荷はないだろうなーと悲しんでいたらなんと奇跡の再入荷。もう速攻発注をかけた。タブレットの画面割れるんじゃないかって強さで「カートに入れる」ボタン押した。

…今回の発注の「ついでに」いつか買おうと思っていた商品も一緒に注文したのは内緒にしておきたい話。まあ僕、小市民なんでね。いつも色々すいません。



それをキャップに縫い付けるのだ。
家の外の大雪を尻目に、晩飯の豚の角煮を煮込みながら、bluetoothのスピーカーで音楽流しながらのんびり作業する。

晴耕雨読だね。北国、特に北東北以北に住んでいる人間は、ウィンタースポーツをやるか、こういう時間の過ごし方を会得するかしないと冬季間の時間を持て余す。
だってこんなに雪が積もったら、ランニングはおろか散歩も出来ないんだよ。西の方に住んでいる人には想像もできないだろうけど、それはそれは閉ざされた時間なんだ、北国の冬は。

布用のボンドで貼り付けたあと、マチ針で位置決めをしてワッペンがズレないようにして縫い付ける。
なんかマチ針の刺し方も間違っている気がするんだけど、それこそ縫い物とか全然わかんないしねー、針の先がチクチクと指に刺さるけど気にせず淡々と縫う。



で、完成です。
んーなかなかやねー。
 



 

キャップはOTTOのスナップバック。かなりイケてるシルエットで気に入った。
メッシュキャップと一口で言ってもホント色んなボディがあって、ここ20年超で両手両足の指の数じゃ余裕で足りないくらいのキャップ被ったけど、配色やプリントがいくらカッコよくても、ほんの数mmの角度や高さや形の違いとかで「なんか違うなー」と感じるキャップの方が断然多くて。やりすぎていたり足りなかったり。
経年変化でヨレる前にヘタっちゃったりね。メッシュキャップ道は奥が深いのだよ。

このOTTOのキャップはクローゼットに眠っていたのを先日発掘し、直後に件のワッペンを見たときに、あーこれ、あのキャップに貼ったら絶対カッコいい、とひらめいた。
タイミングがうまく合ったんだね。こんなにカッコいいキャップが出来たのも何かの巡り合わせなんだろう。



 

キャップとワッペンを発端にしてちょっと話は飛ぶのだけど。

僕は神様も仏様も全く信じていない。おみくじや占いも嫌いだし、スピリチュアルな話も正直好きではない。
でも、奇妙で絶妙なタイミングとか、運命みたいなものは信じていたりする。理論や理屈では説明できない不思議な力を感じる時が、生きていると多々ある。
それは理論や理屈では本当に説明できなくて、軽く、ああオレラッキー、で済ませられるものから、よく考えると背筋が寒くなるものまで、それはポジにもネガにも作用して、僕たちの人生は半ばそういうものに導かれている、と感じる時がある。

「それ」が何なのかは僕には分からない。はっきりと感じるけど、その正体が何なのかは分からないのだ。
なので、その部分について僕は分からないままにしておいている。


反面、何故分からないのか、という事の理由は分かっていて、それは恐らく「信仰」が無いから。絶対なものとして信じるものがないから、オーマイゴッド、でカタが付かないから、僕たち日本人は時に迷い、惑う。人間そんなに強くないのだよ。

物事を分からないままにしておく、答えを出さずにおく、というのは、実際にしてみるとすごくパワーが要る事で、僕を含む少なからずの凡人はその辛さに耐えられずに安易に物事の答えを出そうとする。
将来に対する漠然とした不安、満たされない不満、色恋における相手の気持ちetcetc…。





元号が平成のうちに書いておきたかったのだけど、そういう事が見事に象徴された出来事が、オウム真理教をめぐる一連の出来事だったのではないかと僕は考えている。

重大な罪を犯した信者の多くは、高学歴の、知能レベルの高い人たちだったと聞く。僕の想像だけど、時代に惑い、人生に悩み、運命の不条理に耐え切れず、心底困り果てた挙句にたどり着いたのが安っぽい「信仰」だったのだろう。

いや、本人達はインチキに気付いていなかったんだと思う。というか、当人達にしてみれば、それが本物に見えたからこそそれに身も心も捧げたのだろう。信仰のフィルターを通せば全ての不条理に対して答えを出せたのだろう、その全能感はさぞ気持ちのいいものだったのかなって事は僕なりに想像がつく。まあ当の教祖さまはハリボテもいいところだったんだけど。

そうやって散っていった無垢で愚かな魂には、合掌を捧げることしか出来ないけど。

だし、恐れ多くもあの出来事を他山の石とさせてもらえるのならば、生きるということの一面は、自分の人生を自分の責任において、危うさや不確かさを抱えたままに強さを持って全うする事だと自覚する事なんじゃないのかな、と思う。
 


タイミング、と言えば。
無職で暇だから、実際に買い溜めていた本も読んでいる。これは夏くらいに買った本かな、名著「ロング・グッドバイ(長いお別れ)」の5年後に刊行された、次作(寡作な方だったらしいね)にして、チャンドラーの遺作。
ラスト数頁が「長いお別れ」の続編の体になっていて、まあそういうの全然知らずに古本屋で目について買ったのだけど、あまりに衝撃的な終わり方に、えーーーーーーーマジか、と声が出た。こりゃ確かに問題作だ。

なぜそんな衝撃の展開をこの時期に読まなければならないのか全く意味が分からなかったけど、それが「タイミング」の妙なんだろうなー。ひー。

 

 

一部では有名な動画。
なんかくどい事書いちゃったんで、口直しにワイルドな奴でスッキリしてください。
モーターヘッドの名曲Ace of Spadesに、映画Mad Maxの名シーンをコラージュにして重ねた奴。
著作権の関係でなのか、たまに見られなくなったりもしたんだけど、ここ数年は安定して観ることが出来る。
モーターヘッドのハイボルテージ・ロックンロールとMad Maxの世紀末的世界観は相性が良くて、うおーオレも爆走してー、狂い咲きてーという気分になる。
ある種のR&Rとアクション映画の正しい使い方だね。







最近のベスパ達

11月末に大事な試験があり、その後プーになったものの以前にも増して無事故無違反を続けなければならない状況にあった事もあり、2台のベスパ達は放置状態だった。
11月半ばまではET-3で通勤もしていたんだけど、その後早朝の冷え込みが半端なかった事もあって、正直ひと月くらい乗っていない。
そうこうしているうちに季節はすっかり冬で、今日の早朝コンビニにタバコを買いに歩いた道はこんな様子。寂しいけれどもう今シーズンは終わりかな。

あ、件の試験は、先週無事に合格通知が届きました。おめでとー。パチパチパチ。早ければ年末、遅くとも年明けには新しい環境で仕事が出来そう。

しかしまあベスパは、一応これでもこのblogのメインコンテンツ(一応、ね)という事になっているので、近況報告的に記事を書いてみたい。




久しぶりに家の裏からカーポートの下に引っ張り出したブラザーズ。タイヤの雪が家の周りの状況を表しているでしょう?
気温は氷点下。日差しも当たらないし北風ピープーだし、とても作業なんかする気になれない。



ET-3には今年はよく乗ったし手も掛けたと思う。と言っても走ったのは2.000kmくらいだけど。街が小さいからね、街乗りだけだと一回キックを踏んで走り出した時の走行距離は伸びないんです。
これが通勤が片道10kmくらいあったりすればまた全然違うんだろうけど。


まあ足回りにも手を入れ、そこそこの距離をストレスなく走れる事が分かったので、来シーズン以降はもう少し走りたいところ。



ET-3には最近このオイルを使っていた。PutolineというオランダのメーカーのCASTOR Rという製品。


純ヒマシ油で、混合給油専用なんだそう。Amazonで発見した時、正にスモールボディベスパ用のオイルなんじゃね?とか思った。だって今時動いている混合給油の2ストローク内燃機関なんて、ベスパか、そうじゃなければ草刈機やチェーンソーくらいだろ?
俄然興味が湧き、送料の関係もあって3本まとめて購入。

使ってみての印象は「非常に良い」。値段が倍以上する広島高潤のひましじゃけんにひけを取らない。エンジンの振動が柔らかくなり、高回転までキッチリ吹ける。Amazonのレビューには「低回転でばかり使っているとカブる」的なものもあったが、僕が使ってみた限りではそのような事は一切なかった。むしろ暖まった際の再始動性は良くなった(ひましじゃけん比較)。
排気の香りもヒマシ油特有のいい香りで、ヤマハの青缶のような油くささも無い。値段も今日現在1.188円とリーズナブル。これめっちゃオススメです。




巷で噂の、スモールボディ用アンチダイブキットも入手してある。
これ、ヴェローチェさんのインスタで見て気になってて、そしたらウガガさんのところで取り扱いを始めたので速攻購入。

これ、伊crimaz社の製品。crimaz社って僕知らなかったんだけど、Webを見る限りエクストリーム系のベスパチュナーみたい。空冷ベスパに水冷ヘッド乗っけちゃうような。



こんな感じで付くんだけど、この画像じゃ良く分からないよね、言葉で言うと、フロントショックのロアマウントを車軸の位置にリロケートするというもの。ウガガさんのところの商品ページを見てもらえば仕組みは理解しやすいと思う。で、まだ組んでいないけど、これは効く、という直感。
今日現在ウガガさんのサイトでは在庫なしの様だけど、これは売れるだろうなー。

春になったら組んでインプレ書くんで楽しみにしててください。



Pパイセンはねー、秋以降なかなか登場の機会がなかったのには理由があって。
キャブの調子がなかなか出なくて。具体的には、エンジンが熱を持つと(暖まると、ではない)、スロットルの開け直しの時にひと息付く症状が直らなくて。
これね、書いてなかったんだけど、夏場に走った時にこの症状に気付いてて。スローを何度調整してもこの症状が直らなくて、で、そのうちアイドリング自体が不安定になる時も出てきて。


んー。


これさー、クランクのシール痛んでるのかも、と思い始めて。怪しいよね。
でもすっかり涼しくなった頃に乗った時にはその症状は出なくて、これは来年に持ち越しだな、と。もうちょっと検証が必要かな。もう一度気合い入れてキャブの清掃をして、それでダメならキャブを新品にして、なおかつダメならケース割るしかないね。


で、悶々としながら作業とテストランを繰り返していたら、ん?エンジン周りが変にオイリー?
リアショックからオイルが漏れてきた。ありゃりゃ。ホント簡単には懐いてくれないっすね、パイセン。

あーどうしよう、将来的には社外のショック入れるつもりだったけど、もう少し純正風情を楽しみたかったんだよなー。しかも僕が欲しいショック結構高いし。
取りあえずウガガさんからcarbone製の純正タイプのショックを仕入れた。



で、それが手元に届いてから思い出したんだけど、ET-3から外した純正ショックを捨てずに取ってあったんだった。画像右がcarbone製純正タイプ(無塗装)、左がET-3純正。
リアショックはスモール、ラージ共通部品らしいし、新たに買わなくとも良かったか?うーん。

こんな感じの、改めて書く程じゃない、けどそこそこ深刻で書けない出来事が色々あったのが登場しなかった理由。
まあこれもこういう季節になっちゃたから来春以降だね、くっそー早く春来ねえかな。



我が家のベスパ達の近況はこんな感じです。もっと小出しに記事にすればいいのかな?でも週イチペースで2.000文字程度の分量で書くのに慣れてしまって、2.000文字書けるだけのネタがないと書く気になれない。

今の世にプライベーターが書いているアクティブなベスパブログってどのくらいあるんだろう?そんなに見て回っている訳じゃないんだけど、ひとつだけ更新を楽しみにしているブログがある。

蜂遊記 ベスパ雑記帳

PX200Eに色々手を入れている記録なんだけど、僕が思うベスパブログの理想像。S/N比が適正、というか、ちゃんと芯にベスパがあって、そのほかに雑記的なものがあって。経験値も知識量も僕の比じゃないし、いつも楽しみに読んでいる。

僕のは「N」の比率が高すぎて、自分でも笑っちゃう事がある。というか、このblogはベスパブログじゃないよなもはや。まあ違うものを書く気もないんだけどさ。

みんな違ってみんないい。





パソコン買った / iPhoneのバッテリー交換

家のパソコンが少し前から調子悪くなった。

使っていたのは、iMac(Mid 2011)。僕はMacOSも使っていたけど、メインのOSはBootcampを使ってインストールしたWindows7。
その環境で使っていると、動きのあるサイト(例えばAppleのオフィシャルサイトとか)にアクセスすると一瞬ハングアップする。その後すぐ復旧するんだけど、その症状が出た後はその後しばらくしてほぼほぼブルースクリーンが出てWindowsが落ちる。

ブルースクリーンが出る、というのは、コンピューターが深刻なトラブルを抱えている事の証拠で。げー、と凹みながらエラーコードを見ると「000000116」というもの。調べてみるとグラフィック系の不具合らしい。

確かに、一瞬ハングする時に「AMD何ちゃらが応答していません」的なアラートがこれまた一瞬出ていたなあ、と更に調べてみると、どうもグラフィックチップはiMac Mid2011固有の弱点みたいで。それが分かった時点で買い替えを決断した。だってモニタが映らなくなったパソコンからデータをサルベージするのとか苦行でしかないから。まだ動く時点で新しいパソコンに環境を移行した方が全然賢い。





で、買いました。iMac Retina 4Kディスプレイ。
3.4GHzクアッドコアIntel Core i5モデルにBTOでメモリを16Gに増やし、1TBFusion Driveを組んだ。
安くなかったけどねー、でも僕的にもうWindowsには心底辟易していたのでこれ以外に選択肢はなかった感じ。数年ごとに数万円出してOSを買い替えなきゃならないとか、もう勘弁して欲しかった。だからこの機会にWindowsとは決別することに。

だし、家族全員iPhone使ってるからね、iOSとの親和性はMacOSの方が全然あるでしょう。




今はWindowsでしか走らないアプリってのも少ないからね。僕はほとんど使わないのだけど、妻が仕事でWord、Excel、PowerPointを使うんだけど、それもMacOS用が出てる。それも決別を後押しした。




幸いまだMid2011は動くので、Windowsでしか出来ない作業はそっちでやればいい。という事で、我が家のパソコン作業台はこんな様相に。何屋だ。
ちなみに手前が新しい方。フルサイズのASCIIキーボード使いやすい。
家人ごとにユーザを分けてそれぞれのデスクトップを持つことにしたので、プライバシーも守られ、iTunesでのiPhoneのバックアップも各々で出来てラクラク。この環境にしてから2ヶ月くらい経つけど、家人からの苦情は今の所出ていないので移行は成功、かな。




Retina 4Kディスプレイはめっちゃ綺麗だし、評判があまり良くないFusion Driveも僕的には不満ないし(起動は1分かからない位速い)、使ってみるとiOSとの親和性もやはり高い。新しいパソコンには概ね満足しているんだけど、DVDドライブを内蔵していないのが唯一の不満っちゃあ不満。iTunesに音楽を取り込むのには僕はまだCDを使うから。半ば仕方なく外付けのDVDドライブを繋げている。
CDなんてもうレガシーなメディアなのかも知れないけど、CDでしか入手出来ない音源もあるしなあ。






今年新型のiPhoneが出た時点で、僕は今使っているiPhone SEを壊れるまで使い続ける事にした。
これ以上大きなスマートフォン、要らないし。ジーパンのポケットとかに突っ込むんで大きくなると逆に不便だし。カメラの性能が上がったのはちょっと魅力だけど、僕写真撮るの下手くそだし。新型要らないや、って事で。

で、例の「OSアップデートに旧い機種の動きを遅くするプログラムを仕込んでいた」というAppleの悪事がメクれた禊なのか、知っている人は知っていると思うんだけど、年内いっぱい正規プロバイダでのバッテリー交換が格安で出来るんだよね。そのサービスを行っているうちにヘタっていたバッテリーを交換しようという事で。

交換にかかる費用は、iPhone SEの場合税込み3,456円。前もって予約は必要みたいだけど、40分くらいの待ち時間でその場で作業してもらえる。

注意しなければならないのが、スクリーンにガラスフィルムとか貼っている場合、正規プロバイダでの作業の際にそれを剥がされてしまう事。剥がしたフィルムは再使用出来ないから、事前に代わりのフィルムを準備しておくなりしなきゃならない。
僕、そのルール知らなかったんで、店舗で在庫のフィルム買ったらトータルではあまり安い交換じゃなかった、というオチが付きました。

サービスは年内いっぱいで、もう予約がギチギチに詰まっているという話も聞くんだけど、前もってフィルム等準備しておけばお得なサービスだと思います。情報としては遅いけど、参考までに。





WordPressがメジャーアップデートして、エディタが刷新された。そのテストを兼ねての投稿でした。新しいエディタ、使いやすいかも。
フォントと貼り付ける画像のサイズを自由にいじれるようになったんだよね、なのでパソコンで見ると前回までの記事と若干レイアウト等変わってます。で、今後はこれで行きます。

今、知人の半ば商用のWebサイトの構築を手伝っていて。レンタルサーバーの契約、ドメインの取得、WordPressのインストール等々、習わぬ経を読む門前の小僧みたいに作業しているんだけど、あとはドメインメールの設定だけだ、ってとこまでたどり着いている。

で、そのサイトはせっかくなので公開前に暗号化(SSL化)しちゃおうって事で無料証明書を使ってその旨やっちゃったんだけど、僕のblogもSSL化しちゃおうかなあとか思い始めてて。
こんな極個人的なblogでSSL化とか意味ねーだろ、とも思うんだけど。実際どうなんですかね?その筋に詳しい方々。

まあコツも分かったんで、もしかしたら時間的に余裕がある今の時期に作業するかも。その折には数時間アクセス出来ない時間帯があるかも知れませんがご容赦ください。また、SSL化した折にはその旨アナウンスいたします。








« Older posts Newer posts »

© 2019 Joyride

Theme by Anders NorenUp ↑