Joyride

For the people who want to go somewhere, not here!

Month: 8月 2018 (page 1 of 2)

日々 2018年8月

 

人生の後半を生きるにあたっての準備の準備のため(ややこしい書き方だけどこう書く以外に書きようがない)の勉強会が8月頭から始まった。
試験があるんですよ、法令の。まあそんなに難しくはないとは言うものの素手で受けたらボコボコにされるのは目に見えているので、毎日400頁以上あるテキストを眺め、練習問題を解く日々です。風呂上がりに酒も飲まずにペンを片手に練習問題に向かう父親を見た子供たちは「お…おとうが勉強してる…」と驚愕のまなざしで僕を見る。

確かにこういう姿を家族に見せた事はなかったかも。そもそも昔の話もあまりしないから、娘が僕が一応大学を出ているという事を知ったのも割と最近の話で、その事を知った娘は大層びっくりしてたっけ。

 

こんな僕も一時期は法律の条文を読むのを生業としていた事もあった。基本六法の中では民法を主に、たまに商法。あとはほぼ手続法だったからそっちはまだ読みやすかったけど、現職の頃は民法も商法もカナ書きの文語体だったから滅茶苦茶読み辛かった、というか、解説書がなければほとんど理解不能だった。

民法とか条文に濁点がないんだよね、制定当時、法律の条文はとても神聖なもので、濁点で濁すのを善しとしなかったんだという話を先輩に聞かされた記憶がある。
濁すことを善しとせず、か。確かにそんな格調の高さはビシバシと伝わってきたっけなあ。

 

まあそんな昔を思い出しながら勉強する日々です。

 

 

 

月初に北海道に行った時に借りたレンタカーはホンダのFitだった(現行型の4WD)。今出来のクルマにじっくりと乗る機会もそうそうないから結構楽しい体験ではあった。

ひと言で言うなら「燃費スペシャル」なクルマだったなあ。
動力性能は、1,300ccの4WDのレシプロエンジンのそれ。スペックなりで過不足はない。しっかりしたハンドリングと相まって、北海道のかなり速い交通の流れに乗って走るのは容易。一般道での一日200kmの移動も軽くこなす。そんな状況での燃費は20km/lオーバー。フルタイム4WDでこの数値は素直にすごいと思う。

けど、「サムシング」はまるで無いなー。僕が惹かれる萌えポイントは全くなかった。ロードノイズは大きめで道路の目地を越えた時には「パンパン」という音が大きく車内に響く。タイヤは6分山のDNA ECOSだったけど、音はタイヤじゃなくて車体の造りに由来してるっぽい。
かなり固めの足回りは、舗装の状態のいい道を走っている分には問題ないけど、市街地の荒れたアスファルトの上を走るとローリングが盛大に発生して、同乗者に不快感を与えないように運転するのは骨が折れた。

前述の通り走る曲がる止まるは全く不自由がないのだけど、もろもろ差し引くと何も残らないというか。Theピーズの初期の名曲に「納豆ばかり食っててもいいのか?」ってのがあるんだけど、そんな感じというか。納豆は安いし旨いし栄養もあるけど、毎日毎食食べるのは僕は寂しい、ということ。
自分で金払って買うか?と聞かれたら、うーん、と答えに窮する感じというか。うーん。

 

 

 

先週、縁あって2週間ほどカナダにホームステイをしてきた娘が日本に帰ってきた。
どう?楽しかった?と聞くと、日本に帰ってきたくないくらい楽しかった、と。みんな服装とかも自由で、自己主張全然オッケーで、無理に周りに合わせたりする必要がなくって最高すぎた、と。ほーほーほー。感受性の強いところがある娘は、短期間のうちに見るべきところをしっかり見てきたらしい。

 

で。
その事について一説ぶとうかな、8月の「日々」はこれで行こう、何書こう、と頭を捻っていたら、尊敬するミュージシャンがほぼ毎日書いているblogの今日の記事がこれだった。

 

おこがましい事は重々承知の上で書くけど。
最近僕の頭の中と氏の書く文章がドンピシャでシンクロする事が多い。先日、氏は「生まれ変わりたいとも人生をやり直したいとも思わない」という趣旨の事を書かれていて、その時も震えたんだけど。何故かと言えば、僕が飲みに行って酔っ払うと吐くセリフそのものだったから。

 

そうね、同調圧力。強烈だよね。僕なりに抗っていたら気付いたらここにいたよ、って感じ。
僕に関して言えば、たたかい方は甚だ不細工だったんだろうな、この鴻上尚史さんの文章、若い頃に読みたかったよ、と思ったから娘にも読ませた。娘の感想は、なかなか自分には難しい、というものだった。
そんな娘には100個くらいかけたい言葉あったけど、ひとつだけ、自分にとって居心地のいい場所が何処かって知ることが出来ただけでも貴重な体験だったんじゃないの?と話した。

北海道で息子に話した言葉の趣旨も同じ事だったよね。環境によって住み心地は全然違う、そして君達にはそれを選ぶ時間も自由もあるんだ、という事。
ふたりの子供にはその事はうまく伝えたいなあ。伝わるといいなあ。

 

で、ね。
そんな折、TwitterのTLにカナダのトルドー首相の画像が流れてきた。シンクロは続く。

僕も両肩と左胸にタトゥーを入れているけど、家族以外の他人にはまず見せない。開陳するのはロックフェスとか、まあ許されている銭湯とかでだけだ。何故かと言えば、僕が住んでいる田舎ではそれが致命傷になりかねないからだ。具体的に言えば、意地の悪い近所の人に、職場に密告される、とか、ね。くっだらねえ、と思うけど、失職したら僕はともかく家族に迷惑がかかる。そういう空気を肌で感じているから。会社の車で家に帰ってきたりしてるからねー。

いや僕の仕事なんて全然大した仕事じゃないんだけどさ、でも彼の国では首相がモロ出しですよ、どうなのこの自由さ加減は。

 

まあ鴻上さんも書いていたけど、日本には日本の良さがあるんだろうけどね。カナダにはカナダの辛さも。きっと。
だし、ここまで来たら僕はこのまま行くけどね、鍛錬の成果もあるのか、俯瞰して見れば同年代にしてみれば今は同調圧力的なものからは全然自由なはずだし。実際辛さも最近はほとんど感じない。
あとは心の中に楽園を作って、来るもの拒まず去るもの追わずでやっていくだけかなー。

 

 

グッドバイ・アンド・ハロー。ふふふ。

 

 

 

 

 

 

P200Eの整備 その3

7月某日、すっかり完調にしたつもりでいたP200Eに乗ってテスト走行も兼ねて隣町までラーメンライド。
暑い日だったんだけどまあ調子は良く、往復30kmの道のりを無事走り切り帰宅。あー暑い暑い、と玄関の前にPを停め、ヘルメットを脱ぎ、家の中に入り烏龍茶をコップ一杯イッキ飲みし、タバコを一服してから家の外に出るとなんかガソリン臭い。ん?なんじゃ??と思いPの右側に周りエンジン辺りを覗き込むとガソリンがダバダバ漏れている。うわーあぶねーっつって慌てて燃料コックをoffに。

げーマジか。しかし良く無事に帰って来れたな、と結構凹みながらタンクキャップを開けてみるとガソリンが異常に減っている訳では無い。家の近くで何らかのトラブルが起きたのか、まあ燃えたり押して歩いたりしなくて済んだんだがそれにしても気分は良くない。

 

フロートニードルは新品にしてあるので、考え付く原因はフロート本体か、フロート室上側とニードルの相性が悪いか。ニードルの受けの部分にゴミを噛んでいる?取りあえずまた開けてみなきゃわからないね、凹み過ぎていてその日は何もする気が起きず、そのままPにはカバーをかけてウガガさんにフロートとニードルその他部品を発注してフテ寝した。

 

その間、前回書いた北海道旅行を挟んでまたまたキャブをバラす。もう見慣れた絵だね。
フロート室上側を外すべく、燃料ロスピゴット(燃料ホースが刺さる部分)のボルトにレンチをかけると、あれ?緩んでる??おまけに良く見るとホースが組んだ時よりロスピゴットから抜け気味になっている。この辺はしっかり組んだはずだったのに。
コックをonにしてみれば当然そこからガソリンが漏れてくる訳で。なんでかなあ??と思いながら色々確認してみると、どうも燃料ホースの長さが短く、引っ張る方向に応力が掛かっていた様。ここもかなり注意して長さを決めた筈だったんだけど、結果として今現在短いんだから修正しなきゃしゃーない。
またタンクを外して余裕を持った長さでホースを組み直す。

 

せっかく入手したフロートは、ついでなんで交換する事に。古い方はガソリンで焼けてすっかり変色している。新しいフロートにはDELLORTO SPACOの刻印がある。デロルト純正品と考えてもいいのかな。

 

新旧比較。ニードルを引っ掛けるスリットの向きが90°変わっている。僕は学生の頃物理苦手だったけど、フロートの動きを考えると新型の方が理に適っている様な気がする。
古い方はスリット付近にバリが出てるね、カッターで修正して部品ストック箱の中に入れた。

 

さて、これでバッチリだろう、満を持してテストラン。うん、調子はバッチリだ。アクセルoffやパーシャルからの開け直しでも息付きする事も無く、上まで綺麗にキッチリ吹ける。プラグ(BR6ES)もこんがりキツネ色に焼けている。カブりも全くない。

盆明けの空気はもう秋の気配で、Tシャツだけだと少し涼しいくらい。でも空冷のオートバイにはこのくらいの気温の方が優しいのだろう。田んぼの中の田舎道を、流れに乗ってのんびりと流すのは大層気持ちいい。旧い造りの空冷2ストローク単気筒エンジンは決して乗り手をせかす事なく、穏やかなパルスで回り続ける。改めて思うけど、これ滅茶苦茶いいバイクだ。仲間みんなに勧めたいくらい。でも田舎にはベスパを整備出来るショップが無いんだよなあ、悲しい事に。

 

と、秋風に吹かれ走りながらふと昔を思い出す。バイクに乗り始めた頃、初めて自分でいじったのがキャブレターだった。友達4人くらい集まってみんなでバラしたっけ。
特に調子悪くなかったのよ、みんなのバイク。でも自分で触ってみたくて、わざわざ工具買ってバラして、で、却って調子悪くしてね。笑うよね。キャブクリーナ-が目に入って悶絶している奴もいたなあ、そう言えば。

なんか、あの頃からなんにも変ってないなぁ、こうやって考えると。やっている事も、興味を持つ事も。もう30年以上前の事なんだけどね。その割にスキルがさっぱり上がっていないのはご愛嬌だけど。
ここまで来たらもう死ぬまでこのまま行けるかな、あの頃はそれがひとつの夢だったから。

 

行けるといいなあ。

 

西陽を浴びるハンドチェンジ・ブラザーズ。これからもよろしくね。

 

 

 

以前シェアしたライブ動画が、悲しい事にいつの間にか閲覧出来なくなっていたのでオフィシャルのPVを。と言っても、アップロードしたのはどうやら公式じゃないけど。
このテイク、レアトラックって訳じゃないけど、オリジナルアルバムには収録されてないし、多分当時7inchシングルオンリーのリリースだったんじゃないかなあ?活動休止後に出たベスト盤的なのには入ってるのかな?僕はこのテイク、CDでは持ってない。VHSのビデオテープでは持っていたけど、今ではそれを再生する機器がない。

秋口になるといつもこの曲を聴きたくなる。少し物悲しいけど好きな季節だなあ。

 

 

 

 

 

北海道紀行

8月の頭に、息子とふたりで北海道に行ってきた。
進学希望の息子は高校2年生で、志望校のひとつである北海道の大学のオープンキャンパスに行きたいんだ、とある晩妻に告げたらしい。

超マイペースでのんびり屋の息子から「何かをしたい」と言い出す事はきわめて稀で、妻とふたりで「これは連れて行かないわけにはいかないな」と、議論の余地なしで北海道行きを決めたのが約ひと月前。それからバタバタと準備をするも、ここ数年旅行らしい旅行をした事がない僕は何かと手際が悪く、毎晩パソコンに向かって色々な事を調べる日が続いた。

目的地は帯広。え?帯広に空港ってあるんだ?とかそのレベルから調査を開始し、半月かけて日程と行程を決めた。時間も無限にある訳じゃないからね、それと予算を天秤にかけて決めたのは、いわて花巻空港から飛行機で新千歳空港に飛び、そこからレンタカーで帯広を目指す、という旅路。

僕自身は30年くらい前バイクで旅した事があるんだけど、息子にとっては初めての北海道、どうせなら多少は北海道らしさも味わって欲しいな、という思いもあり。それなら陸路もある程度走った方がいいでしょ。

 

日にちは進んで出発の日。クラウンに荷物を積み込んでいわて花巻空港を目指す。我が家からは50分弱くらいの距離。田舎の空港は駐車場が無料なんだよね、何日止めても。

花巻からは格安航空会社の便は飛んでいないのでお大尽にJALを使う。例えばこれが家族4人での旅だったら、仙台空港まで戻ってLCCで飛んだ方が安いんだろうけど、ふたり旅だと仙台経由で行く時間と労力に見合うくらいの節約にならなかったんだな。

 

僕、飛行機乗ったの多分10年ぶりくらい。俺、窓際の席がいいとか言っといて離陸から5分でシエスタを始めた息子の頭ごしに撮影。1時間弱であっという間に新千歳に到着。

 

ささっと予約していたレンタカーに乗り込み帯広を目指す。と、走り始めてすぐに対向車線から戦車が走ってきた。げ!でけぇ。千歳に駐屯地があるんだね。でも路上で戦車はびっくり。本州では考えられない。早速北海道の洗礼を受けた感じか。

 

R274をしばし東進、動物好きの息子がヒグマが見たいというので途中トマムのベアマウンテンに寄った。
R274は30年前も走ったはずだけど、舗装が随分痛んでいたなあ。数年前にひどい水害にやられて結構長い事通行止めだったらしいね。

 

がおー。

 

スポイルド・ベアーだとは分かっていても間近で見るとど迫力。
休憩室に森でクマに出会った時の対処法、みたいな文章があって。曰く、走って逃げるのは絶対にダメらしいね、両手を広げて「まあ話せば分かるよ」的な身振りで後ずさりするのが正解なのだとか。
まあいざとなったらなかなかそんな冷静な行動取れないんだろうけどね。

 

その日は帯広市内のビジネスホテルに泊まった。観光のハイシーズンだし、宿を取るのは滅茶苦茶大変だった。ひとり一泊2万円とかの部屋しか空いてなくて、かと言ってそんな部屋に泊まれる訳ないし。必死で探したらちょっと郊外に安いホテルを見つける事が出来て。
疲れてたんで、サッポロクラシック飲んだら即夢の中でした。

 

2日目。ホテルで朝食を食べて、いざオープンキャンパスへ。

 


敷地が広くて緑が多く、綺麗なのが印象的なキャンパスだったなあ。

 

白樺の木立のなかにベンチがあったり。ちょっとした公園よりも居心地がいい。

 

 

午前中は息子とふたりで学内をうろうろ。大学の敷地内にある寄宿舎も見学させてもらった。
僕も学生の頃は学生寮で暮らしていて、共同生活の良さというのは身をもって良く分かっているんだけど、なんかそんな良き昔を思い出すような空間だったなあ。ビール瓶がケースで積んであるし、炊事場に行けばきったねぇ炊飯ジャーが並んでるしさ。
案内してくれた寮生に「寮生活、楽しい?」と聞けば、破顔しながら「滅茶苦茶楽しいっす!」。だよな、雰囲気で分かるよ。

なんかこの学校、いいかも。

 

午後は息子がフィールド(学内にある牛舎など)を見たいというので別々に行動。僕は僕が知りたい事を求めて学内をうろつく。
と、オープンキャンパスとは関係なく敷地内で炭火で燻製を作っていた数人の学生のグループを発見し、早速ナンパする。

 

どう?学校楽しい?
「あーまあ楽しいっすねー」
みんあ県外から来てんの?
「そうっすね」

ってな具合に色々質問してみた。
実習でやるからというのもあるんだろうけど、牛舎での搾乳のアルバイトとかあるんだってね、単発日雇いの農作物の収穫とかも。ほーほほー。めっちゃ楽しそうじゃん。学びの環境もだけど、住環境も良さそうだ。

 

結局15時過ぎまでキャンパスで過ごし、その日の宿泊地の富良野を目指す。

 

僕は以前から北海道にはいい印象を持っていたんだけど、それがいい意味で裏付けられたので、道中、押し付けにならない様に注意して僕の考えを息子に話した。

 

 

お父さんは若い頃、そういう視点を持てなかったんだけど、今は苦手な事を無理してやりながら生きなくてもいいと思ってるんだよね、いやそりゃ時には頑張らなくちゃならない時も我慢しなきゃいけない時もあるし、パラダイスみたいな場所がこの世にあるとも思ってないんだけど、ちょっと工夫して視野を広く持つだけでより良く暮らす環境は自分で選べるとは思ってる。帯広、同じ日本の中だってこんなに雰囲気違うんだぜ?それは感じなかったかい??etcetc…

 

 

息子は、そんなモンなのかねぇみたいな顔をして聞いていたけど。将来、そういえばあの時おとうがあんな事言ってたっけなぁ、なんて思い出してもらえたら嬉しいな。

 

超絶快適でペースの速いR38をひた走り富良野へ。

晩飯にカレー食べてたら(旨いカレーだった)、腕に墨入った女の人に「いいTeeシャツ着てますねー!」と話しかけられた。これも僕が住んでいる土地ではあり得ない事だよー。

 

最終日はちょっと富良野、美瑛辺りをぶらぶらして帰る事に。初めは札幌を見る予定だったんだけど、街を見るよりは北海道らしいトコ見た方がいいのかも、と予定を変更。

 

男ふたりで花畑でソフトクリーム食った。

 

最後まで天気には恵まれたなあ。

 

そして道路はどの道も最高だった。

 

絶対にまたバイクで走るー。さすらいもしないでこのまま死なねぇぞ。

 

 

 

この旅の道中、頭の中でずっと流れていた曲。シルバラード、という語感と北海道の大陸感がマッチしたのかもね。
このBlack Dubセッションはいつ、どの曲を聴いても本当に素晴らしい。何度聴いても飽きることがない。

 

 

 

 

Older posts

© 2018 Joyride

Theme by Anders NorenUp ↑