Joyride

For the people who want to go somewhere, not here!

日々 2018年6月

月曜日、仕事中に同僚から、住んでいる土地が梅雨入りしたらしいという話を聞いた。盛岡の一番いい季節が、なんだか大した事しないうちに終わってしまった気がしてちょっとがっかりした。
反面、何事も無く、順調に時間が過ぎている事に安心したりも。

ええ、毎日大人しく過ごしておりますとも。前回の記事に書いた通り、事故違反揉め事もろもろすべてNGな状況に置かれているので。
実はそのミッション、僕を含めて3人が挑んでいたのだけど、先日一名が脱落。ぐっすり眠っていたところに掛かってきた電話でその事を知らされた僕は、ええええええええマジでか!と震え上がった。眠気なんて瞬時に吹き飛んだ。いやマジで。思いっきりビビった。
正直な話、前回の記事書いた後、やる事しっかりやって楽しむ事しっかり楽しんでその上でクリアしてやるぜ、位の思い上がりもあったんだけど、これは相当気を引き締めて日々を過ごさなければならないのかも知れない。

ましてや当事者は僕だからね。
僕、ダメなんだよね、これだけ気を付けてても。今までもずっとそうだったから。運転に関しては、何処でスイッチ入るかわかんないというか。SRなんてそんなにスピード出るバイクじゃないけど、僕、過去にこのバイクで2回捕まってるからね、スピード違反で。
いや~普通捕まんないでしょ、とも思うんだけど、僕はその辺(悪い意味で)普通じゃないんだな、きっと。
そういう己を良く理解した上でないと自分自身を信用も出来ないよね。危ない運転をしているつもりは毛頭ないんだけど、こればかりは結果が全てだから。

 

そういや書いてなかったけど、シーズンインするタイミングでSRのマフラーを交換したんだった。ホワイトブロス製メガホン。サイレンサーはスーパートラップ(←数少ない僕のこだわり)。
逆にあまりスーパートラップが好きじゃない主治医もこれだけは唯一好きらしい。エキパイもサイレンサーもスチール製で、アルミ製やステンレス製のスパトラとは違う音が鳴る。
とうの昔に絶版になったマフラーだから新品なんて買えなくて、スチール製だから中古もなかなか出てこない(錆びちゃうからね)。ずっとオークションに網を張っていたんだけど、まずまずの程度の物が格安で出てきて。
本当はエキパイもクロームなんだけど、黒く塗られている。下地の錆も大したことないから気が向いたら再メッキに出すかも。
ルックスもバランス良くなったね。

 

日曜日、年2回行われる恒例のショップのツーリングがあって、今回も20数台のSRが集まった(詳細はショップブログをどうぞ)。事前に行く約束もしてたし、まあみんなと走ってる分には大丈夫だろう、あまりスピード出すツーリングじゃないし、なんて思って参加したんだけど。
だし、僕にとっては貴重な「他のバイクと一緒に走る」経験が出来る機会なんでね、出来るだけ都合付けて参加するようにしている。野良人間は気付くといつも単独行動を取っているから、たまにこういう機会がないと自分と自分のバイクを客観視出来なくなるというか。
ん?客観視なんて別にしなくてもいいのか?いや、お前は少しはそういう作業した方がいいと思うぞ(僕の心の声)。

最近このショップのお客さんは若年化が進んでいて、今回は20代の青年3人が初参加。イイネ。でも僕はもうすっかりチームおっさんの部類。はぁ。まあ仕方ない。

初参加三人衆のうちのひとり、金髪の、元気良さそうなコとちょっと話になって。
「SRが初めてのバイクなの?」
「あーそうっすね~」
「若いのになんでまたこんなアナログなバイク選んだの?」
「マンガに出てきて、それがカッコ良かったんですよ」
「え、SRが出てくるマンガって、ひょっとして…」
「ええ、特攻の拓っす!」
「おー!セロニアス天羽か!ルシファーズハンマー!」
「ですです!」
「おお~なるほど」

そういや僕もバイクに興味を持ったきっかけは、当時若者に絶大な人気を誇っていたマンガ「バリバリ伝説」だったなぁ。懐かしい。

 

まあ無事に行程終えて解散になって、時間も早かったし解散場所が広い駐車場だったからちょっとした試乗会みたいになって。僕も仲間内の有名車、ロッカーズY君のバリバリのカフェ仕様に乗らせてもらった。
ポジションは乗ってみると見た目ほど強烈じゃないけどやはり僕にはちょっとキツい。首がね…僕、身体固いから。
でもものすごく良く造られた、手入れも行き届いたとてもいいバイクだったなぁ。CRキャブのフィーリングも車体ととても合っていたし。

 

 

そんな訳で、天気のいい今日も大人しくバイク磨き。
僕はSRを洗うのに水は使わない。雨の中を走ってよっぽど汚れた時は局部的に水使う時もあるけど、基本僕は雨の日乗らないからそういう機会もなかなか無い。
で、何使ってるの?と聞かれれば、コレ。フクピカ。SRは塗装面が少ないから(タンクとサイドカバー位)、僕はコレが一番使い易い。
洗浄成分が入った厚手のフェイシャルペーパーを想像してもらえるといいかと思う。フクピカで車体に付いた埃をざっと拭い、乾いたウエスで拭き上げるとあっという間にクリーンアップ終了。アルコールが入っているのかな、リアホイール周りに散ったチェーンのオイルなんかもサッと拭くだけで綺麗に落ちる。

 

金属部分の磨きには、今までネバダルを使っていたんだけど、評判のいいホワイトダイヤモンドを使ってみる事に。
フェンダー等面積の広いステンレスを磨くのにはネバダルより使い易かった。液体なんでウエスに付けてがーっと磨けるから効率いいと言うか。
ただ、メッキに浮いた細かいサビなんかはネバダルの方が使い易いね、ちょっとしたボルトの頭とか、ヘッドライトカウルやミラーなんかは。まあ併用していこうと思う。

ただ、ホワイトダイヤモンド、ものすごい香料が入ってて、ココナッツの香りが強烈に香る。使ってて少し具合悪くなった。これ絶対アメリカ製だろ、と思ったら案の定。アメリカ人って甘い香り好きよね。
まあネバダルも溶剤系の匂いが結構するからこれもどっちもどっちかな。

 

磨き終わったら、ワコーズのバリアスコートでコーティング。これで再び金属の表面が曇るのをある程度遅らせる。

 

…と、作業をしていたら宅配便が届き。昨日発注したベスパのパーツだ。ウガガさん対応早っ。
ET-3のテールランプがまた切れちゃって、もう在庫無かったからその他の部品もまとめて発注したのだ。

 

我が家に来てから13年位になるのかな、その間一度も洗車した事がないET-3。サビ水の垂れ方とかもはや芸術品の域。素敵。
綺麗な乗り物も好きだけど、キズやサビだらけのポンコツも大好き。まあ僕自身それなりのポンコツ人間だしね。事故歴アリ、走行距離過多、各部は年式相応にヤレている。でもそれでいいや。アンチエイジングなんてくそくらえだ。

 

艶がすっかり引けた旧型テールレンズ。たまらんな。
紫外線でなのか、部分的にクラックが入ってて今にも崩壊しそうな雰囲気なんだけど、新品付けたら雰囲気変わっちゃうから大事にしてます。
テール球も変えたからまた明日から通勤に使えるな。うしし。

 

今回頼んだのは、ワイヤーやバルブ、ガスケットといった消耗品の類と、長い事ウガガさんのところで欠品していたコック外しのSST他。
スタンドゴムはラージ用だね。
ベスパに乗った事ない人には想像も出来ないだろうけど、クラッチなんて日によって握りのフィーリングが違うからね。スパッと切れてシフトもスコスコ入る日もあればそうじゃない日もある。
で、そろそろクラッチ、シフトワイヤー位は交換してやろうかなって。出先で突然切れて往生するよりは、ね。

 

 

そんな日々です。まあぼちぼちやってます。

 

 

 

 

6 Comments

  1. 先日はお疲れ様でした。
    CRが「自然な加速」という言葉が印象的でした。
    また色々教えてくださいね。
    そしてやたらと程度の良いベスパの増車!
    おめでとうございます!

    • ヨコチン

      25/06/2018 at 11:19 AM

      Y畑君、おはようございます。
      あの後、感覚を思い出しながら色々考えてたんだけど、マフラーがストレートパイプなのもあんのかな??とか思ったな~
      今度オレのも乗ってみてよ、TMR-MJN+スパトラ、同じエンジンでも全然フィール違う。面白いね。
      ベスパ…やっちまいました。流石に3台持ちは大変だけど、まあベスパだけで5,6台持ってる人も居るからな~
      取りあえず人間の方も身体が3体欲しいです。笑

      • 確かに。
        スパトラだと余計に排圧の影響もありそうですね。面白いです。
        TMR-MJNは憧れの一つでありながら未経験です。
        ありがとうございます。乗ってみたいです♪
        ベスパも奥が深くて面白そうですね。
        色やヤレ具合も絶妙。それを引き当てるとは素直に羨ましいです!
        いつも忙しそうですが、健康な身体で走るためにもほどほどにです。

        • ヨコチン

          25/06/2018 at 4:59 PM

          加速ポンプの音がピヨピヨうるせーけどいいキャブよ♪>TMR-MJN
          今度是非乗ってみて~
          ベスパ、奥が深いというか、未だに無尽蔵に部品が造られててね。世界中に愛好家が居るみたいで。
          身近にプロショップがあればホントみんなに勧めたいくらい運転も楽しいし。
          つか、頑張って楽しまないと、いつまで乗れるか分からんからね。フィジカルな趣味が体力的に出来なくなるのはそんな遠い将来じゃないんだよな、これは真面目な話。

          • 走ってくるとピヨピヨ音で「お!加速ポンプだ」って思っちゃいます。
            FCRを選択しない所や、MJNってところがまたいい!
            空冷VWやクラシックミニもそうですが、そういう愛好家の多い乗り物ってどれも魅力があって好きなんです。
            まだまだヨコチンさんのお話聞きたいですし、一緒に走りたいのでこれからも健康でいてくださいね。
            私も頑張ります(笑)

            • ヨコチン

              26/06/2018 at 10:31 AM

              あの音ね、乗ってるとやかましいわい!って思う事もあるんだけどね。笑
              そうね、昔乗ってた空冷VWと楽しみ方のツボは似てる。実際当時の仲間でVWの前にベスパやラビットを愛でてた人もいるし。
              まあ喫煙や過度の飲酒もするっちゃするんだけど、これでも日々のストレッチは欠かさないし、休みの日は必ず5kmくらい走ってるのよ。バイクを少しでも長く楽しめる様に。
              一番キツイのは視力かな、動体視力は年々落ちてきてる。これは何ともならないね。ゆっくり走るさ。ありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© 2018 Joyride

Theme by Anders NorenUp ↑