Joyride

For the people who want to go somewhere, not here!

Month: 4月 2016 (page 1 of 2)

迷惑メールと闘ってみた

meiwaku

僕がこの世の中からなくなっても構わないと思っているものの一つに、スパムメールがある。
一説によると、世の中で発信されるメールの約95%はスパムメールなのだそうだ。僕が10年以上使っている、プロバイダから提供されたメルアドに届くスパムメールは、一昔前は出会い系サイトや裏DVD販売サイトへの誘導が多かった記憶がある。
最近は違法B-CASカードやバイアグラ(共に違法、しかも詐欺の可能性も限りなく高い)の販売が主で、まれに出会い系やアフィリエイトといった感じ。

前述の通り、僕が契約しているプロバイダから提供されたメルアドは10年以上使っている。昔、HTMLを書いてFTPでアップロードしていたホームページを運営していた頃は、そのサイトにmailtoリンクを貼っていたし、ヤフオクだって今のような取引連絡なんて便利なツールはなく、出品者と落札者の連絡には電子メールが使われていた。
だからメルアド回収業者なんかは回収し放題だったのだろう、一時期は1日に50通くらいスパムメールが届く日も珍しくなかった。フリーメールなんかと違って、生きているプロバイダメールは業者間でも価値あるものだろうし。
プロバイダメールで使っているメールクライアントはThunderbirdなんだけど、こいつの迷惑メール判別能力はかなり正確で、一旦受信した後「迷惑メールを一括削除」というタスクで一括で全てゴミ箱に送っていたのでまあなんとか長年使ったメルアドを使い続けられたんだけど。

 

一時期、そんなスパムメールが激減した時期があった。急に、半減どころか1/3以下に減った。多分、法整備がなされたんだろうなあとは思っていたんだけど、調べてみたら案の定、平成20年に「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」が改正されて、罰金が大幅に引き上げられていたようだ。
一年以下の懲役または100万円以下の罰金(法人は3000万円以下の罰金)だから、根性のない業者は芋引くわな。
それでも一部の業者からは10通/日程度のスパムメールが毎日届く状況が続いていた。

日本には、総務省から委託を受けてスパムメールを収集する「迷惑メール相談センター」なる組織が存在し、それを元に総務省が業者に行政処分を課すというシステムがある。
存在を知ってから3カ月くらいかな、毎日僕のもとに届くスパムメールをしこしこと迷惑メール相談センターに転送していた時期があった。どのくらい効果があるのか分からなかったけど、まあ暇つぶしがてらに、酒飲みながらPCの前で作業していたんだけど、ただ転送するだけじゃすぐに効果出ないんだよね、全く減る様子がなかったから、そのうち飽きてその作業もやめてしまった。

 

が、先日から使っているiPadにもスパムメールが届くようになって。iPadのメルアド、設定したばかりで誰も知らないはずだし、明らかに機械的に@以前の文字列を生成して送ってくる業者の仕業なんだろう(そういうソフトが存在するらしいです)。
どうせまだ何にも使っていないメルアドだし、何かあってもアドレス変えればいいや、いい機会だ、と思い、以前から気になっていたスパムメール撃退方法を試してみることにした。

それは、迷惑メール相談センターに転送するメールのCcに、スパムメールの送信元アドレスを入れるというもの。
これは、業者にこのアドレスは生きている、と教えることにもなるので、諸刃の剣なんだよね、だから一応大事に使っているプロバイダメールでは試せてなかったんだけど。iPadのメールはヤバいことになったらアドレス変えてしまえばいいし。

具体的には、以下の文章を添えてスパムメールを迷惑メール相談センターに転送。Ccと文章には迷惑メール業者の送信元のメルアドを。
業者に「このアドレスの主はメンドクセェ奴だぞ」と思わせるのが目的です。

 

受信日時:2016年○月○日
送信者アドレス:(迷惑メールアドレス)

(財)日本データ通信協会 迷惑メール相談センター
ご担当者様

不同意広告宣伝メールのご報告させていただきます。
ご対応のほどよろしくお願いいたします。

 

 

この方法で2週間くらい迷惑メール業者とやりあってみたところ、iPadへのスパムメールは全く来なくなった。喜。
業者の中には、Mailer-Daemonを模した「このアドレスに返信してもダメですよ、こちら(メルアド)に送ってください」というメールを即時に返信してくる奴もいたけど(そういうスクリプト組んでるんだろうね)、それも同じ方法で相談センターに転送。とにかく転送。そうしたらここ10日以上、スパムメールは1通も届いていない。これはこの方法には一定の効果があると考えていいだろう。業者だって3000万の罰金は怖いだろうしね。

 

気を良くした僕は、パソコンのプロバイダメールアカウントに届くメールにも試してみることにした。
これは、残念ながら効果がなかった。
僕のところにスパムを送ってくる業者(3〜4つの業者)は送信元を詐称しているようで、または送ったアドレスをすぐに変えてしまうようで、相手にこちらの「通報したぞコラ」というメッセージを届ける事が出来ないのです。これはお手上げ。

そこでいい機会なので、プロバイダの迷惑メールフィルタを強化してみた。
僕はKDDIのプロバイダを使っているんだけど、今、この手のフィルタも優秀なのね、必要なメールがスパムと判断されたりしたら困るので、数年間、スパムと思しきメールの件名に[meiwaku]というマークを付ける、という設定で運用していたんだけど、ほぼ誤判別はなかった。なので、プロバイダの方でスパムと判断したメール(今まで[meiwaku]マークを付けてくれたメール)を全部破棄する、という設定に変えちゃってもいいかな、と。
これが効果抜群。ほぼスパムメールは届かなくなりました。喜喜。

 

 

スパムメール業者なんてものすごくくだらない仕事だと思うけど、世の中自分が価値あると思ったものだけになることなんてないよね。
逆にそんな世の中怖いしね。
だったらその都度、自分の方で対策を講じていくしかないよね。そんな地味な闘いの記録でした。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

The I don’t Caresを聴こう

写真 2016-04-10 18 20 24

ものすごい久しぶりに新譜のCDを買った。The I don’t Cares / Wild Stab。元リプレイスメンツ(もうこの冠いらないかな)のポール・ウェスターバーグとジュリアナ・ハットフィールドのユニット。
僕が好きなミュージシャンが自身のblogで紹介してて、一聴して一発で気に入った。

 

 

もう最近は新譜のCDなんて滅多に買わなくなったんだけど、たまにあるんだよね、一年に一度くらい。こりゃ買わなきゃならねぇべ、って聴いた瞬間に感じる音楽との出会いが。
今回は、その衝動も相当なものだった。もう速攻Amazonでワンクリックで購入。だいたい中二日くらいで届くのが通例なので、毎日Amazonからの発送完了メールが届くのを、好きな女の子からのメールの返事を待つティーンエイジャーみたいにドキドキしながら待っていた。

ところが、待てど暮らせど彼女はメールを送ってくれない。5日が過ぎた頃、これはおかしい、と思い、注文履歴を見ると、なんとこのCDは「お取り寄せ商品」で、発送までに3週間くらいかかるとの事。がーんとショックを受けた僕は注文を速攻でキャンセル(この時少し酔っ払っていた)。

で、他のWebストアを探したんだけど、驚くことに、タワーレコードでもHMVでも在庫なし。ディスクユニオンに至っては取り扱い自体が無いようだった。要は、このCDは日本に輸入されてきていないという事だ。マジ?ポール・ウェスターバーグの新譜だよ?

愕然としたが、そういう時代なんだな、これでもまだ日本はCDというフォーマットで音楽を買う割合が世界でも図抜けて高い国だという統計をどこかで見た事があるけど、そんな国にもポールのこのCDは輸入されていない。数年前なら考えられなかった事だ。
仕方なくタワーレコードのWebストアで注文し、大人しく届くのを待つ事に。#ちなみに後日、iTunesストアを見てみたらしっかりそこではダウンロード出来るみたいです。時代だなぁ。

04edb801

こんな二人のユニットです。もじゃもじゃ髪のおっさんと、若干トウが立ったR&R姐御といった風情。僕はこの画像だけでもうたまらん。
で、先日ようやくCDが届き、毎日何度も聴いているんだけど、いいわぁこの二人。CDを手にするまでに紆余曲折があったから余計に感じる。色恋は障害が大きければ大きいほど燃え上がるのだ。恋の相手は冴えないルックスのおっさんだけど。
だいたいユニット名がカッコいい。ジ・アイ・ドント・ケアズ、直訳すると、俺は気にしないぜズ、って感じだろうか。名前がイカすバンドは音もいいというのは通り相場なんだけど、今回もそれを証明した形。Wild Stabってタイトルもいいね。

 

初めて聴いたのはこの曲なんだけど、アルバムを通して聴くとこういう腰ダメのストレートなロックンロールチューンはメインじゃない。でもこの曲たまらんよね、もう何回聴いたか分からない。

 

このアルバムで一番好きな曲。穏やかなリズム、ブリッジの部分とそれに続くギターソロがたまらん。ソロ、たった8小節だからね、ギターの音ぶひぶひいってるし。でもそれがいい。多様性に立脚した、唯一無二の個性。

 

この曲のサビで、声を張り上げないポールが大好きだ。何ものにも属さず、権威的じゃなく、全然強そうじゃないんだけどしっかり自分の足で立っている。そして確固とした魅力がある。僕もポールみたいになりたい。こんなノーホエア・マンになりたい。

 

このアルバムは、僕と同世代の、未だにロックンロールなんてモンから離れられない変な大人に是非聴いて欲しい。音や在り方を血肉化するくらい何度も聴いて欲しい。このアルバムにはその価値がある。僕の中ではすでに2016年のベストアルバムの地位を確立している。あ、リリースは去年だったか。細かいことは気にするな。ベストだよ、これが(今も少し酔っ払っている)。#リリースは2016年1月22日だったようです。お前、酔っ払って文章書くのやめれ。

写真 2016-04-10 18 20 45

裏ジャケもいいね。ハンズ・トゥギャザー。ダウンロードもいいんだろうけど、やっぱり僕は気に入った音楽はCDで欲しいなあ。だって、ダウンロードじゃこの素敵な裏ジャケ、見られないんだぜ?

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

春を迎える準備 草木編

写真 2016-04-08 15 58 13

盛岡の冬は、長くて寒い。寒さはその年によって全然違うんだけど、寒い冬だと、12月の初めに降った雪が春まで融けない(所謂「根雪」です)。夜間は気温がマイナス10度になるのもざらだ。マイナス10度がどのくらい寒いかというと、不用意に深呼吸をすると、かき氷を食べた時のように頭の奥がキーンと痛くなる程だ。飲み過ぎて屋外で前後不覚になって倒れていたら凍死するレベル。
だから、草木に関しては、地植えするには種類を選ぶ。鉢なんかも地熱が伝わらないので、可能な限り屋内に収納する。で、春になるとそれを外に出したり、新しい花を植えたりするのだ。

写真 2016-04-08 15 58 29

僕はあまり庭木いじりは得意じゃないんだけど、妻がもっと苦手なので仕方なく僕がやっている。トップ画の様に、玄関の前にちょっとした花壇があるのよね。ここの手入れは僕の担当。
時間があったので、ホームセンターに行ってビオラの苗を買ってきた。手がかからなくて、僕の様なガーデニング初心者にはもってこいの花だ。
このビオラって花は滅茶苦茶強くて、本来晩秋に植えるんですよ、11月頃、雪が降る前に。で、がっつり冷えて、その年によっては冬の間ずっと雪の下にいる事になるんだけど、枯れないんだよね、春になると、茶色かった葉も緑を取り戻し、花すら再び咲かせる。軽く感動を覚えるくらい強い花。土に肥料を軽く混ぜてやって植えてやる。

写真 2016-04-08 15 58 53

なんか、雑草じゃない立派な葉っぱが生えてるなぁ〜と思ったら、隣の家にたくさん植えてあるチューリップだった。そうっと根っこを掘り返してみたら球根があった。チューリップって風に乗って増えるの??だって種じゃなくて球根でしょ??よくわからないが、せっかくなので抜かずにビオラと一緒に育てる事に。なんだかフリーダムな花壇になりそうだけど気にしない。僕が作る花壇なのだ。フリーダムな家族のフリーダムな花壇だ。文句あっか、って感じだ。

写真 2016-04-08 15 59 12

冬の間にお袋が作ってくれた寄せ植えとアイビーの鉢も出して並べる。このアイビーって草も寒さには強いんだけど(通年で地植えしているお宅も近所にある)、鉢だとさすがに凍みてしまってダメなので屋内に入れる。
葉が伸びてきたら、プチって切って水に浸けておくと根が張り始めてどんどん増やせる。基本丈夫だし、僕も好きな植物。
雑草も敢えて全部は抜かない。「いい加減」に少し残す。それがこの花壇のフリーダム感を倍増させる。ホントか??多分ガーデニングのセオリー的にはかなり間違っているんだろうけど、別にいいのだ。我が家はユルい家族だ。その家の玄関はユルくて当たり前じゃないか。

写真 2016-04-08 15 59 54

無計画に苗を買ってきたら足りなくて、空間が空いてしまった。いいや、ここはまた今度時間がある時にパンジーでも寄せて植えてやろう(←適当)。あと、鉢が一つくらい欲しいね。月末に両親が実家から遊びに来るみたいな話をしていたからガーデニングが得意なお袋に相談してみよう。

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

Older posts

© 2018 Joyride

Theme by Anders NorenUp ↑