Joyride

For the people who want to go somewhere, not here!

Month: 1月 2016

自分へのご褒美

写真 2016-01-26 15 50 40

去年一年間、色々ありつつも無事に生き抜いた自分のご褒美に… 買っちゃいました。レッドウィングIronRage Lot8012。レッドウィングのIronRangeって、元々は無骨なワークブーツなんだけど、コイツは色がバーガンディで表皮にもツヤがある。爪先に重ねてある当て皮も元来は爪先を保護するための補強らしいんだけど、この色のせいかストレートチップ的にも見える。メダリオン(穴飾り)も打ってあるしね。だから履いた感じはモロにワークブーツなんだけど、ドレスブーツっぽくも見えるという不思議なブーツ。今の僕の服の傾向にも合うし、奇抜なデザインじゃないから長く履けるだろうしね、何より丈夫だし。安いものじゃないから少し悩んだんだけど買っちゃった。
去年末あたりからずっと気になっていたし、年末年始の超繁忙期は頑張って稼いであのブーツ買おう、なんて仕事に向かうモチベーションにもなっていた。まあたまにはいいよね、自分へのご褒美。というか、仕事は今もって忙しいんだけど。

それとねえ、もうこんなバーガンディなんて洒落た色のブーツ履いて粋がっていられるのもあと数年なのかな、なんて思いもあった。多分これが人生最後に買うワークブーツ。Webショップを徘徊しているとホワイツのスモークジャンパー欲しいな、なんて思ったりもするけど、自分のライフスタイル考えるともうそんなハードなブーツは必要ないし。3ヶ月位悩んで、そんな人生最後のブーツに相応しいな、とも思えたので。

でもブーツを手にして眺めていると、出来る限り履き続ける努力はしたいな、なんて思ったりする。これを履くには、パンツはブラックにしろインディゴにしろ、タイトなシルエットじゃないとダメだから太れない。だし、くたびれたおっさんには似合わないだろうからね、靴を磨きつつ且つ靴に磨かれつつ重ねていく歳というのも悪くないのかな。って。

仕事が忙しくて、もうちょっと普段着を着られる時間が欲しいって思う時もあるけど。今は頑張りどころだから仕方ないのかな、それでも明日の為に靴を磨く手間は惜しまないようにしたいな、って思う。仕事中は履けないけど、このブーツ履いて明日も頑張ろう。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

ATLAS買うならMAGMA買え

写真 2016-01-13 12 22 56

妻のクルマ、キューブに続いて、クラウンワゴンのバッテリーを交換した。買った時に付いていたのは何処からどう見てもド中古って風情のBOSCHのシルバー。買った時から怪しかったし、一度ルームランプ付けっぱなしで上げているので2年以上使えたのが奇跡的だったんだけど、6気筒ってクランキング軽いのか、とりあえずセルモーターは回ってエンジンはかかってたから、そのうち替えなきゃな〜でここまで引っ張ったんだけど流石にもう限界みたいで。バッテリーのインジケーターには1年前から「要点検ですよ〜」って言われてたんだけど。まあよく頑張りました。

写真 2016-01-13 12 18 22

クラウンワゴンJZS130GのバッテリーサイズはD23。車格なりにサイズも大きい。軽く市場調査してみた結果、近所のホームセンターで一番安いノーブランド(韓国製)ので1万ちょい、ガソリンスタンドのキャンペーン価格で1,8万だった。やっぱり大きいなりに立派なお値段がする。
やはりここは通販しかない、とWebを徘徊して値段を調べる。最初ATLASかなぁ〜と思ってたんだけど、ATLAS、最近は値段が少し上がっている感じを受けた。変な言い方だけど、セカンドラインの中で一流、というか、「ある程度信頼出来る安物」としての地位を確立した印象。#まあカー用品のネット通販一般的にそういう傾向あるんだけど、送料で稼ぐ業者増えてるね、タイヤなんかそれが顕著。送料、振込手数料を合わせた総額で計算する作業はちょっと面倒くさい。
したらば、という事で、ATLASのパッケージ違いだって話を聞いていたMAGMAはどうなんだ?と調べてみると、おおよそATLASよりも1000円程安い事が判明。中身同じなら安い方買うわな、別にATLASブランドに魅力を感じてる訳でもないし。という訳で悩むことなくしゅぴっとモンスターボール投擲。オール込みで6500円程でした。
個人的にはブランドのネーミングセンスもMAGMAの方が好み。外箱に書いてある”Volcanic Power”なんてキャッチとかたまらん。実は以前から気になっていた。

写真 2016-01-13 12 30 48

トリセツ(ってさだまさしの関白宣言だよね、どうでもいいけど)見るとはっきりATLAS製って書いてある。ちなみに僕が買ったヤフオクのストアの商品説明には、MAGMAの在庫がない場合には別ブランドの同等品を送る旨が書いてあった。きっとATLAS送ってくるんだろうね。
さっきも書いた通り、ATLASはまあまあ品質のよい格安バッテリーとしての地位を確立した結果、値段が少し上がった。各ショップ一律に上がっているので、憶測だけど卸値が上がったのだろう。そこに行くとMAGMAは知名度はまだ全然ないし、つーかむしろネーミングセンスは僕のようなキワモノ好きに目を付けられるB級のそれだから、ちょっと引く人の方が多いんじゃないかとすら想像する。でも、中身一緒ならMAGMAでよくないか?という訳で表題なのである。ATLAS買うならMAGMA買え。

写真 2016-01-13 12 54 02

かなり過酷な使用状況でも粘り強いプレイを見せたBOSCHのシルバー。ケースは現行品ではなく、結構古い製品なんじゃないかと想像するけど、ちなみにこいつも製造は韓国だった。ATLASに技術与えたのはBOSCHなんだろうか。バッテリー業界に詳しい人がいたら一度聞いてみたいなあ。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

新年の願い

写真 2016-01-02 13 54 02

怒涛の年末年始進行もようやっと落ち着き、ココア飲みながら久しぶりにPCの前でほっと一息ついているところです。
年末に仕事を納めたのが31日の未明、というか早朝。家に戻ってきた時に「あぁ〜今年も無事に生き延びたああぁぁぁぁ〜」という感慨に打たれた。仕事も運転、趣味も運転という、吹けば飛ぶような暮らしをしている身分としては大げさな感慨でもなく、割と常日頃、1日が終わってベッドに潜り込んだ時とかに感じたりしているんだけどね、今日も1日生き抜いたなぁ、って。普段当たり前にそこにあると思い込んでいる、掛け布団の温かみとか、隣に寝ている娘の寝息が妙に有り難く感じられたり。

日々綱渡りだからね、去年だって無事命は取られなかったとはいえ、全く平々凡々とした毎日だった訳じゃなく。個人的には6月にはスピード違反でパクられてるし。年末に仕事仲間が大きな事故を起こしたりとか。郊外の国道で大型トラックと正面衝突。レスキュー隊が出動して救出されるも両足開放骨折、ヘリで医大まで運ばれたのだそうだ。氏は地区一番のコワモテだったんだけど、僕みたいな跳ねっ返りの若造にも目をかけてくれていた面倒見のいい人だったからかなりショックだった。
だし、全く他人事じゃないからねこういう事。本当に明日はわが身。夜に無灯火でスマホ見ながら逆走してくるチャリンコ引っ掛けただけで立ち行かなくなる生活をしているんだ、という事は心して日々過ごさなければならない。

初詣には2日の日に家族で行った。神頼みはしないのが僕の信条なんだけど、拝殿の前に立ち、手をあわせて目を瞑ると自然と頭に浮かぶのは交通安全という言葉で。
走らない訳にはいかないからね、仕事でも趣味でも。うん、走らないという選択肢はないな。であるなら、今日1日を無事に生き抜く努力をしなければならない。そしてそれを日々積み重ねていくしかない。少なくとも二人の子供を育て終えるまでは。結構難儀だよねえ。拝殿の前でお願いもしたくなるのも無理はない。おみくじも引かなかったし御守りも買わなかったけどさ。

写真 2016-01-04 15 30 07

精神論だけじゃ不安なので、繁忙期の年末を前に仕事用のメガネをさらに作った。9月に作ったメガネ、目が疲れてくるとイマイチ見え辛くて。行きつけの眼科で診てもらったら、運転用に用途を絞るならもうひと段階度数を強くしてもいいんじゃない?という事だったので、運転専用の度数で処方箋を出してもらって、それを元に今度はZoffで作ってみた。こちらも値段はリーズナブルでフレームの造りもしっかりしている。
スマホの画面とか文庫本の小さな文字とかは見辛いけど、運転中はバッチリ。昔みたいなキレのある運転が出来る様になった。嬉。いちいち掛け替えるのめんどくさいけれど、話聞くと用途別にメガネを使い分けてる人って結構いるみたいで。こういう所にコストと手間をしっかりかけるのは悪いことじゃないと思う。

という訳で長々と書いてきたけれど、僕の新年の願いは、危険に身を晒しながらの「交通安全」。それが結果的に家内安全にもつながるし、まあ結局自分の人生だからね、天寿を全うするまでの道のりなんて誰も筋道立ててくれないから。自分で切り開いていくしかないんだよね。ちょっと大げさな言い方だけどさ。でもホントそう思うよ。

ランキングに参加しています。いいね!代わりにクリック協力お願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

© 2018 Joyride

Theme by Anders NorenUp ↑