Joyride

For the people who want to go somewhere, not here!

Month: 10月 2015 (page 1 of 2)

クラウンワゴンの車検

写真 2015-10-26 14 27 41クラウンワゴンを購入して2年が経つ。車検取り渡しで入手したので継続車検の時期が来るという事だ。
僕は大昔に自動車整備を生業としていた事があって、所有した自家用車は今までは多少の整備なら自分で殆どこなしていた。継続車検もほぼ自分で陸運支局に車両を持ち込んでのユーザー車検。妻のクルマ(平成19年式日産キューブ)の去年の車検もユーザー車検で取得した。7年落ち、走行5万kmの国産車なんて目をつぶっても通せるよね(多少大げさ、でも基本的な整備を怠っていなければ検査ラインの上で鼻歌歌える)。

しかし僕のクラウンは15年落ち、しかも購入したショップで取得したのだろう前回の車検はほぼほぼ通しただけ、という雰囲気で、手元に来た時点でブレーキフルードは未交換、リアのブレーキドラムは外した形跡なし、半年後に自分でやったローダウンの作業中にフロントブレーキホースに細かいヒビを発見したりetcetc、恐らく、というか間違いなく車検「整備」はやっていない。他にも結構気になる所もあったので、一度「ちゃんとしたプロ」にしっかり見てもらいたいと思っていた。

家のすぐ近くに、LOTAS CLUBに加盟している整備工場があって、タイヤの組み替えとか自分で出来ない作業はお願いしてたのね、そこでちょっと面白い車検メニューを提案してて。スマイル車検と銘打ち、ユーザー立会いのもと車両を点検し、悪い所だけに手を入れる。触らなくていい所は何もしない。希望がなければシャーシブラックすら吹かない。納車の際の洗車もなし。その分法定基本作業料は安い。で、日帰り出来る。もう大分ロートルだけど、多少自動車整備の心得がある僕には具合いいのかなあ、と前から思ってたのね。リフトで上げた状態で下回りを自分の目で確認する事も出来そうだし、こちらの技量とニーズに合った形でわりかしリーズナブルに指定工場のお墨付き車検が取得出来るのは魅力だった。で、ちょっと考えた結果、お願いする事に。

事前に予約した日時に件の工場に出向く。プロに任せるって事で、本当に何にもしないでクルマを乗り付ける。何事もなければ1時間位で点検は終わるらしいけど、まあそう上手くは行かないだろうな。
じゃあお預かりしますね〜と言われ、事務所でコーヒーを飲みながら待つ事15分位。「ヨコチンさ〜ん、ちょっといいですか〜?」とサービスの方から声がかかる。
クラウンはブレーキ周りがバラされてリフトの上に乗っている。で、僕立会いの下、実際の車両を見ながら各所の状態を確認するんだけど、案の定数点悪い所を指摘される。

まずはリアのスタビブッシュでジャブ。「まあ車検は通してもいいけど、そろそろですね〜」との事。多少自分でも触れる事は伝えてあったからか「換えといて下さいね」との事。ういっす。
そしてライト検査もNG。最近車検のヘッドライト検査はロービームで行う事になったんだけど、焦点が出ない?との事。なんか買った時から青いバルブが付いてたんだけどどうもそのせいらしい。家に転がってる普通のH4バルブを持ってくるという事で解決。スウェーでかわす。#外したNGバルブは極東CATZ製、一応ちゃんとしたメーカーのでした。青いバルブとは言え、一流サードパーティーの部品でダメ出し食らうのはちょっとびっくり。ロービーム検査は少し繊細なのかも知れません。

フロントハブ、ガタはないけど組み甘いんでちゃんと調整しといて下さいね〜とさらにジャブ打たれて下がったガードにがっつり決まったカウンターパンチは、オイル漏れだった。見た瞬間に「なんじゃこりゃ?!」と僕も声を出しちゃった位、オイルパンがオイルでしっとり濡れている。びっくり。僕と、サービスの人二人の三人で漏れの元を探す。結果、ヘッドからウォーターポンプ?に回っているパイプからオイルが滲んでいて、ここからじゃないか、という診断。去年オイル交換した時はこんなんじゃなかったし、車庫の床にもオイル染みとかないんですよね〜…と上目遣いで甘えると、検査主任らしき方は「ん〜、まあ滲んでる量も漏れって程じゃないし、様子見てみますか、酷くなかったら修理はタイミングベルトの交換の時でいいんじゃないですかね」との事。ふぅ〜。
が、次の瞬間「あ、こりゃダメだ」の声。ブレーキホースのヒビが立派なクラックに成長していた。サービスの方が急いで在庫確認してくれたんだけど納品が翌日になる様で、日帰り車検ならず、ノックアウト負け。カンカンカーン。代車を借りて帰り、後日引き取りに。

…とまあ、こんな感じに進行するスマイル車検なんだけど、概ね好印象ですね、親切丁寧、明朗会計。なかなか見ることが出来ない自分のクルマの下回りもじっくり見られる。検査主任らしき方からは、まあ年式からいって細かい不具合はあるけど、全体的には程度いいですね、とお褒めの言葉を頂いた。フロント足回り、ステアリング周りのブッシュの様子から見て、7万kmのメーターの数字は実走行っぽい。←買ったショップがショップだったからずっと不安だった。
っていうか、こんな惨状で陸運事務所に持ち込んだら玉砕してたからね、まあその時はそれなりに事前準備もしたんだろうけどさ。

で、今日、オイル滲みの経過観察の準備とオイル交換をしたんだけど、長くなるんで続きは後日。

ランキングに参加しています♪ 更新の励みになります、楽しく読んで頂けたらイイネ!代わりにクリックお願いしますm(_ _)m
↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

iPhone5sのバッテリー交換

写真 2015-10-21 14 33 34

風邪ひいたみたいで体調がむっさ悪いので、バイク乗ったりクルマいじったりはお休みで、コーヒー飲みながらblog更新。秋晴れの気持ちいい日なんだけど。

ちょっと前から愛用のiPhone5sのバッテリーの持ちが悪くなってきていた。使い始めてちょうど2年、結構ヘヴィーに使っているからそろそろ消耗する所は消耗してきてるって事なんだろうか。待受でも1日なんて余裕で持たず、ちょっと使うとみるみるバッテリーの充電が減っていく。最近は充電中や使用中に本体が結構な温度に熱を持つ時もあるし、バッテリー残量が20%を切ると突然電源が落ちるという症状も出始めていたのでなんとかしなきゃなって思ってた。
先日発売された6sに買い換えようかなとも思ったんだけど、2年使ったとはいえ今の5sに特に不満がある訳でもなく、むしろ今となっては小ぶりなサイズに愛着も出てきていたので、バッテリーを交換しようという事にし、Webで色々情報を収集してみる。

僕みたいな人間は、まず自分でバッテリー交換出来ないかどうかに興味を持つんだけど、色々調べた結果、僕的には自力交換は見送ろうという結論に。例えばこちらとか、ちょっと検索かければ作業方法を載せたサイトはいくつもヒットするんだけど、ネジや部品が細かすぎて機械いじりが好きな僕でも若干引くレベル。安くあげるつもりが壊しちゃったんじゃ目も当てられない。まあblogのネタ的には自力交換の方が美味しいんだろうけど。
し、交換用のバッテリーが工具付きでAmazon始めネット通販でいくつも売られているんだけど、どうも品質が安定しないみたいで、評価が芳しくないんだよね。価格帯は1,300円〜2,000円って感じで確かに安価なんだけど、動作不良の評価書き込みの数が僕の感覚で言うと多過ぎる。
#余談だけど、最近Amazonを利用する時はかなり慎重になってます、それこそiPhoneのバッテリーのようにあまり評価の良くない商品が普通に売られていたり、出品者の情報をある程度精査しないと、発送先が中国で到着までに2週間以上かかるとか普通にあるから。まあこれはAmazonに限らずだけど、どの分野でもあまり品質の良くない海外製が売られてたりするので、ネット通販にはある種の選球眼が必要な時代になったなあと感じています。

で、どこに頼む?って話になるんだけど、Appleに普通に頼むとなると、補償も切れていてAppleCareにも入ってないので、税別9,400円という結構マトモな金額がかかる。場合によってはお預かりになって納期もかかるようだ。もうちょっと何とかならんモンかね?とさらに検索すると、家の近くに、アイフォンフィックスセンター盛岡(以下iFC)というiPhone専門の修理業者がある様だ。バッテリー交換だけじゃなく、液晶割れなんかの各種修理を請け負ってくれるお店の様で、料金も5sのバッテリー交換で6,500円税込みと比較的リーズナブル。こりゃお願いしちゃいましょう、って事で早速持ち込んでみた。

iFC盛岡は、盛岡駅前にあるカウンターのみのこじんまりとしたお店で、駅前って立地なのに駐車場もある。ちょっとクールな店員さんが対応してくれ、修理時間は1時間かからない位で出来るというので、預けて一旦家に戻り、1時間後に取りに行った。なんでもFacebookでお友達申請をすると作業料金が500円割引になるという事なので申請もさせてもらい、6,000円でバッテリー交換終了です。
リーズナブルだと思いますよ、別にステマじゃないけど。品質の安定しないバッテリーを通販で買って難易度の高い作業を自分でやる事考えたら。自力交換は結構リスクあるしね。近所にこういうお店があるのはありがたいです、スマホ、っていうか携帯電話って、今や生活必需品に近くなってるもんね、それがいい事かどうかは別にしてもさ。

という訳で、もう少しこの5sを使う事になりそうです。ちなみに僕はiPhoneにはバンパーやカバーは付けない派です。ボディには細かい傷も付いてきたけどそれもまた良し。そういや妻もカバー付けてないな、家族は裸族。

ランキングに参加しています。更新の励みになります、イイネ!代わりにクリック応援お願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

愛車クラウンワゴンJZS130Gのこと

IMG_0792

バイクの事書いたら書いておかなきゃならんよな。今読めない状態のtDiaryには結構詳しく書いたんだけど、まあ再録的に。

平成11年式クラウンワゴンJZS130Gです。2年前に千葉の(自称)専門店からネット通販で購入しました。細かい所に不満はあるものの(それ専門店を標榜するショップの仕事じゃねぇだろ的な)走行距離も少なく全体的な程度は上物、現物見ないで買った事差し引けばまあいい買い物でした。
この後の人生が自分の人生設計通りに進むと仮定すると、多分最後の自家用車になるんだよね、そういう思いもあって、一度本物の「ステーションワゴン」に乗ってみたくて。自分のクルマ趣味人生にひとつの区切り付ける相棒としてはなかなかいい選択だと思ってます。

購入後、足回りにだけ手を入れて後はほぼツルシのまま乗ってます。これもtDiary時代に詳しく書いたんだけど、ローサスとKYBショック、RS-Rラテラルロッドでローダウン、13クラウンワイドボディ用の純正ホイール(6,5J-15、off-15)にBFG Radial T/Aの205-60-15を組んでます。なかなかユルくて気に入っているセットアップです。

乗り味は、昭和の高級車。コイツは平成11年式だけど、13クラウンって基本設計はバリバリの昭和で、しかもセルシオが発売される前の、事実上トヨタのフラッグシップだった頃のクラウンなんだよね。もう老体だけど、そういうオーラはビシビシ伝わって来る。ボディはモノコックじゃなくクラウン伝統のペリメーターフレーム。
乗ってびっくりするのが、走行中車内が静かなんだよね、名機1JZのぐおーというメカノイズが軽く聞こえるけど、Radial T/Aなんて決して静かじゃないタイヤ履いている割にはロードノイズも殆ど車内に入って来ない。これが絨毯みたいに毛足の長く厚い純正のマット敷いてあったらもっと静かだったんだろうな〜(このクルマの残念ポイントのひとつ)。フカフカのシートに座ってアームレストに腕を乗せ、ゆる〜く流すのはなかなか気分いいです。

IMG_0549殆ど使わないんだけど、カーゴスペースに付いてる格納式のサードシートがいい雰囲気なんだよね。昔のステーションワゴンにはみんな付いてた。メルセデスで言うとW124の頃まで。多分今は安全基準の関係でこういうの作れないんだろうけど、エマージェンシー的に使うのならこれで十分で、我が家の行動パターンで言うとミニバンは必要ないんだな。ごくたまに、帰省した時なんかにみんなで飯食いに行く時(6名乗車)なんかにこのサードシートは登場します。ちなみにフロントシートはベンチシートなんで、車検証上は8人乗りになってます。

冒頭にも書いたけど、人生が順当にいけばあと3年位しか乗れないのが惜しい位気に入っている相棒です。冬が来る前に家族でちょっと遠くに出掛けたいなぁ。

ランキングに参加しています。クリック応援、よろしくお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

Older posts

© 2018 Joyride

Theme by Anders NorenUp ↑