Joyride

For the people who want to go somewhere, not here!

Month: 9月 2015 (page 1 of 2)

乾いたスポンジ

写真 2015-09-28 16 00 54読書家、って程ではないけれど、文章を読むのは好きな方だ。別に文学、小説の類じゃなくても、文字であれば何でも、Webにたくさん上がってるニュースだったりblogだったりちょっとした論文だったり。ペーパーであれば新聞でもいいし週刊誌でもいいし。
このご時世なので、最近は政治的な言説に触れる事が多かった。状況が状況だったから仕方がないんだけど、まあ騒がしい事騒がしい事。それこそ件の安保法案が可決されるまでは、信条的にはいわゆる「リベラル」に分類されるのだろう僕のTwitterのTLはちょっと気を抜くと未読が300ツイートとか、常にそういう状態で。僕も危機感あったから可能な限りそれらのツイートを読んで。定期的に購読しているリベラル系の雑誌は「安倍政権は違憲だ」と銘打ち総力特集を組んでたし、まあ心が休まる間も無かった。

と言うか、政局は今もって予断を許さない状況ではあるんだけど、元々が政治的な議論が好きな人間ではないので、このまま無理して根詰めていても続かないなあという想いもあって、久しぶりに文学でも読むかなあと手にしたのがトップ画の本。面白い、って話を少し前に聞いてて買っておいたんだけど、世の中がそういう状況になっちゃったから手に取るタイミングなくしてたんだよね。
熱心な読者じゃないけれど、僕は村上春樹氏の書く文章は好きだ。色んな作品に一貫して流れる氏の静かな主張が、(いい歳こいて)理想主義者を自認する僕にとっては居心地が良い。一部のリアリストの方々には蛇蝎の如く嫌われる春樹氏だけど、まあ世の中色んな考えを持った色んな人がいるのだからそれは自然な事なのだろうし、極端に賛否が分かれるというのもそれはそれで氏の作品が優れた芸術である事の証明だったりもするんだろな。

で、読み始めてびっくりしたんだけど、言葉がものすごい勢いで身体に入ってくるのね、カラカラに乾いたスポンジが水を吸うみたいに。春樹氏の文章力ってのもあるんだろうけど、読み始めた直後にその状態だったからそれは多分僕の方の問題で(小説って、その世界に入り込むまで少しタイムラグがあるのが普通)、いかに心が乾いてたんだろうって事の証だったんだと思う。物語の世界にぐいぐいと引き込まれる感覚を久しぶりに味わっています。まだ読み始めたばかりだけど、面白そうですよ、スプートニクの恋人。

…Web上でいくらでも読める、文責の無い、匿名の文字達に食傷していたのかも知れないし、僕はそもそもが争い事が得意じゃない人間だという証なのかも知れない。だし、今、文学なんてものに耽溺するのは一種の逃避なのかも知れない。
でも、こういう時にこそ芸術の真価って発揮されるものだとも思う。世の中が大きく動いている時に、自分の原点、座標軸を見失わない為の道標みたいなもの。逆に言えば、濁流に翻弄されながらも地面にしっかり根を張って動かない杭の様である事が優れた芸術の条件だったりもするんじゃないだろうか。雨が上がって水が引いた時に、そんな杭にはたくさんの漂流物が引っ掛かっている。そういう役割もあるんじゃないかと僕は思う。柔らかく、間接的にだけど少しづつ確実に、そうやって世の中って変わっていくのかな、って。ちょっと呑気かな?でもホントそう思う。

いいタイミングだし、しばらく色々読んでみたいと思っています。読書の秋って言うしね。

ランキングに参加しています。更新の励みになります、足跡代わりにクリック応援お願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

眼鏡買った

写真 2015-09-17 16 40 46
眼鏡を買った。結婚したちょっと後にコンタクトにした記憶があるからほぼ15年ぶりか。
元々子供の頃から近視で、初めて眼鏡を作ったのは小学5年生の頃だった。それから中高大学とずうっと眼鏡をかけて過ごしてて、で自分で言うのも何だけど、眼鏡が似合う似合うって周りに言われ続けていたのでコンタクト付けるとか考えもしなかったんだけど、結婚した直後に妻に「コンタクトにしたら?」と勧められ。
その時は妻以外の周囲からは大反対だったんですよ、似合ってるんだからそのままがいい、って。コンタクトに賛成しているのはホントに妻ひとりだけ、っていう位。でもまあ物は試しにコンタクト付けてみっか、って具合に軽い気持ちで眼鏡を外してみたらこれがまた意外と好評で。やっぱり元がいいと何でも似合うなんでもやってみるモンだなあってその時は思ったりしたのを覚えている。

でコンタクトをメインに使って15年、何でまた眼鏡なのかという話。最近この手のツカミ多いけど、寄る年波にはかなわないというか、夕方になると眼が疲れて往生するようになってきて。特にちょっと長めにiPhoneの画面眺めたりするともうてきめんで(スマホの画面って眼に悪いね)、遠くの方に眼の焦点が合わなくなってきてて。クルマの運転も危ない位。おまけにコンタクトを入れた眼自体も辛さを覚える様になってきて、こりゃあまずいな、と。

で、ちょっと小遣いを貯めてて、貯まったからいざ買おうとして気付いたんだけど、今眼鏡ってすごく安いのね、15年も眼鏡の世界に無関心だったから一応予算で2万円見てたんだけどそんなに全然必要なくて。や、正確に言えば、普通の?眼鏡屋さんだとまあ2万円しない位なんだけど、もっと安い眼鏡屋さんが出てきてるんだって事を知って。
今だとWeb通販も出来るJINSZoffが人気なんですかね、サイトを見れば高くても1万円あれば買えちゃうみたいで、俄然興味が湧いて、これは一度作ってみよう、と、試しに市内のショッピングモールに店舗があるJINSに家族で早速行ってみた訳です。

最初は様子見だけで、どんな感じが似合うのか確かめてから病院で処方箋出してもらって、在庫の数は断然多いWebショップで買おうかな、って思ってたんだけど、いざお店に出向いてみたら在庫に気に入ったのがあって、視力もその場で測れますよ、との事なのでもう作っちゃおうか、って事になって、人生初めて格安眼鏡店で眼鏡を作ってみたのでした。

前述の通り僕はかなり長い事眼鏡をかけて生活していたので眼鏡屋には数えきれないくらい足を運んだ事があって、そういう意味じゃベテランなんだけど、JINSさんで作ってみた感想は…

・モノは悪くない
・確かに安い(トップ画が今回実際に買った眼鏡、これで5,900円+消費税だったかな)
・店員さんの対応はまあ安いなり
・店舗にもよるんだろうけど在庫の数は多い

こんな所かな。今回買ったのは仕事で使う眼鏡なので、出来るだけシンプルな、変に主張しないフレームを選んだんだけど、流行のデザインや新素材のフレームになると大体1万円位が相場みたい。十分安いね。これに薄かったり色が付いたりするレンズを選べばそこにオプション料金がかかるってのは普通の眼鏡屋さんと一緒。
フレームの造りは、必要にして十分という印象。昔なんて5万円とか出して作ったモンだったけど、そんなんアホらしくなる位必要にして十分。むしろ1万円のを3本持ってTPOに合わせて使い分ける位の方が、より良い眼鏡との付き合い方なんじゃないかと僕は思った。洒落たフレームも多いしね。
店員さんの対応なんだけど、悪いって訳じゃないんだけど、従来の眼鏡屋さんみたいな、過剰な程の親切さは無い。娘の眼鏡の調整を頼んだら「当社のフレーム以外は…」とにべもなく断られた。まあこれは従来の眼鏡屋さんが親切過ぎたという言い方も出来るから僕的には許容範囲だったけど、ちょっと気になったのは店内の計測機械で視力を測る場合。これまで数えきれない位視力測ってきたけど、眼科含めて今までで一番なおざりだった。僕の唯一にして最大の不満はそこかな。僕はベテランだからまあ上手い具合に作れたけど、慣れていなくて心配な方は眼科で処方箋を作って貰う事を強くおススメしておきます。

そんな訳で久しぶりに眼鏡男子になったんだけど、やっぱり眼精疲労は多少楽になったかな、元々コンタクトってあまり眼球に優しくないという話も聞くので、次の給料が出たらオフの日用の眼鏡を作ろうと思ってます。それとコンタクトも併用すれば殆どのTPOには対応出来るでしょ。ちょっと不満もあるにはあったけど、基本的には満足出来る買い物でした。

ランキングに参加しています。モチベーション上がるんでクリック協力よろしくお願いします♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

東京紀行 後編

写真 2015-08-31 10 33 36
結局国会前に滞在したのは2時間位だったか、少し歩いて喫煙ルームのあるカフェを見つけて入る事に。お、ビール置いてんじゃん。まだ外は明るいけど迷わず注文して、何年ぶりだろう、Kと乾杯する。
近況報告も交えながら、話す内容は最近の社会情勢がメイン。がっちり噛み合った会話は淀みがない。「あの頃」と変わってない。まあ変わってないって事がお互いに一番の近況報告なんだろうな。
Kは本当に20年前と変わってなかった。相変わらず一本筋の通った、優しくてタフないい男だった。今思えば昔話は殆どしなかったなあ、昔話のネタになる思い出なんてお互いに掃いて捨てる程持ってる筈なんだけどね。

その後、本場江戸前の銭湯に寄って汗を流し、泊めてもらう約束をしたKの家に移動して晩御飯をご馳走になる。結婚式に呼ばれて以来会っていなかったKの奥さんも含めて焼肉をつつきながら3人で飲む。美味しくて楽しい酒だった。
日付が変わるくらいまで飲んだだろうか。そろそろ開くか、って事で布団を敷いてもらう。そこで、別に締めるつもりじゃなかったんだろうけど、Kが淡々とした口調でぽつりと話した。
「多分、この法案はこのまま通るだろう。でもそれが終わりじゃない。そこからまた始めればいいんだ」
この歳になるまで、何度も修羅場をくぐり抜けてきた友達の冷静な現状分析と静かな決意を聞いて頷く事しか出来なかった。わざわざ国会前まで行って汗かいて、難儀な奴らだなあと我ながら思うが、まあKと僕みたいな人間は結局こういう歩き方しか出来ないんだろう。昔好きだったThe Smithsというロックバンドのアルバムの、Strangeways, Here We Comeというタイトルが頭を過る。そういえば彼らはThere is a Light That Never Goes Outって曲も歌ってたな。

翌31日は月曜日。マトモな勤め人は朝から仕事だ。奥さんにお礼を言い、出勤するKと一緒に家を出る。もう一つ行きたい場所があったので、駅でKと再会を誓いつつ別れ、中央線で西に向かう。目指す駅は中央線で一本で着く筈だったんだが何故かスムーズに目的の駅に着く事が出来ず(何故なのか未だに不明、東京こわい)ようやく高尾駅にたどり着く。思春期の頃心酔した、忌野清志郎のお墓がある霊園に最寄りの駅だ。
ずっと来たかったんだよね、若い頃散々お世話になったから、そのお礼を言いたかった。
駅前のコンビニでビールを買い、件の霊園を目指す。一応地図はプリントアウトしてデイパックに入れてきたのだが、直前までJR中央線に散々翻弄されたのが軽くトラウマになってて道に迷う予感しかしなかったので結局タクシーに乗せて行ってもらう。

辿り着いたお墓は、トップの画像の通り。ネットで何度も見た造りはファンがたくさん来る事を前提に造られている感じで、辛気臭い感じは一切なく。これもきっと清志郎の気遣いなんだろうな。皆が掃除してくれるのだろうか、お墓はすごく綺麗で、生き生きとした花も沢山供えられていた。
事前に調べたところ、線香は焚かないで欲しい、ビール等缶類のお供えも控えて欲しいとの事だったのでビールは自分の分だけ、小雨交じりの中、午前中から飲らせてもらう。そして今までやりたい事をやって生きて来れた事のお礼を言い、これからもやりたい様にやっていくつもりである事を報告する。
墓前に手を合わせながら、このお参りはひょっとすると未だに自分の中に巣食う中二病的病理に対する供養なのか?僕の中二病はここで成仏するのか?等という考えがちらっと頭に浮かんだけど、まあ治る訳ないわな、というか治す気もないんだな、結局。お蔭で変な大人になっちゃったよ、ありがとうね、と再度お礼をして失礼する事に。

写真 2015-08-31 10 33 29そう言えばお墓の門柱?にはLove & Peace、って文字があったよ。Twitterで清志郎語録的なbotをフォローしているんだけど、20年近く前に驚くほど的確な、予言に近い発言しているんだよね。このままじゃそのうち世間知らずのお坊ちゃん総理が戦争をやり始めるぜ、とか。そのまんまじゃんかねー。

そんな感じで、国会前に始まる僕の東京小旅行は無事終わり、家族にお土産を買って、帰りは新幹線で盛岡に戻った。ニュースでデモの事報道してたのだろう、戻ったら子供達に「おーおとう、テレビで見たぞ、アレに行ってたんだな、お疲れ!」とか言われた。おう、行かせてくれてありがとな。礼を言ってまたいつもの日常生活に戻った。

ランキングに参加しています。面白く読んで下さったらクリック協力よろしくお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

Older posts

© 2018 Joyride

Theme by Anders NorenUp ↑