Joyride

For the people who want to go somewhere, not here!

SR走り初めと昔話

2月3月はとても暖かかったのに、何故か4月に入った途端に天候が悪く、雪すら降ってきたりして(2日の定期便の帰りの宮古街道はテカテカのアイスバーンだった)、とてもバイクで遠出するような気分になれなかったんだけど、先週くらいからかな、ようやく、本当にようやく春らしい天候になってきた。
SRもようやくシーズンイン。待ってました。



先週は、まだ山越えは怖いし寒そうだったので、内陸を南下することに。バッテリー交換やタイヤの空気圧調整を済ませていたSRのエンジンを掛け、しっかりと暖機する。気温は9度くらいだったかな?まあ厚着すれば余裕で走れる気温だね。

定期便の仕事中に降りるべきインターチェンジを間違っちゃった事があって(おい)、その時に偶然走った県道がとてもいい感じだったので、怪我の功名を満喫することにしてワクワクのスタート。


具体的には、国道396号に大迫の辺りで接する県道43号線。取りあえず東和町まで走ってみるか、と標識の写真を撮っていると、江刺まで41km、とある。1時間もかからずに走れる距離だ。おし、んじゃ江刺まで行くか、江刺に旨いラーメン屋あったかなあ?などと考えながら走り始める。


県道の数字は時々入れ替わりながら北上を越えて…



小一時間で江刺に到着。空の色は寒々としているけど、それなりに厚着をしていたのであまり寒さは苦にならなかった。


道路は終始こんな感じ。直線もあればコーナーもある。国道と比べ平日の交通量はぐっと少なく、本当に気持ちよく走れた。



去年換装したディスクブレーキも効きは十二分。もう少しコントローラブルだと言う事ない。やっぱりちょっとマスター径が小さいのかな?元々2PODキャリパー用のマスターだしな。
まあこの辺はおいおい煮詰めていくとしましょう。



ラーメンも大変美味しゅうございました。





で、ぐっと気温が上がった今日は山越えのルートを選択。国道106号から国道340号を遠野方面へ。
106号はほぼ毎週仕事で走っているから特に感動もなかったんだけど、数十年ぶりで走った、川井村から遠野へ南下する340号線が素敵すぎた。ちょっと路面が荒れているところもあったけど、交通量は極端に少なく、渓流沿いを通る道路は風光明媚。新緑の季節なんかめっちゃ綺麗なんだろうなー。
あまりに走りが楽しすぎて写真は一枚も撮ってないけど、今年のGWは長いし、定期便の仕事はないしなんで、期間中に時間を作ってもう一度走りに行こう。

お昼はこちらで。遠野に昔からある店だね。



こちらも美味しゅうございました。旨辛。








国道340号線は、北は葛巻町から、南は陸前高田市まで、広い岩手県を南北に縦断する3桁国道。基本どこを走っても広くて交通量の少ない、まさに岩手カントリーライドにうってつけの道なんだけど、一部分だけ難所がある。
国道455号岩泉街道から国道106号宮古街道の間だけはセンターライン無しの対面通行で、道幅も狭いんだよね。


実は僕はこの区間には因縁があって。
結構すっ飛ばす割にはコケた記憶って片手の指が余裕で余るくらいしかないんだけど、今までのバイク人生で一番ひどい転び方をしたのがここなんだ。


ハタチ過ぎの頃だったと思う、秋に北東北一周ツーリングにひとりで出かけた僕は、野宿の荷物を当時の愛機、スズキのRA125というトレール車のリアシートに満載して山形を出発、北上から国道107号を東進した。
田瀬湖の辺りの、初めて見る見渡す限りの原生林に感動し、道路も素晴らしいしね、まあ今で言う岩手カントリーライドを初体験した僕はテンションが高かった。30年前の遠野は本当に絵に描いたような「田舎」で、まんが日本昔話に出てくるみたいな景色に感動して、そのままの気分で今日走った区間を抜けて件の難所に入った。

道幅は狭かったけどトレール車は軽いし、リアシートに荷物を積んでいるせいでリアステアも絶好調で、気分良く結構なペースでひらひらとコーナーを抜けていた。
次のコーナーは見晴らしの良い左のヘアピン。クリッピングポイント辺りを沢水が横切っているのが見えたが、どーせ滑るのなんてその部分だけでしょ?なんてタカをくくってイケイケのフルバンクで突っ込んだ僕は、次の瞬間あっと思う間もなく路面に叩きつけられた。

普通滑った時って、あ、滑った、という感触があって、それを受けてカウンターを当てるなり足を出すなりの対処をするもんなんだけど、そういうのが何もないまま一瞬のうちに、気付いたらバイクごと横になっていた。それを証拠に、倒れた格好はほぼ乗車姿勢のまま、左手すらグリップを握ったままだった。

痛ってーな、取りあえず起きなきゃ、と思うものの、乗車姿勢のまま倒れているので、左足は車体と路面にすっかり挟まれているし、重心の高い位置に荷物を満載した車体はちょっとの事じゃ動かない。
しゃーない、足を引っ張り出すか、と左足を動かそうとした僕は悶絶した。どうやら路面に擦れて履いていたジーンズが破け、擦り傷が出来ているよう。それをさらにアスファルトにこすりながら引き出そうというのだから痛くない訳が無い。

そのうちその部分に、キャブレターから漏れたガソリンが垂れてきた。うわお前いい加減にしろよ、ガソリン傷口にめっちゃ染みるんだけど!とそれでも初めは少し余裕があったんだけど、あれ?今このガソリンに引火したらオレ焼け死ぬんじゃね??という事に思い至った僕は真っ青になった。

人間、本当に必死になると大概の事は出来てしまうのね、こんな所で焼け死ぬの嫌だ、死にたくない!とテンパった頭で思った僕は、それこそ死ぬ思いで、血と沢水とガソリンに塗れた傷口を数十cmギザギザのアスファルトに擦り付けながら何とか完全にオーバーハングした車体の下から左足を引っこ抜き(文章打ちながらぎゃー、と思っているけど、読んでいる人もぎゃー、だね、ごめんなさい)、痛みと恐怖でフラフラになりながら立ち上がった。そしてその時に、僕と僕のバイクに何が起こったのかを理解した。

進行方向の数十メートル先に、エンジンブローしたと思しき小型のトラックが停まっていて、路面にオイルをぶちまけていた。オイルの帯は僕が走ってきた道の方まで続いていて、要は僕はフルバンクの状態で沢水とオイルが混ざった部分を踏んじゃったんだね。前後輪いっぺんに、ツルッと一瞬で持っていかれたんだろうね、そりゃコケるわ。

車体を起こし、各部を確認すると奇跡的にほぼ無傷。レバーも折れていない。身体も左膝の打撲と擦過傷だけ。キックを踏むとエンジンもすぐ掛かったから、関わり合いたくなかったんだろうね、エンジンルームに頭を突っ込んで無視をキメ込んでいるトラックの運転手に一言二言文句を撒けてから走り出した。

旅は続けたよ、傷口には応急処置して。携帯電話もない時代だったから、そうするしかなかった。
痛めた膝が動かなくて、左足を地面に下ろすとステップまで上げられないんだよね、仕方ないから走り出してから左手で腿を持ち上げてステップに乗せて。はは、若かったよなあ。


そんな訳であの区間は苦手意識があるんだけど、それもリベンジしとかないとね、それこそ死んでも死に切れない、って奴だね。
つか、自分でも懲りない奴だなって思うけど、それこそナントカは死んでも治らない、って言うしね。
待っとけよ、国道、もとい酷道340号線。






日々 2019年3月

更新サボってました。
仕事の繁忙期だったのもあってちょっとオーバーワーク気味。定期便の仕事は時期によってどうとかはあまり無いんだけど、3月って送別会のシーズンだから流しの仕事が忙しくって。昨日ほぼひと月ぶりに丸一日休んだんだけど、身体の疲れが全然抜けなくて。ヤバイね。
でも先輩たちもみんな話すんだけど、開業してしばらくはみんなそうなんだって。取りあえずクルマに乗ってりゃ幾ばくかの稼ぎになるから、休むのが難しいの。初めはみんなぶち当たる壁みたい。これは自営で働いた人しか分からない感覚だろうなぁ〜。

でもそんなんじゃ長い目で見て続く訳がないのでね。年度明けからは少しペースは落とす予定。独立して仕事内容が大きく変わった訳じゃないからこれは意識の問題なんだろうけど、仕事だけの人生とか僕はごめんなんで。「足るを知る」を意識しなきゃね。



定期便の仕事では初めて泊まりも経験した。別にホテル代とか何処かから出る訳じゃないんだけど、せっかくなのでホテル泊。
夜は暇なので大船渡時代の友達を呼び出して飲んだ。津波に流された地区に新しく出来つつある盛り場でだったんだけど、楽しかった反面、土地にとっては8年前の出来事が一つの、ものすごく大きな区切りだったんだなあというのを痛烈に肌で感じたり。それでも地元を離れなかった人たちは日々をたくましく生きてるんだよね。
たかだか100kmしか離れていないところに住んでいても普段は感じられない感覚。忘れないようにしないとね。



定期便の仕事には随分慣れたかな。一区切り2時間の運転は板についてきた(初めはこれが結構辛かった)。
昼飯が楽しみでね、行くのは沿岸だから魚が旨いんだ。この焼き秋刀魚定食はご飯、わかめ、昆布は食べ放題で500円。安いでしょ?
今の時期だから秋刀魚は冷凍ものだけど、これ秋に食ったらもっと旨いんだろうな〜

先輩と食べに行く時はもうちょっといい店に連れて行かれる。悠々自適で稼いでる先輩方は昼間から寿司屋に行ったりするんだよね、まあそんなべらぼうに高い訳じゃないけど(日替わり定食が750円とか)。
道中や目的地で姿を見られると電話が掛かってくるんだよね。「お前今どこにいんの?」「は、〇〇の道の駅にいます!」「オレら飯食いに行くんだけど、お前も行くか?」「はい、行きます!」なんてやり取りの後、程なくして、何処からどう見ても堅気には見えない男達(失礼)を満載した黒塗りのクラウンがすーっと迎えに来る。うひゃーオレこれに乗るのか、と超緊張しながら助手席で小さくなっている。

Fさん、という大先輩が面倒見良くて、タイミングが合うと良く誘ってくださる。Fさんは見る場所で見れば筋の人にしか見えないって位の大貫禄で、それはどの位かというとお調子者の僕が緊張のあまり上手く話せなくなる位。話しを振られての返事も上手く出来なくって、いつも後になって「あの時こういう返しすれば良かった」と後悔する。
でも別に怖い訳じゃなくてむしろ親切で、仕事の事とかを丁寧に教えてくれたり。お客さんもたくさん持っていて実際に稼ぎもいい(んだと思う)。本当にカッコいい先輩で、僕もこんな風になりたい、とずっと思っている。

まあ僕がFさんの様になれるかは分からないけど、目標になる先輩が身近に居るってだけでも幸せだよね。日々精進精進。



あ、そう言えば路上で動けなくなったのも今月の事だった。
赤信号でシフトレバーをパーキングに入れて、青になったからDレンジに動かそうと思ったらレバー動かず。はぁ?なんだこれ??
シフトロック解除ボタンを押してもダメで、街のど真ん中、片側2車線の右側で深夜にお不動様に。仕方ないからロードサービス呼んだけど、危険なのでクルマから離れて110番して下さい、と言われ。パトカーは飛んでくるし目立って恥ずかしいし寒いしでひどい目に遭った。



結局けん引されてお世話になっているディーラーに。翌日診てもらったら、ブレーキを踏んだ事をシフトのロックボタンに伝えるアクチュエータという部品の周りにゴミが詰まっていた、との事。アクチュエータ自体には不具合はなくすぐに修理は済んだんだけど、まあ色々ラッキーだったな、と思った。

具体的には
・空車で、帰庫するために回送している最中だった
・ディーラーから2kmしか離れていない場所だった
・修理はすぐ済んで、定期便の仕事に穴を空けなくて済んだ
などなど。

つか、定期便運んでいる最中だったら詰んでたからな〜








どうしても仕事の話が多くなってしまうのは仕方ないけど、一応遊んでもいる。
先月のモーターサイクルフェスタの打ち上げと称して、お世話になっているバイク屋の店主と友達Fくん、Oくんの4人で飲んだ。
僕だけ知らなかったんだけど、Oくんは最近再婚が決まったみたいで。絶好の酒の肴。
「写メとかないの?」
「ヨコチン、見たら絶対悔しがるよ、めっちゃ美人だもん」
「あほ、オレが人様の許嫁見て嫉妬する様な人間に見えるか、いいから早く見せて」

確かに聡明そうな美人さんだった、とあくまで余裕の僕なんだけど、この後更に話を聞き進めたら驚きのあまり一瞬がっつりフリーズした事は正直に告白しておきます。
まあ文字にしちゃうと野暮な話なんで詳しくは書かないけどね。

Oくんは、早くに奥さまを亡くし、40過ぎまで男手一つで娘さんを育ててきた、飾らなくて実直ないい男。この日も変に嬉しさを隠さずに、幸せそうに飲んで食っていた。そんなん見たらふたりの幸せを願わずにいられないよね。これは真面目な話。
ホント、人生何が起きるか分からない。



Fくんと僕はこれとは別口でちょくちょくふたりで飲んでいる。
Fくんは、僕がこの街でやっっっっと見つけた大事な友達。バイク屋店主の幼馴染で、去年の忘年会の3次回で初めてふたりで飲んだ時、絶対にこいつとは合う、合わない訳がない、と確信して、極めて珍しく僕から積極的にアプローチして友達になった。
いちから説明しなくても通じる言葉のやり取りの気持ちよさはありつつも、謎のベールに包まれた部分も当然あって、飲むたびにそんなベールを日めくりカレンダーみたいに一枚一枚めくっている。

お互いに、なんでこの歳までそんな少年性を後生大事に抱えて生きてきたのか。そんなもの持っていた方が生きにくかっただろうに。そんなものさっさと捨ててしまった方がずっと楽に生きられただろうに。
そんな思いで、僕は僕で手持ちのカードを一枚ずつ開いていく。全部開き終えたらシャッフルしてまた初めからゲーム始めりゃいいじゃんね。

最後の一杯をお互い名残惜しそうにちびちびと飲み、店を出た後は繁華街の外れまでふたりで歩いてからタクシーを捕まえる。面倒は嫌なのでお互いに性癖はストレートなのは確認済み。
なんとも美しい50絡みのおっさんふたりの友情です。来週また飲みに行こ。






ゆらゆら帝国、Fくんが好きなんだって。僕ちゃんと聴いたことがなくて、いい機会だから聴いてみた。

ひとことで評すると「滅茶苦茶気持ち悪い(褒めてます)」。

君、眉毛剃って真っ赤なパンタロン履いてステップ踏みながらギター弾ける?前髪ぱっつんって切ってステージに立てる?出来ないでしょう?そういう事。
周りの世界はともかく、自分を貫き通して初めて生まれる魅力って絶対にあるんだ。そういうやり方でしか出せない輝きって絶対にあるんだ。

それが「グルーヴ」なんだよ。






シーズンイン

気を抜いていると突然目の前にどーんと現れる岩手山はまだまだ白いけど、市街地にはもう雪はほとんど無い3月初頭の盛岡です。
気温も暖かいからかこの時期は通常なら路肩に積み上げられている雪もほとんど無くて、路面も乾いている日の方が断然多い。中期予報で今年の3月は暖かいという話は聞いていたんだけど、その予報は当たったと思っていいんだろうな。



こうなってくると乗らない理由がないので、バイクに乗り始めた。シーズンインですな。

何度か書いたけど、僕は今、自家用車を持っていない。冬季間とか雨の日に出かける時は仕方なく営業車で出かけるけど、それにはリスクもあって。
例えばぶつけられたりした場合。法人で稼いでいた時はそういう時他のクルマで仕事出来たけど、今は何らかの理由でクルマを修理をしている最中は仕事が全く出来ないんだよね。例え過失が全くない事故に遭ったとしても、休業補償を満額得られる訳じゃないからそれは大きなマイナスで。
だから営業車は私用では出来るだけ使いたくないの。ホント、スーパーの駐車場に停めるのすら場所に気を遣うくらい。




なので、通院やら事務所に用事がある時やらは2台のベスパが活躍を開始しました。

2台とも冬の間に調子を崩したところもなく、今のところ快調に動いてくれている。PパイセンなんかまだFUEL 1が混ざったガソリンを使っているからか相変わらずのキック1発始動だし。

流石に気温的にも路面状況的にも山越えの長距離はキツいし怖いのでまだSRは引っ張り出してないけど、今月中にはそれも出来そうなほど今年の春は早い。
事故違反を過度に恐れる必要も無くなったので(や、もう無茶はしないけど)、SRにも早く乗りたいな。


いつだっけ?先週かな?Pパイセンに乗って、家から15kmくらい離れた、隣町にある店までラーメンライドしたのが今シーズンの走り初め。


ここのラーメン旨いんだよなあ。盛岡地区の名店のひとつ。

暖かいし、時間もあったから、食後は四十四田ダムの方面を回り道しながら帰ることに。
ダムを通り松園墓地を掠めてダム湖の周りを走って最終的には岩泉街道に出る、少し山沿いを走るルート。流石にさみーな、と思ったらダム湖はがっつり凍ってた。はは、寒い訳だ。でも路面は乾いているから快適なペースでひた走る。
コースは細めのワインディングで、SRにはちと狭いな、という印象だったけどPパイセンには丁度いい感じ。考えてみればパイセンで山道を走ったのは初めてかも。

やはりET-3に比べると車体はひと回り大きいね、重量もあるから、サスペンションやタイヤが担う仕事もそれなりにある印象。
僕、タイヤもまだ当時もののまま換えてないんだよね、サスも純正で、しかもリアショックからはオイルが漏れてきてる。リアショックはそのうち手元にあるものに変えるとして、流石にタイヤも考えなければならないなー。まあ入手元も銘柄も目星つけてはいるんだけど。




スクーターのいいところで、仕事を終えて、そのままスーツ姿でも乗れる。事務所に書類を出しに行く時とかはこのスタイル。
今の時期だと、三つ揃いのスーツの上にWoolrichの、裏地にネル生地が当ててあるマウンテンパーカー着て丁度いい感じ。流石にモッズコートは着られないけど。芸風上。
あ、ちなみに僕は、いわゆる「ライディングウェア」は着ない主義。それはSRに乗る時もね。機能上もそれ用に作られたものの方がいいのは重々分かってるんだけど、何故か着る気になれない、というか、買う気になれない。
今はそれなりにカッコいいのが売られているのも知ってるんだけど。

つーか改めて画像見たら、靴下が全開で見えているのはちょっと恥ずかしいかも。クラークスのチャッカーブーツ、こないだ紐が切れちゃったんだよな、買ってこなきゃ。



某役所の出先機関の駐輪場にて。足バイク感満点でいーね。
パイセンも今シーズンは足にツーリングにガンガン使う予定なのでキャリア付けなきゃ。そのためにはある程度ダメ出ししなきゃな、ってコトでせっせと近場で距離を稼いでいる。
アクセル開け直しでひと息つく症状は出たり出なかったり。なんだっけ?何処かのジェット類の不具合でそういう症状が出ることが稀にあるという情報も得たので、時間作ってその辺も確かめてみなきゃ。

そんな感じの2019年シーズンインの記録でした。最近良く飲みに行く友達とも話すんだけど、僕らあと何度夏を迎えられるかわかんないから。ぼちぼち、でもちょっと真剣にそんな季節を遊ぼうと思ってます。


魂を売る必要はないんだ

彼は既に僕の中にいるから

魂を売らなくたっていいんだ

彼はとっくに僕の中にいるから

憧れられたい 崇拝されたい

The stone roses 「憧れられたい」
written by john squire & ian brown 訳 山下えりか

ハタチ過ぎの頃かな、大好きだったバンド。
ジョン・スクワイアのギターはコピーしまくったし、レニは未だにジョン・ボーナムの次に好きなドラマー。
今、改めて歌詞を読んでみると、今の僕は憧れられたいとかはないなー、とは思うんだけど、渇き、というか、心に欠けているもの、は間違いなくあって。
文字にすると滅茶苦茶ださいから書かないけど、恐らく一定数以上の共感は得られるんじゃないか?くらいの内容でね。

でもなー、そういうの、はっきりと、確かに得られていると感じた経験もあるんだよね、形としては今は何も残っていないけど、記憶の中には今も確固としてある。

甘え?贅沢な悩み?人生そんなもんなの?正直よく分からない。
でも、そんなもんだ、でやっていける人間なのだったら今ここには立っていないだろうし、きっとバイクなんかにも乗っていないだろう。


日々の暮らしに道しるべなんかないからね。分からないという事を分かっただけでも良しとするか。




« Older posts

© 2019 Joyride

Theme by Anders NorenUp ↑